症状から考える病気(7) 「食欲異常」⑥

前回の続きです!

それでは引き続き『多食症』につながる代謝異常の病気について簡単に説明していきます。

多食症の鑑別診断リストはこちらへ


糖尿病  

体のエネルギーとして重要な『糖分(グルコース)』を細胞内に取り入れるのに必要なインスリン。
インスリンは膵臓から分泌されるホルモンです。
そのインスリンの異常が起こることで血液中の糖分をうまく細胞に取り込むことができなくなり、高血糖の状態が持続し全身に支障がでできてしまうのが糖尿病の特徴です。

糖尿病は大きく二つのタイプがあります。
Ⅰ型:インスリン自体が分泌されなくなってしまう。
Ⅱ型:インスリンが効きにくくなってしまう。

犬はほとんどがⅠ型で、猫は両方のタイプが存在します。

糖尿病になると、『多食症』以外には多飲多尿、やせていく、などの症状が出てきて、発見が遅いと全身の状態が著しく乱れ、命に関わる危険な状態に発展します。


膵外分泌不全  はまれ)
吸収不良症候群  

ともに『多食症』以外の症状としては下痢、体重減少などがあります。通常の下痢の治療をしても治りが悪い下痢は実はこのような病気が隠れているかもしれません。


いかがでしたでしょうか?
『食欲異常』の鑑別診断についてはこれで終わりになります。
今後も一つずつの症状について考えられる病気をお話ししていきたいと思います。






こものたち 003



参考文献:徴候からみる鑑別診断 学窓社



<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

新しいフードサービス始めます!

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


期間限定キャンペーンのお知らせ> 
秋健診のお知らせ  

秋のフィラリア予防キャンペーン

冬のデンタルキャンペーン

ねこちゃん健康 CHECK  



 セミナー情報 参加者受付中 
2013年2月24日 わんちゃんのシニアサポートセミナー開催のお知らせ 

関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター