症状から考える病気(2) 「食欲異常」①

前回の続きです!

それでは今回より鑑別診断の話をしていきたいと思います。

第一の症状は『食欲異常』です!

食欲とは、文字通り『食べたいという欲求』のことです。

ワンちゃんやネコちゃんは毎日何かしらの食物を食べていると思います。

そのため多くの飼い主様がこの『食欲』には敏感だと思います。

そんな日々の食物の食べ方がいつもと異なってきているときにこの『食欲異常』という症状が当てはまります。


『食欲異常』は、より具体的には「食欲不振」「多食症」という二つの異常があります。

『食欲不振』は何かしらの原因で食欲が無くなってしまう症状で、

もうひとつの『多食症』は逆に食物を食べ過ぎてしまう症状です。

一般的に多く見られる症状は『食欲不振』の方だと思いますが、『多食症』の子も実際存在します。


これらの症状が出てしまう原因には、大きく分類すると頭の満腹中枢や空腹中枢が直接影響を受けて起こる一次性なものと、頭以外から影響を受ける二次性なものがあります。

そして一次性、二次性それぞれにまたいくつかの原因が考えられます。


・・・今回は堅苦しい話で分かりづらくすみません。

それだけ食欲のメカニズムとは、とても複雑で一言でいい表すことができない程、様々なものが絡み合っているということです。

それでは次回からは『食欲異常』の症状につながる具体的な病気の名前を出しながら皆様に理解してもらいやすいように私なりの必要な補足の説明をしていきたいと思います。


つづく

こんべにあ kun

ボ ク タ ベ ラ レ マ シ タ 


参考文献:徴候からみる鑑別診断 学窓社





<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

新しいフードサービス始めます!

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


期間限定キャンペーンのお知らせ> 
秋健診のお知らせ  

秋のフィラリア予防キャンペーン

冬のデンタルキャンペーン

ねこちゃん健康 CHECK  



 セミナー情報 参加者受付中 
2013年1月29日 ネコちゃんセミナー開催のお知らせ 


2013年2月24日 わんちゃんのシニアサポートセミナー開催のお知らせ 

関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター