FC2ブログ

忘れてはいけない大切なこと

どうも!院長です。

今回は私がまだ都内の動物病院で勤務医をしていた頃に、
実際にあったとある飼い主様とのやりとりについてお話ししたいと思います。


その飼い主様はシーズーちゃんと猫ちゃんを飼われていました。

お話を分かりやすくするため、佐藤さんのハチちゃん(仮名)としてお話ししたいと思います。


佐藤さんはいつもとても明るくお話も面白い方でした。
診察のときはお話も弾み、私の中では佐藤さんとの診察は忙しい日々の中の楽しみな時間の一つになっていました。

佐藤さんはとてもよく自分の子たちを見ている方だったので、飼われ方が良いのでしょう。
シーズーのハチちゃんも猫ちゃんも10歳を超えていましたが、とっても元気な子たちでした。


そんな佐藤さんの家である日、思わぬ出来事が起きました。


ハチちゃんが発作を起こしたのです。


私はすぐに病院でできる精密検査を行いました。

しかし発作につながる大きな問題は認められませんでした。

そのため一番考えられる可能性としては、ハチちゃんはお年の子でもあったので脳腫瘍や脳炎など頭の病気が疑われました。

頭の中の病気を疑うときのより詳細な検査はMRIになります。

私は佐藤さんと発作の原因や治療方法についてしっかり時間をかけて話し合いをしました。

相談の結果、ハチちゃんはお年ということもあり、原因が仮に脳腫瘍のようなもので、手術や放射線治療などをすれば良くすることができるものであっても、頭の中の病気に対する負担のかかるような治療はさせたくないとのことでした。

そのためMRI検査までは行わず、その後はステロイド剤による内科治療による治療を始めました。

佐藤さんはとてもお仕事も忙しい方だったのですが、日程を調節してもらいながら定期的に治療の経過をみるために通院をしてもらいました。

はじめのうちハチちゃんは発作こそ出なくはなりましたが、ほとんど佐藤さんの行動にも反応することがなくぼーっとしていることがほとんどで、とても心配をしていました。

それでも治療を進めていくと、お薬の反応が徐々に出始め、日によって食ムラや目が見えづらいなどの症状はありましたが、少しずつ良くなってきている様子でした。

そのため、その後は佐藤さんと相談しながらハチちゃんの様子に応じてお薬を少しずつ減らしていくようになりました。



そんなある日、いつも定期的に来られていた佐藤さんが予定の日を過ぎても来院されなかったのです。

ハチちゃんは脳の病変を疑っていたので、良くはなっていたとはいえ急変もあり得る状態です。

私は心配になり佐藤さんにハチちゃんの様子を聞くために電話をしました。


すると、ハチちゃんの様子は落ち着いていたのですが、お仕事が忙しくどうしても病院に来れなかっただけのようでした。

予期せぬことになってしまっていたのでは?と思っていた私はその佐藤さんの言葉を聞き、安心をしました。



その後も定期的な診察は続きました。



しばらくして私が千葉の病院に行くことになり当時勤めていた病院を退職することになりました。

ハチちゃんの状態は安定していたもののまだお薬は必要で経過を見る必要がありました。

私はしっかりハチちゃんが安定できる状態までを見届けることができない申し訳なさを思いながら、佐藤さんに退職のことをお伝えしました。

佐藤さんはとても残念がってくださいましたが、私のことを思い、前向きな激励の言葉をかけていただいたのを記憶しています。



私が退職する直前の最後の診察で、佐藤さんから贈り物を頂きました。


診察が終わり、中身を見てみると、そこにはウサギの置物とポストカードが入っていました。

ポストカードにはこのような内容が書かれていました。


ハチがお世話になり、ありがとうございました。
動物のお医者さんとはたくさん出会いましたが、心配して電話を下さったのは先生が初めてでした。
新しい病院でも優しい先生として頑張ってください。
どうぞお元気で。

佐藤


短い文章の中に私は佐藤さんとのいままでのやり取りを思い出し、私はとても胸を打たれました。

いつまでも佐藤さんのような方の気持ちに答えられるような獣医でいたい。
このとき私は強くそのように思いました。


そんな佐藤さんとの別れから約3年が経ちましたが、私はこの佐藤さんとのやりとりが今も印象に残っています。
あのとき私は佐藤さんとハチちゃんのことを思い、純粋に様子が心配だったので電話をしたのですが、その私の行動が佐藤さんの心にも届いたのだと思います。

今この病院はまだ発展途上で、私が思う獣医療とサービスはまだ提供できていない状態ですが、この佐藤さんとのやりとりで感じたさまざまな思いを私はどんなに時間が経っても忘れてはいけない。

そのように思っています。


この佐藤さんから頂いた置物とポストカードは私がこの病院に来た当初から病院内に飾ってあります。
この置物をみるたびに私は

一人一人の飼い主様やペットのことを思い、日々診察を行っているか?

それを自問自答しています。

すべての方に満足してもらえる診察は難しいかもしれませんが、私はこれからもできる限り飼い主様との心の通う診察をしていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。


以上、今回は普段あまり語ることはない昔話をさせていただきました。


CIMG3051_convert_20130601101647.jpg

少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
今回のブログの感想や聞きたいことなどもあればぜひツイッターに返信お願いします。
リアルタイムとはいかないかもしれませんがなるべくお答えしたいと思います。

応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて


<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ




CIMG3053_convert_20130601101841.jpg
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター