院長のつぶやき94 当院での皮膚病アップデート③  全身のかゆみに効果あり

前回の続きです!

それでは今回は

②全身のかゆみ

についての新しい治療のお話をしたいと思います。

それは「アミノペプチドフォーミュラ」です!

アミノペプチド




このフードに関しては去年のこのセミナーのときに勉強してきました! ↓


ロイヤルカナンベタリナリーシンポジウム2012


この製品の特徴としてはいままでと全く違うアルミ酸で作られている処方食なんです!

この「アミノペプチドフォーミュラ」が出る前のアレルギー性皮膚炎に対するフードの主流は以前もお話しした

①新奇蛋白質で作られたフード
②加水分解蛋白質で作られたフード

でした。
しかし、実際には②の加水分解したタンパクで作ったフードでも抑えきれないアレルギーの反応がありました。
その詳しいアレルギーの理論に関してはマニアックすぎるのでここではお話ししませんが、そのようなアレルギーのひどい子に関してはフードを変更してもすっきりしないような状態が続き、日々のかゆみに悩まされ続けていました。

この「アミノペプチドフォーミュラ」は、そんな今までのフードでも解消しきれなかったアレルギー反応にも対処できるようになったフードなんです。
私の中では今までのフードとは違う大きく二つのメリットがあると思っています。

メリット①
タンパク質をいままでの加水分解していたレベルよりさらに細かくアミノ酸レベルまで小さくし、食物のアレルギーを現段階では全くでないというレベルにまでにしています!

(数値で説明するといままで理論上分子量が「12000以下なら安全」と言われているところをこのフードは「約800」まで小さくしています。)


メリット②
タンパク源に「鳥の羽」を使っています!

これまでのフードの理論でもいままで食べたことないタンパクが良いと言う説明をしてきていますが、鳥の羽は絶対食べたことないものだと思います。

ここで

鳥の羽なんておいしいの?食べてくれるの?

と疑問に思う飼い主様もいらっしゃると思います。
私も実際セミナーでこの話を聴いたときは同じような疑問を感じました。
しかし去年、実際何件かのワンちゃんにこのフードを処方しましたが、いまのところすべてのワンちゃんが喜んで食べてくれるというお話をお聞きしています。
そして実際ある程度食べるとかゆみもなくなって、皮膚も落ち着いてくれました。

ただ唯一このフードのデメリットとしては

価格が高い!


ということです。
通常の処方食も一般のペットフードと比べると割高なのは皆様も感じていると思いますが、このアミノペプチドフォーミュラさらに他の処方食よりも1.5倍ぐらいの価格になります。
そのため気軽に食べさせるにはためらってしまうかも知れませんが、うまく効果が出てくれればそのあと他のフードに切り替えていくことも可能です。

このフードに関してはどれくらい食べれば効果が出てくるか?どのくらい食べて効果が出てくれば他のフードに切り替えられるか?

という適切なステップもあります。


そのためこのフードを食べ続けるのは費用面的にもちょっとためらってしまう・・・

という飼い主様に関しても適切なアドバイスをさせて頂きます。

もし興味をもたれた方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。


以上、2012年の私の皮膚病治療のアップデートをお話しました。

またより良い治療などがありましたが今後も順次取り入れ、皆様に還元していきたいと思います。





少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
今回のブログの感想や聞きたいことなどもあればぜひツイッターに返信お願いします。
リアルタイムとはいかないかもしれませんがなるべくお答えしたいと思います。

応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて


<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


 セミナー情報 参加者受付中 

2013年5月19日(日) 第2回 わんちゃんのシニアサポートセミナー
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター