犬と猫のアンチエイジング強化月間2 犬の目の病気について

犬と猫のアンチエイジング強化月間のつづきです!

このキャンペーンを始めて1週間ですがとても好評で、すでに何件かのワンちゃんネコちゃんにご利用いただいております。
やはり皆様、愛犬愛猫のアンチエイジングには興味があるようです。
ワンちゃんもネコちゃんも見た目には若いように見えますが、確実に歳は取っていきます。
各臓器の悪化への変化に早めに気づければ病気を予防することができるため確実に長生きにつながります。
この機会に是非ご利用ください。


このキャンペーンの好評を記念して今回から3回に分けて眼科、心臓、腎臓に関するお話をさせていただきたいと思います。
今回は当院の眼科領域のエキスパートである宮越獣医師に解説してもらいたいと思います!




秋の健康診断の季節がやってきました!(^^♪
暑い夏が終わり、やっと散歩もゆったりと行けるようになりますね。
今回は眼の疾患で皆さんの認知度の高いものをピックアップし、簡単ではありますがご紹介したいと思います。

乾性角結膜炎(ドライアイ)
涙の質や量の悪化から眼が乾燥する状態で、二次的に眼の表面(角膜や結膜)に炎症がおき、メヤニが出たり眼が充血したりします。
進行して、角膜に血管が入りこんだり、色素沈着が起きたりすると、視覚障害が生じる場合もあります。
原因としては免疫介在性のドライアイが最も多いと言われています。
そして好発犬種(なりやすい犬種)は、
・アメリカンコッカースパニエル
・トイプードル
・ボストンテリア
・パグ
・キャバリア
・シーズー
・イングリッシュスプリンガー
・ウェスティ
・ミニチュアシュナウザー
・ヨークシャテリア
・ペキニーズ
などがあげられます。

治療としては、点眼薬などによる涙の分泌促進や補充、二次的に起こる感染のコントロールなどがあります。
眼にとって涙は大切なものなので、きれいな眼でいるためにもドライアイの治療は必要です。


白内障
眼の中にあるレンズ(水晶体)が部分的あるいは全体的に白く濁る病気です。
視覚障害が起きたり、二次的な合併症が起きることがあります。
人の白内障のように年齢による病気と思われがちですが、若くても白内障を発症する場合もあります。
好発犬種としては、
・トイプードル
・柴犬
・アメリカンコッカースパニエル
・フレンチブルドック
などで多く見られます。


治療には、進行防止のために点眼薬を使用したり、進んだ白内障に対しては外科手術が行われます。
(外科手術はすべての白内障の子が適応になるわけではありません。)


緑内障
何らかの原因により、眼の中にある水(眼房水)の流れが阻害され、この水の圧力(眼圧)が高くなり、眼の痛みや視覚障害を起こす病気です。
白眼の充血、黒眼の白濁(角膜浮腫)、瞳が広がる(散瞳)などが起こり、ひどい場合は、眼球が牛の眼(牛眼)のように大きくなります。
緑内障が起こる原因はたくさんありますが、その中には、犬種と関係がある場合もあります。
好発犬種としては、
・柴犬
・アメリカンコッカースパニエル
・イングリッシュコッカースパニエル
・ビーグル
・バセットハウンド
・シベリアンハスキー
など多くの犬種があげられます。

治療は眼圧を下げることです。
視力が残っている場合の緑内障は眼圧を下げてその視力を少しでも維持することが重要になります。
しかし、緑内障は一度発症すると治療がその後も必要となり、点眼薬でコントロールができなくなることも多く、その場合なんらかの外科的な処置が必要となることもあります。



これらのものは高齢の子の疾患だと皆さんに思われがちですが、実は好発犬種によっては若くから発症するものもあります。
そのため、定期的に検診を受けていくことが大切です。
メヤニが多くないか、白眼が充血したり、眼がショボショボしたりしないか、物にぶつかったり階段を踏み外したりと見えにくい様子がないかどうか、左右の眼に大きな違いがないか。などなど。
日頃からそんなところをチェックしてもらえたらいいかなと思います。

もちろん眼だけでなく、他の部分もぜひチェックしてあげましょう!
ぜひ気軽にご相談下さい!(^_-)-☆

NEXT
犬の心臓病について


<お知らせ>

ノミダニ予防薬まとめ買いキャンペーン

犬と猫のアンチエイジング強化月間

キャットアワー

ベイタウンペットクリニックのホームページ当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。

  


関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター