一般的な獣医さんの診療日誌 カルテNo.4 「吐き気が止まりません。」④

前回の続きです!


X線検査と血液検査の結果からは今回の吐き気につながる明確な原因は特定できませんでした。

そのため今回のマロンちゃんにおいて吐き気につながる残された可能性としては鑑別診断に基づいて原因を考えていくと



①X線に写らない異物の存在。
②食道炎や胃炎などの炎症
③胃や腸の機能的な低下
④膵炎
⑤腫瘍


が主に考えられます。

「鑑別診断」に関してはこちらへ



それぞれを簡単に説明しますと
①のX線検査に写らない異物の存在とは、布やプラスチック、ビニールなどの比較的やわらかいものを飲んでしまっている場合です。
金属や石などの明らかに固いものは、X線を通さないためはっきり写るのですが、それ以外のものはたとえ飲み込んでしまっていてもX線検査で写ってきません。
そのような異物を確定するには造影剤を飲み込んでその通過を時間ごとに追っていくバリウム検査になります。




ちなみにX線に写る異物とはこのように見えます。↓
maronn2.jpg

この子は石や針金など様々なものを飲み込んでいます。



②の食道炎や胃炎などは何度か吐き気が続くと胃酸で食道が荒れてきます。
ちなみに吐いたものの中に血液が混じるのはこの辺りの荒れた部位から出た血液の混入のことが多いです。

③の機能の低下はお腹の流れが何かしらの原因でおかしくなってしまうことです。

④の膵炎は突発的に起こる膵臓の炎症です。
膵臓は消化液を分泌する臓器のためそこに異常が出ると吐き気が下痢が止まらなくなります。
はじめ他の原因で吐いていても吐き気が続くと二次的にこの膵炎が発症することもあります。

⑤治りが悪い吐き気の子はまれに胃や腸に「がん」が隠れていることがあります。


つづく


過去の一般的な獣医さんの診療日誌はこちらへ
カルテNo.1 血尿パニック 
カルテNo.2 ダックスの永遠の悩み 〜椎間板ヘルニア〜
カルテNo.3 多くの中高齢ネコちゃんの悩み 〜慢性腎不全〜





ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
今回のブログの感想や聞きたいことなどもあればぜひツイッターに返信お願いします。
リアルタイムとはいかないかもしれませんがなるべくお答えしたいと思います。

応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて


<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


 セミナー情報 参加者受付中 
2013年9月25日(水) 第4回デンタルセミナー
2013年10月16日(水) 気軽に始められるワンちゃんのリンパマッサージ講座

リンパマッサージ 極小
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター