甘党?辛党?

皆さん、こんにちは
看護師の小川です


突然ですが、皆さんはどんな味のものが好きですか
甘いもの?辛いもの?もしかしてそれ以外の味のもの?
と、人によって好みの味は違うと思います


多くの生き物にとって味は、私たち生き物が食べたり飲んだりするものが安全であるかどうかについて、極めて重要な情報をもたらしてくれるものです。例えば、人は全く普通に見えるパンでもパンにカビがほんの少し混ざっているだけで、その味の違いに気付きます


それは、舌の上に味蕾細胞と呼ばれる、味を感じる細胞が存在しているからです。

人間はもちろん、犬や猫にも存在しています。
しかしその性能には大きな違いがあるようです。








taste1.gif


人間の味覚
人間の味を感じる味蕾の数は約10.000個あり、甘い辛いしょっぱいすっぱい苦いうまいの味を感じることができます。舌の上における味覚地図(どの部位でどの味を感じるか)も明確で、舌先では甘味舌の脇では塩味や酸味、そして舌の奥では苦味を感じるという配置です。

犬の味覚
犬の味蕾の数は約2000個で人間の1/5程度しかないと言われています。味覚地図も人間ほど定かではなく、舌のどの部位でどういう味を感じているのかは「犬のみぞ知る」といった状態ですしかし水に反応する特殊なセンサーがあるといわれています。

ちなみに猫は、3000個と言われています


哺乳類では、最近の分類法によって味神経がカテゴリー4つに分けられています。
1.酸ユニット
2.アミノ酸ユニット
3.塩ユニット
4.その他のユニット(このユニットは、動物の種類によって異なる化合物に反応します。)


酸ユニット
犬と猫には、酸味に強く反応する味神経が数多くあります。犬と猫が(特に猫)酸味を好むのはこのためです。

アミノ酸ユニット
犬と猫はアミノ酸に特別に応答する味装置を備えているため、通常、植物由来の食べ物より動物由来の食べ物の方を好みます。犬では、このアミノ酸受容器は糖によって刺激されることもあり、以前は「甘み」受容器に分類されていました。
犬は糖が好きで、このことは、一部の犬に見られる季節の果物を食べるという行為に繋がります。一方猫は、糖にはほとんど興味を示しません。これは猫が肉食に特化したのに対し、犬は雑食動物として進化し、果物などもえさとして生き抜いてきたことを裏付ける証拠ともいえるでしょう。

塩ユニット
猫と犬では、塩に特異的に感じる味蕾が明らかにされていません。
これは、犬が雑食ながらも、肉食をメインとして進化してきたことを示唆しています。すなわち、野生環境で獲物を捕らえると、肉食動物は血液を始めとする体液ごと体内に取り込みます。血液には塩分が含まれていますので、肉さえ食べていれば勝手に塩分バランスが取れるという自然の法則を体が知っているというわけです。従って、塩味に鈍感な犬は、肉食をメインとして進化してきたという推理が成り立ちます。

その他のユニット
これまで「苦味」受容器に分類されていたユニットについて、犬と猫では、リンや胆汁塩、アルカロイド類をはじめ多岐にわたる様々な物質に反応することが分かってきました。



動物の味覚の差は、単なる好みによるものだけではなく、進化してきた過程に基づいたものだということが分かりました
以上で、味覚のお話を終わります。


少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて


 セミナー情報 参加者受付中 
2013年9月25日(水) 第4回デンタルセミナー

関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター