fc2ブログ

狂犬病について

こんにちは!看護師の今枝です!

3月2日より今年度の狂犬病予防接種が始まりました!

そこで今回は
①狂犬病って何???
②狂犬病にかかるとどうなるの?
③狂犬病ワクチンは毎年打たなくてはいけないの?
 上の3つの事項についてお話したいと思います


まず、
『①狂犬病って何?』 についてです。

狂犬病とはわんちゃんだけではなく、、人にも移る病気(人畜共通感染症)です。
全ての哺乳類に感染し、人も動物も発症するとほぼ100%死んでしまうと言われている病気です
その中でも特に感染しやすいのがイヌ科動物です
通常、狂犬病に感染した動物に噛まれることによって感染します!

次に、
『②狂犬病にかかるとどうなるの?』 についてです。

狂犬病にかかると、症状が出るまである程度の期間(潜伏期間)があります。
狂犬病の潜伏期間は平均1~2か月です。
ウイルスの侵入部位が頭に近い程潜伏期間が短いため、大人よりも子供の方が発症が早いと言われています。

【わんちゃんの主な症状】
⒈前駆期・・・暗い所に隠れたり、異常な騒ぎ方、性格の変化と異常行動を起こします。

⒉興奮期・・・攻撃的になったり、よだれを垂らし凶暴な目つきになります。

⒊麻痺期・・・全身の麻痺症状により歩行不能、呼吸麻痺を起こします。

【人の症状】
⒈前駆期・・・発熱や頭痛、食欲不振、嘔吐、咽頭痛などの風邪に似た症状が出てきます。噛まれた部分の痛みや痒みなどの知覚症状も見られます。

⒉急性期・・・不安感や水を極端に恐れるようになる恐水症状、興奮、筋痙攣、風の動きに過敏に反応し避けるようになる仕草を示す恐風症状などが起こります。

⒊昏睡期・・・呼吸障害により亡くなってしまいます。

学生の頃に、狂犬病の勉強をした時に写真や動画を見ましたが、わんちゃんも猫ちゃんも人も顔つきがとても恐ろしく衝撃的だった事を覚えています

最後に、
『③狂犬病は毎年打たなくてはいけないの?』 についてです。

答えはYESです

狂犬病予防注射は「狂犬病予防法」において2つに義務が課せられています。

⒈ 登録の義務
わんちゃんを飼い始めた日から30日以内に飼い主様のお名前、住所、わんちゃんの所在地、種類、生年月日、毛色、性別、名前などを記入した申請書を市町村長に提出しなければなりません
生後90日以内の子犬の場合は生後90日を経過した日から30日以内。

⒉狂犬病予防注射の義務
生後91日齢以上のわんちゃんは年に1回の狂犬病接種が義務付けられています。
狂犬病接種を行うと狂犬病予防注射済証が交付されますので、こちらを市役所に提出し、注射済票を受け取らなければなりません。

当院では市役所に提出する代行手続きも行っております
その際は、毎年市から届くハガキをご持参ください


日本では、1957年以降の国内での感染はありませんが、アジアやアフリカでは今も多く発生しており、リスクはゼロではありません
愛犬を守るため、さらに自分を守るためにも毎年忘れずに狂犬病の接種を行いましょう

それでは、今枝でした

関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター