院長のつぶやき36 「犬から見た世界」② 犬がキスする行為について

前回の続きです!

前回からこちらの本に関してお話ししています! ↓


犬から見た世界―その目で耳で鼻で感じていること犬から見た世界―その目で耳で鼻で感じていること
(2012/03)
アレクサンドラ ホロウィッツ

商品詳細を見る


誤解が無いようにはじめにお話しておきますが、著者は何頭もの犬をご自身で飼われ、とてもかわいがっている方です。

それをふまえた上で以下をご覧下さい!



この本でまず著者が訴えていたのは

犬のことを理解するにはまず「擬人化」をするな!

ということでした。

実際に本文を以下に抜粋します。 ↓

まず第一に忘れなくてはならないことは、擬人化である。わたしたちは犬の行動を人間の偏見に染まった視点から見、話し、想像する。そしてこれらの毛に覆われた動物に自分たちの情動と考えを押し付けるのだ。(P.30)


つまり著者は
人間は自分の飼い犬の行動に対して人間としての行動に置き換えて考えるので誤解が生じている。
と言っているのです。

その具体例として私が特に面白かったのが
『犬がキスする』行為に関してです。

犬の飼い主はよく、帰宅したとき犬が自分への愛情の表現としてキスをすると言う。「キス」とは、つまり舐めることだ。顔をべろべろ舐める。集中的に徹底して手を舐める。ものものしく舌をべろんとさせて足を磨きたてる。打ち明けて言うと、私もまたパンプ(※著者の飼い犬)が私を舐めるのを、好意のサインとみなしている。
(中略)
私にとってそのキスは好意と感じられる。だが犬にとっては、それは好意のジェスチャーなのだろうか?(P.47)



この問いは犬と一緒に暮らしている飼い主様は誰しもが気になる内容ではないですか?


著者はこの問いに関して3つの可能性を示唆しています。
その3つを要約すると以下の通りになります。

①オオカミなどのイヌ科の野生動物は、狩りから巣穴に戻ってきた母親の顔や鼻づらを舐めるのは、食べ物を吐き戻してもらうため
 → 口を刺激して半分消化した肉を吐き戻させるための合図

②人間の口は犬にとってとても良い味がする。

 → 犬は人間同様に味覚がしっかりしているため、いろんな味がする口を舐めたい。

③口を舐める行為は儀式的な挨拶

 → 犬やオオカミはその相手がどこにいたのか、何をしていたのかを匂いによって知るために鼻づらを舐める。
   知り合いの犬たちが道で会ったときも、お互いを舐め合いお互いが何者かを確認している。


いかがですか?





もしキスの理由が①だと驚きですよね?

私はこの本を読んで以来、診察中にワンちゃん達が飼い主様や看護士を舐める様子を見るたびに

『このとき口から何か吐き出せばワンちゃんは喜ぶのかなぁ?』

と言う考えが頭によぎってしまい笑ってしまいそうになります。


次回ももう少しこの本から面白かった部分を私の感想もふまえお話ししたいと思います。

つづく




<お知らせ>

新しいフードサービス始めます!

当院でのペットの健康管理について

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター