院長のつぶやき29 「てんかん発作」について ⑤

前回の続きです!


「そうはいっても検査はやはり費用がかかるので、ここまで検査をしなくても何か『てんかん発作』と見極めるポイントはないの?」

そのように思う飼い主様は実際多いと思います。

もろろん結論から言いますと、検査をしないと、原因は分かりません。

しかし、一般的に言われているちょっとしたポイントがありますので、お話ししたいと思います。

そのポイントはワンちゃんとネコちゃんで大きく異なります。

まずワンちゃんにおいてのポイント

てんかんのはじめに発症する年齢が若い。

ということです。

普通、犬は 6ヶ月齢 〜 3歳齢 の間に初めての発作が起こることが多いです。

そして初めての発症は遅くても5歳くらいまでと言われています。
(もちろん5歳以上でも「てんかん」は出ることもありますので、あくまでも大まかな目安になります。)

そのため10歳前後になって初めて発作が起きた子に関しては
内蔵の問題や、頭の問題が隠れている可能性が高いと言えます。


そのため中高齢になってからはじめて出る発作は特に注意が必要なので、前回お話ししたような検査を強くおすすめさせて頂きます!!



ネコちゃんにおいてのポイントとしては

そもそも「特発性てんかん」はまれ

ということです。

猫の発作疾患のほとんどは、腫瘍や脳炎のような根本的な問題が隠れていることが多いです。

そのため、特にネコちゃんで発作を疑う症状が出た場合はお早めに主治医の先生にご相談してもらうのが良いと思います。

ちょっとしたポイントですが、参考にして頂ければ幸いです。

次回は実際、『てんかん発作』が出たときは
そのあとはどうすれば良いのか?
治療は必要なのか?

その辺りについてお話ししたいと思います。

つづく


vs3.jpg







<お知らせ>

新しいフードサービス始めます!

春健診のお知らせ

猫の甲状腺検診のお知らせ

当院でのペットの健康管理について

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター