院長のつぶやき90 膝蓋骨脱臼について ④

前回の続きです!

膝の手術に関しては前回お話ししましたが、いつぐらいからまた歩けるようになっていくのか?

と気になる方も多いと思います。
そのため今回は実際手術後の子の様子を動画でお見せしたいと思います。







まずはこちらをご覧下さい。↓



うまく見れない方はこちらをご覧下さい。


この子は術後の経過がとても良く、手術10日後にも関わらずこんなに走れるようにまで回復しました。


当院で膝の手術を行うときの一般的な流れとしては、
通常4〜7日間ぐらいの入院管理を行っています。

手術後3日間はまだ膝も不安定なため、絶対安静の期間としてほとんどケージの中で動かさない状態で維持しながら、点滴と痛み止めの薬と抗生物質を使用してしっかりした管理を行います。
この期間で回復が早い子はもう立てるようになってきます。

手術4日目からはまだ安静にさせなければいけませんが、点滴などはもう必要なくなるため、ケージレストの状態ができるのであれば退院できます。もちろんまだ心配な子に関しては状態によりあと数日入院させます。

そして手術後1週間過ぎたくらいから少しずつ安静を解除していき、今度は足を動かすようにしていきます。

このあとの経過に関してはその子のやる気次第で大きく異なってきます。

結構活発な子で動きたくて仕方ない子は先ほどの動画の子のようにすぐに走り出しちゃう子もいますし、あまり積極的でない子は自ら動かないのでそれだけリハビリの時間が長くかかります。

また片膝の手術か両膝の手術かによってもリハビリの期間は異なってきます。

両膝同時に手術を行った場合は、足を使わざるを得ないので、リハビリがスムーズに進むことが多いですが、片足だと残り3本の足を使って動いてしまう子もいてなかなか患部の足を使ってくれないと、筋肉が衰えてしまい、リハビリに時間がかかってしまうことがあります。


以上で膝の手術の術後に関してのお話を終わりにしたいと思います。
次回はこのトピックの最終回になりますが、この膝の手術に関する私個人の考えをお話ししたいと思います。

つづく




少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
今回のブログの感想や聞きたいことなどもあればぜひツイッターに返信お願いします。
リアルタイムとはいかないかもしれませんがなるべくお答えしたいと思います。

応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて


<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

新しいフードサービス始めます!

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


 セミナー情報 参加者受付中 

2013年5月19日(日) 第2回 わんちゃんのシニアサポートセミナー
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター