ワンちゃんのグループ分け part.4

皆さん、こんにちは
看護師の小川です


今日でワンちゃんのグループ分けのご紹介は最後になります
もし良かったら、今までのグループの紹介も見てくださいね♪
グループ1.2.3
グループ4.5.6
グループ7.8



グループ9
jkc9.jpg

9グループは、家庭犬や伴侶犬として作出されてきた犬のグループです
小型犬の飼育数が多い日本ではなじみ深い犬種が多く含まれます。

犬種はその犬種ごとに何かの目的に作出され、人の仕事を手伝ってきました。
しかしその中には、可愛らしい容姿などから人々に愛され、可愛がられる伴侶犬が出てきました。


それらは王宮で飼われたり、幕府で愛されたり・・・
まさに人とともに暮らし可愛がられることが仕事になります


それがトイ・コンパニオンドッグ(愛玩犬)です。


日本では、生類憐れみの令の徳川綱吉の時代に狆が愛玩犬として飼育されたのが有名です

現在飼われている犬も愛玩犬と呼ばれますが、9グループの犬たちは古くから愛玩犬として育ってきた生粋の愛玩犬です。より可愛く美しく作られ、サイズも小さいことが多いのも特徴で、成犬になっても子犬の様な表情を持ちます。


代表的な犬種としては、プードル、チワワ、シー・ズー、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、パグ、パピヨン、フレンチ・ブルドッグ、マルチーズなどがいます。



グループ10
jkc10.jpg


10グループは、視覚を用いて狩りをする犬のグループです
視覚ハウンドは目で獲物を見つけ、追いかける狩猟を行います。すらっとした体型で脚が早く、瞬発力が非常にあります。


このグループの「グレーハウンド」は犬の中で一番早い犬種と言われ、時速60km以上のスピードを誇ります
目は非常によく、500m先にいる獲物が動いただけで反応をし、猛烈なダッシュで獲物を追いかけ仕留めます。


アイリッシュ・ウルフハウンドはオオカミ狩り、アフガン・ハウンドは鹿の一種であるガゼル狩りなどテリアや嗅覚ハウンドなどとは違った大型動物の狩りにも役立ちました。


代表的な犬種としては、アイリッシュ・ウルフハウンド、アフガン・ハウンド、イタリアン・グレーハウンド、ボルゾイなどがいます。



以上で、ワンちゃんのグループ分けのご紹介を終わります!
少しでも愛犬のことを知っていただければ幸いです

最後までお付き合いいただきありがとうございました



少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて



関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター