読書の秋

皆さん、こんにちは
看護師の小川です


もう10月半ばになりましたね~
先週は、10月にも関わらず暑い日が数日間続きましたが、皆さん体調崩されていなかったでしょうか??


読書の秋ということで、今日は私の大好きな著者である「湊かなえ」さんの作品をご紹介したいと思います
幼い頃から読書感想文が苦手で、説明下手な私がうまく伝えられるか分りませんが・・・(笑)



告白

<あらすじ>
娘を失った中学教師・森口が、「娘はこのクラスの生徒に殺された」と話して学校を辞職。
彼女の“裁き”の後、少しずつ歪み始めたクラス。
それが、関係者の視点から徹底した一人称で描かれています。

(全6章あり説明すると長くなってしますので是非見てください!)

<感想>
湊かなえさんのデビュー作品である「告白」。映画にもなり、メディアでも話題にあがった作品です。
私は、映画ではなく小説を先に読みました。

担任教師の子供の死に関連する人々の心理を綴った物語。登場人物のエゴや偏見そして狂気がグイグイ迫ってきて読むことを止められませんでした!!読み終わった後は本当に唖然、そして嫌な気分に・・・。でも感想は「面白かった」です。湊かなえさんの世界観に引きずり込まれました。




少女

<あらすじ>
高校2年の夏休み前、由紀子と敦子は転入生の紫織から親友の自殺について話を聞いて以来、「自分も人の死を目の当たりにしたい」と思うようになる。由紀子は病院へボランティアに行き重病の少年の死を、敦子は老人ホームで手伝いをし入居者の死を目撃しようとする。

<感想>
少女2人の友情物語を軸に展開するミステリー。ただの良い話にしないところがこの作者らしく、ところどころ「告白」に通じる底意地の悪いテイストを感じることができます。一見無関係にみえていた出来事や登場人物が物語の進行につれてパズルのようにぴたぴたとリンクしていく展開にページをめくる手が止まりませんでした。


往復書簡

<あらすじ>
高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子6人に会いに行く。6人と先生は20年前の不幸な事故で繋がっていた。それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが、6人目となかなか会うことができない(「20年後の宿題」)。過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる。

<感想>
この小説は書簡形式で物語が進み、過去の真実が明らかになっていくのが斬新でした。
小説を読んでいるというより、他人の秘密を盗み見ている感じがしました。今の時代だからこそ、手紙でのやりとりに人の温かさを感じることができました。



次回も引き続き、湊かなえさんのシリーズをご紹介したいと思います


少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて


 イベント情報 参加者受付中 

11月20日(水) わんちゃんの誕生日パーティー(どなたでもご参加頂けます。)
c1054.jpg
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター