院長のつぶやき135 ご自宅でもできるワンちゃんネコちゃんの身体チェック③

前回のつづきです!

それではご自宅でもできる身体チェックについてお話ししていきたいと思います。

1)呼吸数の測定

まず呼吸数の測定を行う意味を知っていただくために呼吸について説明をしたいと思います。

一般的にワンちゃんネコちゃんの呼吸には二つの重要な生理的役割があります。
1.呼吸(酸素の交換)
2.体温調節


1の呼吸は口や鼻を使って空気を吸い込み、肺を通して全身の細胞に必要な酸素を取り込みます。
そして全身の細胞が活動をした際に出てくる不必要な二酸化炭素を肺から吐き出します。



2の体温調節は、体温が上昇するとワンちゃんやネコちゃんは浅い呼吸を増やすことによって体内の熱を外に逃がします。

この浅い呼吸運動のことをパンティングと言います。

ただこのパンティングは緊張や恐怖などの精神的なものでも起こります。

そのため動物病院に来たワンちゃんやネコちゃんの多くがパンティングをしているため、動物病院内で正確な呼吸数を測定することは難しいことがほとんどです。

そのためご自宅で呼吸数を測定できるようになると、家での健康なときの呼吸状態を把握することができます。
そしていざご自宅のワンちゃんネコちゃんが具合が悪くなってくると呼吸数は通常より早くなってきます。
その変化に気づくことができれば病気の早期発見が可能になってきます。

実際に年を取って心臓が悪くなってきた子に関しては、この呼吸数が測定できればご自宅で飼い主様自身が命に直結する肺水腫などの病気にいち早く気づくことができます。

詳細に関しては以前のセミナー報告でもお話ししていますのでぜひ参考にされてください。↓



心臓病を持つワンちゃんの飼い主様にはぜひ見て頂きたいです!



それではそんな呼吸数の測定方法を動画にしましたのでぜひご覧下さい。


うまく見れない方はこちらへ


いかがでしょうか?
簡単ですよね。
この動画の解説については次回お話ししたいと思います。

つづく


参考文献:Medical History and Physical Examination in Companion Animals ー小動物の問診と身体検査ー


 2014年院長が思うこと 







ツイッターについて


<お知らせ>

 冬のデンタルキャンペーン実施中 
2013年12月より新たなサービスとして無麻酔歯石除去も始めました!
無麻酔歯石除去についてはこちらへ
軽度な歯石の子もお気軽にお問い合わせください。

レモン処置前1



セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


 イベント情報 参加者受付中 
2014年2月15日(土) わんちゃんのバースデーパーティー
c1232.jpg



2014年3月8日(土) 初開催!!猫ちゃんのリンパマッサージ講座
CIMG7544.jpg

関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター