猫ちゃんアンケートの質問にお答えします! ①

どうも!院長です。

去年の秋口ぐらいから当院に来られた猫ちゃんはご存知かもしれませんが、診察の待ち時間に「猫ちゃんアンケート」を実施させていただきました!
その中で飼い主様からいくつか質問を頂きましたのでこのブログを通じてお答えしたいと思います。


Q1 20年生きているメス猫のおねがりが最近激しいのはどうしてですか?


A. いろいろな原因が考えられますので、この症状だけだと何とも言えませんが、もしもメス猫でまだ避妊手術をしていなければ女性ホルモンの異常が考えられます。もし女性ホルモンの異常なら子宮の病気や乳腺腫瘍など命に関わる怖い病気にも発展しますのでお早めに主治医の先生にご相談された方が良いと思います。
若いときにすでに避妊手術をしている高齢の子でこのような症状が出ているときは別の原因として

甲状腺機能亢進症

の可能性もあります。

もし甲状腺機能亢進症だとするとその他の症状としては

・目がランランとしている。
・鳴き声が発情の時のように激しい。
・機嫌が悪い。
などがあげられます。

甲状腺機能亢進症は血液検査をすると診断できます。

怪しいな?と感じた方は主治医の先生にぜひご相談ください。

ちなみに過去のセミナー報告で甲状腺機能亢進症についてお話ししています。
良かったらこちらを見てください。



Q2 いろいろなものを咬む、人のごはんに興味がある、ゴミをあさるのをやめさせたい、どのようにしたら良いか?


A. このようなお悩みは診察室でもよく飼い主様からお聞きする内容です。
まずはこのようなことがきっかけで猫ちゃんが食べてはいけないものを飲んでしまいそれが詰まってしまったりなどの体調を崩すきっかけになってしまっては大変です。
そのためはじめに行うこととしてはその猫ちゃんの届く範囲には口に入りそうなものは置かないということを徹底させてください。
特にこのようなことをする猫ちゃんは家にきたばかりの子猫や、家にくる前にある程度外で生活していた猫ちゃん(元野良猫)の場合が多いです。
子猫の場合は初め見るものすべてが新鮮なので何でも口に入れようとする子はいますが、1才ぐらいまでには自然に治まってくることも多いです。
元野良ちゃんの子はどうしても生活が変わってしまったストレスもあるためなかなか落ち着かないことも実際多いです。
子猫でも元野良でも時間が経っても解決しない場合は、なるべくその子たちのストレスを軽減させる工夫をしてあげしかありません。
そのストレス軽減の補助的なものとしては以前から何回かこのブログでも紹介していますフェリウェイが有効です。

フェリウェイについてはこちらへ

効果の有る無しは個体差はありますが、効いてくれる猫ちゃんだと問題行動は落ち着いてきます。
ぜひいろいろやってみても効果がないとお悩みの方はぜひお試しください。

ちなみに来月開催される猫ちゃんセミナーではこちらのフェリウェイに関しての説明も致します。
ご興味があればぜひご参加ください。 ↓

猫の腎不全&問題行動セミナー猫 | セミナー | 腎不全 | 動物病院 | 海浜幕張
IMG_20140214_0001.jpg

次回も引き続きアンケートにお答えしていきます。

つづく

 







ツイッターについて


<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ

関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター