FC2ブログ

院長のつぶやき195  猫の加齢とともに気をつけるべき病気 ⑩

前回の続きです!


甲状腺機能亢進症とは前回お話ししたように甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって出てくる病気です。
甲状腺ホルモンは体の中のさまざまなものの活力を上げる働きがあるため、そのホルモンが過剰になることでさまざまな症状が出てきます。

・目が蘭々になる。
・怒りっぽくなる。
・攻撃的なる。
・食欲が増すが、痩せてくる。
→さらに進行してくると吐き気や下痢が出てくる。
・たくさん水を飲み、たくさん尿をする。(多飲多尿)
・高血圧からの眼底出血
・心臓や腎臓が悪くなる。

など症状の程度によっては生活にさまざまな支障が生じますし、長期的には命に関わる深刻な状態にも発展します。

甲状腺機能亢進症の診断は血液検査で甲状腺ホルモンを測定することで行うことができます。

7歳以上の猫ちゃんはぜひ毎年健診かねて調べてあげましょう!


猫ちゃんの病気はまだ気をつけなければならないのはいくつもあるのですが、加齢とともに起きやすい病気は今回解説をした

慢性腎臓病

糖尿病

甲状腺機能亢進症

がメインになります。
猫ちゃんはワンちゃんと比べるとどうしても動物病院に診察に来る頻度は少ない分、病気の早期発見が難しくなります。ぜひ年1回の健診か兼ねた血液検査をおすすめします。

当院では猫ちゃんだけの診察時間キャットアワーも好評いただいていますので、ぜひご利用ください。

以上で今回のトピックは終了したいと思います。
猫の病気に関してはまた機会をみてお話ししたいと思います。



<お知らせ>

キャットアワーはじめます!  

キャットアワー


ネコちゃんの慢性腎臓病の診断は
血液検査+尿検査がオススメです! ↓

 秋のネコちゃん健診キャンペーン  

秋の猫ちゃん健診キャンペーン

mio1
キャンペーン参加の方は先着順でmioちゃんグッズをプレゼントしています!


ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


  

院長のつぶやき194  猫の加齢とともに気をつけるべき病気 ⑨

前回の続きです!

今回は高齢なると出てくるネコちゃん病気として

甲状腺機能亢進症

についてお話ししたいと思います。

甲状腺機能亢進症とは甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって出てくる病気です。
甲状腺ホルモンは体の様々な機能を保つのに重要なホルモンで、全体的に活力を上げる働きがあります。
そんな甲状腺ホルモンが体の中で過剰にになってくるとさまざまな悪影響が出てきます。


甲状腺機能亢進症はネコちゃんが年を取っていくにつれて発症頻度が上昇してきます。
動物検査会社のデータによると以下のように言われています。

日本における猫の甲状腺機能亢進症の有病率

7歳未満が 0.13%
7歳から13歳未満が 5.5%
13歳以上が 18.5%

猫全年齢では6.5%
7歳以上の高齢猫では10.5%


つまり7歳以上の猫の約10頭に1頭はこの甲状腺機能亢進症になっていることになります! 

怖いですよね…。

次回はそんな甲状腺機能亢進症の症状についてお話ししたいと思います。

つづく


<お知らせ>

キャットアワーはじめます!  

キャットアワー


ネコちゃんの慢性腎臓病の診断は
血液検査+尿検査がオススメです! ↓

 秋のネコちゃん健診キャンペーン  

秋の猫ちゃん健診キャンペーン

mio1
キャンペーン参加の方は先着順でmioちゃんグッズをプレゼントしています!


ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


  

クリスマスの定番は要注意!?

院長です! 

あっという間に12月、2015年も今月で終わりになります。
皆様は年末の準備でそろそろお忙しいころかもしれません。
当院でもスタッフで手分けをして少しずつ院内の大掃除を行っています! 

さて12月と言えばクリスマス 
クリスマスの定番と言えばツリーもそうですが、ご家庭ではチキンを食べることも多いのではないでしょうか?

そんな毎年の家族の幸せな時間、動物病院ではクリスマス前後に相談を受ける件数が増える出来事があります。

それは

愛犬がクリスマスのチキンを食べてしまったんですがどうしたらよいですか?

です。

チキンの肉だけならまだ良いかもしれないのですが、問題となるのが骨ごと食べてしまうケースです。

ワンちゃんが食卓に上りチキンを食べてしまうこともあればクリスマスディナー終了後のごみ箱をあさり、骨を食べてしまうというケースが毎年何件か相談を受けます。

よく病院では異物誤飲の相談を受けることがあり、その際はものによっては腸に流れてしまうと大変なため、胃内にあるうちに吐かせる処置(催吐処置)をする場合があります。

しかしチキンの骨に関しては皆様もご経験あるかもしれませんが骨が割れるとその折れ方によってはとても鋭利になります。

そのためその骨を吐かせようとすると食道を傷つける可能性もあるため催吐処置を行うことはできません。

その際はX線検査などで状態を確認させていただきますが、基本的には何もできません。

運よく胃酸で消化してくれれば良いのですが、詰まってしまう場合は開腹手術にて骨を摘出する必要が出てきます。

クリスマスは楽しいイベントですが、その分ワンちゃんへの注意が散漫になるかもしれませんので、しっかり気を付けながら素敵な夜をお過ごしください。

以上、院長でした。


<お知らせ>

冬のデンタルキャンペーン 
歯石除去前2
いい歯でいい新年を迎えませんか?
2015年12月29日までのキャンペーンです。ご希望の方はお早めにご連絡ください。

キャットアワーはじめます!  

キャットアワー


ネコちゃんの慢性腎臓病の診断は
血液検査+尿検査がオススメです! ↓

 秋のネコちゃん健診キャンペーン  

秋の猫ちゃん健診キャンペーン

mio1
キャンペーン参加の方は先着順でmioちゃんグッズをプレゼントしています!


ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


ドクターズ・ファイルに取材を受けました!
下記の画像をクリックすると取材ページに移動します。↓

ドクターズファイル




  

院長のつぶやき193  猫の加齢とともに気をつけるべき病気 ⑧

前回の続きです!

今回は糖尿病の原因についてお話ししたいと思います。
現在ネコちゃんを中心にお話ししていますが、糖尿病の原因や病態はネコちゃんとワンちゃんで大きく異なります。

ワンちゃんの糖尿病の原因は、主に副腎皮質ホルモンや女性ホルモン等の他のホルモンの乱れによります。
それらのホルモン過剰の影響により膵臓がダメージを受け、インスリンを分泌することができなくなっていき糖尿病に発展していきます。
そのためワンちゃんの場合はほぼ100%飼い主様による毎日のインスリンの投与が必要になってきます。


一方のネコちゃんの糖尿病の原因は、肥満、感染症、膵炎、ストレス等が挙げられ、ワンちゃんとは原因が異なります。

また一部の糖尿病のネコちゃんにおいては、ネコちゃんの全身の細胞が一時的にインスリンが効きづらい状態(感受性の低下)になり、糖尿病になることがあります。

そのような場合はまれにインスリンによる治療をしているうちに感受性が回復し、インスリン投与が必要でなくなる場合もあります。

このようなケースは本当に稀なのですが、私も何回か実際に経験しています。
インスリンの感受性が回復すると、飼い主様は毎日のインスリン投与の治療から解放されるため皆様とても喜んで頂けます。
ただ糖尿病のネコちゃんの基本はワンちゃん同様にインスリン投与が一生涯必要と考えていただいた方が良いので糖尿病にさせないことの方が大事になります。

肥満のネコちゃんは適正体重のネコちゃんと比較して、肥満というだけで糖尿病に発展する可能性が4倍にもなると言われています。


ちょっとぽっちゃりの方がネコはかわいい

と思っているネコちゃんの飼い主様は多いと思いますが、糖尿病は本当になってしまうと大変な病気です。
ぜひダイエットを頑張っていただきたいです。


また定期的に血液検査や尿検査をしながらはやめに糖尿病のサインに気づくこともネコちゃんの長生きにつながります。
現在、当院では秋のネコちゃん健診キャンペーンを実施していますのでぜひご利用ください。



次回からはまた新たなネコちゃんの病気をご紹介します。

つづく


<お知らせ>

キャットアワーはじめます!  

キャットアワー


ネコちゃんの慢性腎臓病の診断は
血液検査+尿検査がオススメです! ↓

 秋のネコちゃん健診キャンペーン  

秋の猫ちゃん健診キャンペーン

mio1
キャンペーン参加の方は先着順でmioちゃんグッズをプレゼントしています!


ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


  

院長のつぶやき192  猫の加齢とともに気をつけるべき病気 ⑦

前回の続きです!

今回は糖尿病の診断についてお話ししたいと思います。

糖尿病の診断は
①空腹時の高血糖
②尿検査にて尿糖の確認
③糖化アルブミンの高値

になります。

ネコちゃんは病院に来るとほとんどの子が緊張します。
ネコちゃんは動物種として緊張すると一時的に高血糖になることがあります。
そのため病院で血液検査をして血糖値が高いという結果が出てもすぐに糖尿病であると診断されるわけではありません。

また食事を食べると当然そのあと血糖は上がってきます。
そのため採血時に食後すぐの状態だと、食事の影響で血糖値は高めになることがあります。
したがって糖尿病の診断には空腹時に血液検査をすることが大事になります。

空腹時の血液検査でも血糖値が高い場合は糖尿病を疑っていかなければいけません。


次に血糖値とともに重要なのが尿検査による尿糖の確認です。
「糖尿病」という名前の通り、糖尿病のネコちゃんは尿中に糖が漏れ出てきます。
膀胱炎等の炎症時にまれに尿糖が検出されることもありますが、そのような尿糖はあくまでも一時的なものです。
高血糖の状態が続くと本来尿には出てこない糖が漏れ出てきます。
持続的に尿糖が出ている場合は糖尿病であることが限りなく濃厚になってきます。

そしてより確実に持続的な高血糖状態があるかどうかを確認するには糖化アルブミンという血液検査の特殊項目の測定が有効です。
糖化アルブミンは過去1〜2週間の血糖の状態を反映するため、糖尿病の診断時や治療時の目安として使用されています。

この上記に挙げた3つを調べることで糖尿病であるかどう確認できます。

特にぽっちゃりしたネコちゃんは糖尿病になる可能性も高くなるため、当院では定期的な血液検査や尿検査をおすすめしています。
次回そのあたりをお話ししたいと思います。

つづく


<お知らせ>

キャットアワーはじめます!  

キャットアワー


ネコちゃんの慢性腎臓病の診断は
血液検査+尿検査がオススメです! ↓

 秋のネコちゃん健診キャンペーン  

秋の猫ちゃん健診キャンペーン

mio1
キャンペーン参加の方は先着順でmioちゃんグッズをプレゼントしています!


ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


  

プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター