ワンちゃんのグループ分け part.2

皆さん、こんにちは!
看護師の小川です


今日は前回に引き続き、ワンちゃんのグループ4~6グループをご紹介したいと思います

前回の1~3はこちらをご覧ください。


グループ4 ダックスフンド

dacks.jpg



その独特のスタイルから人気になった犬種がダックスフンドです
犬の品種ランキングでは、常に上位に入っています

ダックスの魅力は
胴長短足豊富なカラーバリエーション明るく活発な性格でしょうか


ダックスはドイツ原産の小型の狩猟犬です。
ダックスはドイツ語で「アナグマ」、フンドは「」という意味です。

鋭い嗅覚で獲物を追い詰める嗅覚ハウンドで、巣穴の中のアナグマを追いたてるため、短い脚が重宝されたと言われています。ダックスの最大の特徴は、その短い脚と長い銅にあり体長(体の長さ)が体高(体の高さ)の2倍あります。

ダックス自体の体のサイズは、スタンダード・ミニチュア・カニーンヘンと3サイズに分かれており、ミニチュア・ダックスフンドはスタンダードを小型化した種になります。毛質は、スムース・ロング・ワイヤーと3種類あります。

スムースは、賢く活発な性格で自立心があり
ロングはスパニエル種と交配されて作出されたため温和で甘えん坊
ワイヤーはテリア種の血を引くので、やや気が強く、好奇心が旺盛な性格
・・・と毛質によりかなり違いがあります。




グループ5 スピッツ&プリミティブタイプ
jkc5.jpg


聞きなれない言葉ですが、日本犬を含む、スピッツ(尖ったの意)と原始的な犬の意味を持ちます。
このグループは他のグループと分け方が異なり、「用途による分類」ではなく「系統による分類」をしています。

厚い体毛、がっしりとした体の作り、短い耳、巻き尾を特徴とするスピッツタイプと、紀元前からいるような大変古いタイプの犬種を1つのグループとしています。


代表的な犬種は秋田犬、柴犬、甲斐犬、ポメラニアン、シべリアン・ハスキー、サモエドなどがいます。日本に馴染みのある犬種はこのグループに分類されます。



グループ6 セントハウンド
jkc6.jpg

セントハウンド(嗅覚ハウンド)の特徴は、鋭い嗅覚を持って、獲物を追求し、ハンターに居場所を教える仕事をしていた犬たちです。「におい」に対して非常に優秀な能力を持っています。

瞬発力などの早さよりは持久力に優れ、じわじわと獲物を追い詰めていきます。
嗅覚ハウンドが垂れ耳なのは、地面の臭いを嗅ぐ際に、大きな垂れ耳で臭いが流れるのをせき止める役割がると言われています

特に特徴的な体型なのは、バセット・ハウンドなどで、脚の短さは巣穴の中の小動物を追い詰めるのに適しています。

特徴的な三色のハウンドカラーを持つ犬が多いですが、これはキツネなどの小動物を見分けるため、このハウンドカラーが生まれたと言われています。

飼育数から日本でも有名な嗅覚ハウンドはビーグルではないでしょうか。
ビーグルは群れになり獲物を追い詰めるタイプの小型の獣猟犬です。なので多頭飼育に適していますが、吠え声が非常に通ります。
これは吠え声と嗅覚で獲物を追っていたことにより、嗅覚ハウンドの多くは非常に大きな声を持っています。


代表的な犬種はダルメシアン、バセット・ハウンド、ビーグルなどです。


グループ4~6の紹介はこれで終わります。
次回はグループ7と8をご紹介します





ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて

 セミナー情報 参加者受付中 

関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター