スタッフのつぶやき1 「仕事と趣味がつながった瞬間!」

どうも!院長です。

4月から新たなスタッフが加わり新体制でこの1年行ってきました。
これまでの約半年でスタッフ間の協力・連携もだいぶ出来てきました。
ただそのためこれまでは院内業務に大部分の時間を割いていたためブログの更新が遅くなってしまいました。
院内業務も落ち着いてきたため、これからはまた少しずつブログの更新頻度も増やしていきたいと思っています!
今後ともこのブログをよろしくお願いいたします。


そんな気持ちを新たに始めるこのブログの第一弾の取り組みとして、まずは飼い主様にもっとスタッフのことを知ってもらいたいという思いから、今月より「スタッフのつぶやき」と称しスタッフ一人一人にブログ記事を書いてもらいたいと思います。

記事の内容は各自の自由です。

毎週土曜日に更新していきたいと考えています。
(予期せぬトラブルなどにより更新できないことがあったらすみません。)
細く長くそして気楽にお付き合いいただければと思います。

         

ということで今回がその初回になるわけですが、私が書きたいと思います。
はじめからユルすぎる話をするのも何なので、今回は最近偶然見つけて嬉しくなった記事についてのお話しをしたいと思います。


その記事は約1か月前ヤフーニュースで偶然見つけました。


皆さんこの記事はご覧になったでしょうか?

イヌの人工血液、宇宙技術で=たんぱく質解析、合成―中大など


なんとイヌ用の人工血液が5年後製品化するかもしれないのです!!
これは獣医業界ではかなりのインパクトがある良いニュースでした。

一般のワンちゃんを飼われているご家庭では、

もしかしたら犬たちも人と一緒で必要に応じて輸血はいつでもできるもの

と思われているかもしれません。

しかし私たち動物病院で働いている者にとって「輸血」はいままでやりたくてもなかなかできない処置でした。

なぜならば犬では人の献血のようなシステムは全く確立できていないからです!

一部の大きな動物病院では独自に供血犬を募集して輸血するための血を集めているところもあるようですが、大部分の動物病院では献血制度などはありません。

今の獣医療では、診ている子が貧血になって輸血が必要な状態の時には、その飼い主様のお友達やお知り合いに大きなワンちゃんがいないかをお聞きし、その大きいワンちゃんから血をもらうお願いをするしかないのが現実でした。

そのため迅速な輸血をすることができず助けられなかったケースも私たちはいままで何度も経験してきました。

そしてその都度とても辛い思いをしてきました・・・。


もし今回のニュースに書かれていた人工血液が実用化されれば、例えば貧血の病気と闘っている子や、腫瘍など出血が予想される手術の時などに迅速に輸血ができるようなります。
そうなれば今まで助けられなかったワンちゃん達も助けることができるようになると思います。

ぜひとも早く実用化してほしいものです。



ちなみにこの記事のもう一つのポイントとしては

中央大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究チームが開発したという点が宇宙好きの私としてはたまりませんでした!
記事の内容はもちろんですが、決して交わることがないと思っていた自分の仕事と趣味が重なったことに大興奮した私でした。

以上でお話を終わりにしたいと思います。次回は別のスタッフがお話をします。果たして誰になるでしょう?
来週をまたお楽しみに


<お知らせ>


冬のデンタルキャンペーン2016
いい歯でいい新年を!



日曜午後の診療を開始いたします!


犬と猫のアンチエイジング強化月間

ノミダニ予防薬まとめ買いキャンペーン

キャットアワー

ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。

  


関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター