鳥さんのご紹介5

こんにちは、スタッフ高尾です



今回も引き続き鳥さんのご紹介をさせていただきます

前回はこちら→前回


『飼料紹介パート4』


「青葉・野菜・果物」

種子食鳥は種子だけ食べるのではなくビタミンの補給に野菜が必要で、通常は青菜を与えます。
色艶をより美しくするためにも必要であり、また繁殖に欠かせません。

栄養的に最も優れているのはコマツナ、次いで栄養価が高いのはカブやダイコンの葉ですが、鳥によっては好まない場合があります。
他にはチンゲンサイ、サラダ菜、サラダホウレンソウ、ハクサイ等の青菜も入手しやすく、鳥も好みます。
ブロッコリー、ニンジン、キュウリ等はフィンチからオウムまで好みますが、食べるからと簡単にあたえると体調変化をきたすことがあるので注意しましょう。

果物はバナナとリンゴはすべての果実食鳥の飼料として最も重要で、栄養価、価格、入手のしやすさで群を抜いています。オレンジやミカンはソフトビル(キュウカンチョウやムクドリなど)が好み、マンゴー、パパイヤ、イチジクもすべての鳥が好みます。
果物を与えるときは食べ過ぎて下痢をする鳥は少なくありませんので、与える量と水分含有率に注意してください。

kudamono.jpgyasai.jpg


--------------------------------------------

鳥さんのお食事については今回はここまでです

次回もまだ続きます!(食事についての紹介は次回で最後かもしれません)


--------------------------------------------

ここからは図鑑を見て、私が気になった鳥さんのご紹介です


今回はこちら↓


ホウオウジャク(鳳凰雀)
hououjyaku.jpg


テンニンチョウ(天人鳥)
tennincyou.jpg


キサキスズメ(后雀)
kisakisuUme.jpg


どれも長い尾が特徴の鳥さんで集めてみました
これは生殖羽といい、繁殖期になると伸びてきます。非繁殖期はメスと似たような地味な見た目で区別が難しいとのこと…
名前も鳳凰や天人や后なんて大そうな名前が付いています尾が特徴的なのでこんな名前がつけられたのでしょうね 


ただこの鳥さんたち…




なんと一夫多妻制托卵習性だそうです
(※ホウオウジャクとキサキスズメは一夫多妻、托卵と記載がありましたがテンニチョウに関しては'繁殖はホウオウジャクと同じ'としか書いてないので、もしかしたら一夫多妻というわけではないかもしれません)

※一夫多妻
一人の男性が同時に二人以上の女性を妻とする婚姻形態。
※托卵
自分では巣をつくらずに,ほかの種の鳥の巣に卵を産みこみ,その後の世話をその巣の親鳥にまかせてしまう鳥の習性。




つまりオスはメスがたくさんいてハーレム状態なうえに、メスは自分で子を育てず他の鳥に育ててもらうという…


名前や見た目だけでなく習性もすごい鳥さんだったのでした…




それでは、スタッフ高尾でした
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター