歯石除去を行った子のご紹介206

当院で歯石除去を行った子のご紹介をしたいと思います。


お名前:AQUAちゃん
犬種:ミニチュアダックスフンド
年齢: 7歳


AQUAちゃん 千葉市 犬の歯石除去


以前から歯石が気になっていたAQUAちゃん。
今回歯石除去を行いました。


処置内容:麻酔下での歯石除去

<処置前の様子>

AQUAちゃん 千葉市 犬の歯石除去1

AQUAちゃん 千葉市 犬の歯石除去2


<処置後の様子>

AQUAちゃん 千葉市 犬の歯石除去3

AQUAちゃん 千葉市 犬の歯石除去4



このようにきれいにすることができました!
見た目以上に奥歯は炎症がひどく、一本抜歯が必要になってしまいましたが、今回綺麗になった状態を保ち、今後歯周病に悩まされないようにしていってほしいです。

当院でも無料歯科健診オーラルケアなどを通じて引き続きAQUAちゃんをサポートしていきたいと思います。


AQUAちゃん疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




他の歯石除去を行った子の様子

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。


当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ↓
歯石除去へ行こう③ 〜ポリッシング編〜








スタッフのつぶやき47「新しい〇〇をむかえました」

太陽の力で草木も力強く伸び、虫たちもたくさん増えてきました 
虫に対しての許容範囲が広い 古賀です

先日我が家に、新しい家族が増えました

というと後々気持ち悪がられるので 改め…

先日我が家に新しい生き物がやってきました
それが…



じゃじゃーん

写真 2018-05-01 20 22 27


写真 2018-05-01 20 28 39


カブトムシの幼虫です

3匹きました(わくわく) 夫が職場でもらってきたとの事

私、北海道出身ですので野生ではカブトムシがいません。クワガタをよく近所の森林公園にとりに行ったりしたものです。

カブトムシは道産子のあこがれ

こっちに越してきて1年目に自転車をこいでいた時にカブトムシと交通事故(肩のあたりにあたってきた事)に遭いました。 その時は感動して わざわざ自転車を降りて拾い、肩にくっつけて帰って飼育しました。
しかし、猛烈な速さで自転車をこいでいた私との事故で体力を削られたのか、1週間程度で亡くなってしまい 悲しい思いをした思い出があります。

今回はぜひ成虫にかえしたい!そして天寿を全うして頂きたい

さっそく小さな虫かごの中の元気な幼虫さんたちを眺めます

皆メスのような顔つきをしていますが、幼虫の段階で雄雌を判別するのは難しいとの事
三匹いるから♂♂♀ くらいがちょうどバランスとして良いなぁ 

というか全員♀ならカブトムシ感が…

そもそも幼虫からさなぎを経て成虫になるのって簡単なのかしら

あまりストレスがかかるのもなぁと思いつつ ケージの外から覗いては
「あ、いるいる動いてるーとか「お、いなくなってるな。ということは死んでなかったよかったー」とか 変化を楽しんでおります。

さなぎになるのは6から7月、3週間のさなぎ期間を経て成虫になるのだそうです

どうかケージの端っこの透明なところでさなぎのお部屋を作ってくれますように!

お祈りしながら腐葉土にスプレーをする 古賀でした。

次回ブログは成長したカブトムシちゃんの写真をお届けできますように!!(え?要らないですか?w)

地域猫活動報告 2018年5月

2018年5月の当院での地域猫活動の報告をします。











地域猫募金総額 11,304円







たくさんの支援ありがとうございました。
集まった募金は今後の活動に利用させて頂きます。


私たちは今後とも地域猫活動を積極的に協力していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。



地域猫募金についてはこちらへ

地域猫 | ベイタウンペットクリニック


<お知らせ>

当院のホームページです!


※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


  

スタッフのつぶやき46「トイ・プードルの語源」

どうも!院長です。
先日私は
犬と猫の皮膚科主催の皮膚病セミナーに参加してきました。

セミナーのタイトルは

~みんなで学んで、みんなで治す~
トイ・プードルの皮膚病

講師はアジア獣医皮膚科専門医の村山信雄先生でした。

トイプードルの皮膚病



当院に来院するワンちゃんはほとんどが小型犬で、トイ・プードルも毎日診察している犬種だけあって今回のセミナーはとてもためになりました。
まず冒頭で村山先生が言っていた内容がとても興味深かったので今回は皆さんにお伝えしたいと思います。
それは

プードルの語源についてです。

プードルはフランス語で「プレル」と言って

「水をバシャバシャする」という

「パドル」の意味なんだそうです。

その意味の通りトイ・プードルは水に入ってもいい犬種のため、
・毛がカールしている → 皮膚に水が付きにくい。
・耳の中に毛が生えている。 → 水が入らないようになっている。
・アブラギッシュで水をはじく。→ あぶら症の子が多い。
という特徴があるそうです。

フランスでは日本より気温や湿度が低いため、フランスではあぶら症はあまり問題にはならないのですが、日本ではそのあぶら症が問題になることが多いそうです。

冒頭でその村山先生の話を聞きながら、当院でのトイ・プードルの子たちを思い出すとあぶら症で悩んでいる子が何件も思い浮かんだのでこのプードルの語源に思わず納得でした。

セミナーでは、そのあぶら症に対する治療方法の他にも耳や脱毛に関することをとても分かりやすく解説していただいたので、日々の診療に生かしていきたいと思います。
以上院長でした。





歯石除去を行った子のご紹介205

当院で歯石除去を行った子のご紹介をしたいと思います。


お名前:メロディーちゃん
犬種:ヨークシャテリア
年齢: 13歳


犬の歯石除去 メロディ-ちゃん

以前から歯石が気になっていたメロディーちゃん。
動揺する歯も出てきたため、今回歯石除去を行いました。


処置内容:麻酔下での歯石除去および抜歯

<処置前の様子>

犬の歯石除去 メロディ-ちゃん1

犬の歯石除去 メロディ-ちゃん2


<処置後の様子>

犬の歯石除去 メロディ-ちゃん3

犬の歯石除去 メロディ-ちゃん4


このようにきれいにすることができました!
複数の歯が抜けてしまいましたが、今後の健康な長生きを考えると今回処置ができて良かったと思います。

当院でも無料歯科健診オーラルケアなどを通じて引き続きメロディーちゃんをサポートしていきたいと思います。


メロディーちゃん疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




他の歯石除去を行った子の様子

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。


当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ↓
歯石除去へ行こう② 〜歯石除去編〜







続きを読む »

プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター