院長のつぶやき69 犬の心臓病の早期発見早期治療を目指す! ⑤

前回の続きです!

一般的に僧帽弁閉鎖不全症の治療が必要と判断された際、獣医師が処方する薬の第一選択薬としては
「ACE阻害薬(血管拡張薬)」と呼ばれるものになります。

このお薬はどういう作用をするかと言いますと、全身の血管を広げることで血液を流れやすくします。
それによって全身に血液を送るポンプの機能が弱ってしまった心臓でも送り出す先の血管が広がってくれているため、血液を送り出しやすくなります。
このようなお薬を飲むことによって現状の心臓の状態を保つことができ、結果として心臓の更なる悪化を防ぐことができるのです。


初期の負担であればこのお薬だけでかなり状態を楽にすることができます。

しかし、それでも少しずつ時間が経つにつれて心臓は悪くなってきてしまいます。

そのためもしこの薬だけで維持できなくなってきた場合は、他の「血管拡張薬」や、「強心薬」「利尿剤」等を併用していくことで心臓の悪化を防いでいくことになります。


もちろんごく初期であれば、薬を使わずに食事を気をつけることで状態を保つことも可能です。
しかしある程度進行してしまった僧帽弁閉鎖不全症の治療としては主に上記に挙げたような薬の組み合わせと量の調節で心臓の状態を保つようになっていきます。

それでは次回このような僧帽弁閉鎖不全症を早期発見するためのポイントをお話ししていきたいと思います。

つづく





<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

新しいフードサービス始めます!

当院でのペットの健康管理について

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


期間限定キャンペーンのお知らせ>
秋健診のお知らせ

秋のフィラリア予防キャンペーン

冬のデンタルキャンペーン

ねこちゃん健康 CHECK  


関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター