院長のつぶやき39 一人で目薬を上手にさすには?

どうも!院長です。

今回は7月に当院でアンケートを実施したときにいただいた飼い主様からの質問に回答していきたいと思います。

Q1 一人での目薬の上手なさし方について教えてください。

単純ですがとても難しい質問だと思います。
それは病院で見せるワンちゃん、ネコちゃんの姿と家での本来の姿は明らかに違うからです。

まず病院で目薬をさすときにお伝えする一般的なアドバイスとしては
①まずワンちゃんネコちゃんが逃げないようにイスの上など動きを制限できるところにのせ、座らせる。

②背後から左手(左利きの方は右手)を使いワンちゃんネコちゃんの顔を天井を見るように上に向ける。

③その状態で後ろからさっと目薬をさす。

というような説明をします。

しかし実際家ではワンちゃんネコちゃんは動き回ったり噛み付いたり手が出たりと目薬どころではなくなってしまう家も多いと思います。
そこで実際には他の人にワンちゃんネコちゃんを抑えてもらい目薬をさす方が多いのではないでしょうか?

そんな動き回るワンちゃんネコちゃんに一人で目薬をさすためのアドバイスとすれば、

①上記の私のアドバイスにプラスとして、動きを制限するところにのせたあとバスタオルなどでワンちゃんネコちゃんを包み、さらに動きを制限する。

②寝ているときにさっとさす。

③食いしん坊な子にはおやつでつる。


そして現実的なお話をとして、どんなことをしても自宅での目薬が難しい子に関しては無理矢理目薬をさそうとすることでその子と飼い主様の関係性がどんどん悪くなってしまってもいけません。

そのような子に関しては目薬での治療は中止し、主治医の先生に相談した上で内服薬で代用できる物はかえてもらったり、その他のケアで治療をとっていく方がいいと思います。


このような回答しかできずすみません・・・。


次回も質問の内容に答えていきたいと思います。

つづく




<お知らせ>

新しいフードサービス始めます!

当院でのペットの健康管理について

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター