冬に気をつける病気

皆さん、こんにちは
看護師の小川です

最近ガクッと気温が下がりましたねとうとう冬の季節がやってきたと実感します
ついこの間まで暑かったのが嘘のようです。関東でも初雪が観測されたとか・・・



今日は、皆さんにこれからの冬に気をつけてほしい病気についてお伝えしようと思います


犬は寒さに強い動物といわれますが、室内飼育で快適な環境に慣れた最近の犬たちにとっては、冬の厳しい寒さはやはり苦手。寒さが引き金となって発症・悪化する病気もたくさんありますし、暖房器具による事故ややけども心配な季節。愛犬の健康管理を怠らず、元気に冬を乗り切りましょう!



①泌尿器の病気
飲水量が減ったり、トイレを我慢することによって、発症のリスクが高まります。
当院のブログでも何度かお話したことがある泌尿器系の病気。冬は泌尿器系の病気が増える季節です。寒くなると、どうしても水分摂取の機会が減りがちです。そのため尿が濃くなり、尿中のミネラルが結晶化して、尿石症などを引き起こしやすくなります。とくに外で排尿する習慣の犬は、飼い主さんが寒さからつい散歩を怠ると、排尿を長時間がまんして、膀胱炎にもかかりやすくなります。

予防策としては、いつでも新鮮な水を飲めるようにしておくこと。積極的に飲んでくれない場合は、飲み水をぬるま湯にしたり、好物の肉汁を少し加えてにおいをつけたりと、工夫してみましょう。フードにゆでた野菜をトッピングしたり、缶詰など食事で水分摂取させるのも方法です。(りんごなどの果物やキャベツと言った野菜は糖分が多く含まれているのであげすぎに注意!)
また排尿をがまんさせないように、日頃から室内でもトイレができるようにトレーニングしておくことが望まれます。綺麗好きなワンちゃん・ネコちゃんのために、トイレは常に清潔を保ちましょう!



②心臓病
寒暖差が心臓の大きな負担に。
寒さが引き金となって、発症したり悪化する病気もあります。例えば心疾患の持病をもつ犬や高齢犬にとっては、急激な冷え込みは全身の血管を収縮し血圧を上昇させ、心臓に大きな負担をかけます。

予防策としては、暖かい室内から外に出るときは愛犬に衣服を着せて寒暖の差を調整したり、就寝時はベッドに毛布や湯たんぽなどの防寒グッズを用意して、夜間の冷え込みに対処してください。



③関節のトラブル
運動不足で筋肉が衰えて、関節を痛めたり、寒さが痛みを引き起こすことも
寒さは関節にも負担をかけます。寒さで血液循環が悪くなり、痛みが出やすくなります。寝起きなど、まだ関節が温まっていない状態でいきなり激しい運動させると、関節を傷める原因になるので避けましょう。

予防策としては、日頃から愛犬を肥満にさせない、滑りやすいフローリング床にはカーペットを敷く、足裏の毛はこまめにカットするなど、愛犬の関節に負担をかけない生活を心がけてください。



次回に続きます!


少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて


 イベント情報 参加者受付中 
11月20日(水) わんちゃんの誕生日パーティー(どなたでもご参加頂けます。)
c1054.jpg

デンタルセミナー随時開催中
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター