犬の睡眠について+α

皆様、こんにちは
スタッフ高尾です


猫の睡眠について書かせていただきましたので今回は犬の睡眠について書いていきたいと思います


neru3.jpg

neru1.jpg

前回、猫はよく寝るという話をしましたが…犬もよく寝てますよね
(年齢などによって個体差はあります)

調べてみると…


・犬の平均睡眠時間は12~14時間程度
・若い犬や小型犬よりも、大型犬や老犬の方が睡眠時間が長い
・犬の睡眠時間が長いのは犬の先祖がオオカミで、エサを得るために狩りをして過ごしていたので、狩りに出かける以外は次の狩りに備えて体を休めて過ごしていた名残と言われている
・犬の睡眠にも「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」がある

ノンレム睡眠  →  血圧や体温、呼吸も低下し、体だけでなく大脳も休息の状態
レム睡眠    →  体は休息に入っているものの、大脳は目覚めている状態

・人の場合、「レム睡眠」が約90分の周期で現れ、睡眠全体の80%は「ノンレム睡眠」だといわれている
それに対し、犬はその逆で「ノンレム睡眠」が20%、「レム睡眠」が80%だといわれている
これもオオカミ時代の名残で、敵が近づいてきたり、襲撃されたときに寝ぼけていてはやられてしまうので、すぐに行動に移せるよう浅い眠りの比率が多くなっている

・あごを床や地面につけて寝る姿は、狩りをしていた野生時代に身につけた寝姿であごの骨伝導を利用して敵や獲物が近づいてきたことをキャッチしていた

レム睡眠
neru5.jpg

neru4.jpg

ノンレム睡眠
neru2.jpg
↑確かにこれは無防備ですよね


ちなみに他の動物は…

コアラ 20時間
消費するエネルギーを減らすため、寝る時間が長い。
コアラはユーカリの葉を食べて生活しますが、ユーカリの葉で摂取できるエネルギーが少ないため、なるべくエネルギーを消費しないように寝る時間が長くなったそうです。

ナマケモノ 20時間
ナマケモノはコアラと同様に、生存競争に勝利するため、他の動物の食べない毒のある草を食べるので、その消化に多くのエネルギーを消費し、かつ消化効率が悪いので、体力温存のために眠っているそうです。

ヒト(幼児) 16時間

※ヒト(成人)
人間が必要とする睡眠時間は「一日8時間」だという説には根拠がなく、統計的に日本人の平均睡眠時間は7~8時間の人が約35%で最も多く、8~9時間が約25%、6~7時間が約20%だと言われています。
「一日8時間説」は統計の結果、8時間程度寝ている人が一番多かったということに過ぎず、言わばひとつの思い込みに過ぎないとのこと。

ライオン 15時間
狩りをする動物は、滅多に食事にありつけるわけではないので、眠って、エネルギー消費を抑える生活をします。

ハムスター・リス 14時間
人間のように数時間寝続けるのではなく、10~15分ほどの短い睡眠を繰り返すそうです。
気温15度で昼8時間、夜16時間に設定した実験室で1,2ヶ月生活すると、冬眠に備えデイリートーパー(昼間は寝てエネルギーの消費を少なくし、夜に餌を取り体重を増やし冬眠に備える)を始めるそうです

犬・猫 13時間

ウサギ 8時間
草食動物なので睡眠時間は短いです。
栄養価の低い草が主食なので、たくさん食べないと十分な栄養がとれない。そのため寝る時間が少なくなっています。
体が小さいので、大型草食動物ほど寝る時間は長くありません。

タヌキ 5時間

牛 4時間
牛の睡眠は極めて短時間(4分程度)のものを6~10回繰り返すとされていますが、睡眠についてはまだ不明な点が多いそうです。

象 3時間
ゾウのような大型の草食動物は睡眠時間が約2~3時間と短い。
それには食事時間が大きく関係していて、大型の草食動物は大きな体を維持するために 一日中大量のエサを探し求めては、ゆっくり時間をかけて食べなければないため、睡眠時間が短くなっています。

2~3時間
馬も大型の草食動物なので、睡眠時間は短い。馬は寝ている以外のほとんど(10~20時間)も食事をしているそうです。

キリン 約1~2時間
キリンが座って寝るのは1日20份くらいでそれ以外はたったまま寝てます。
キリンの睡眠は断続的で1回の睡眠が10分以上持続することは少ないそうです。



前回「猫(ネコ)は「寝子(ネコ)」が語源という説があるほど睡眠時間の長い動物」ということを書きましたがこれをみると、犬も十分長いですよね
草食動物は睡眠時間が短いのかと思いきや、睡眠時間が長い種類もいて難しいですね…


魚も眠るらしく計14時間程度で、魚の睡眠方法は原始睡眠や半球睡眠と言われています。

[原子睡眠]
・睡眠時と覚醒時で脳波に特別な違いは見られない。
・体を麻痺状態にし、睡眠中勝手に動いてしまう事で危険が及ばないようにしている。
・意識状態を完全に休止させず、危機の時には素早く行動出来る。

[半球睡眠]
・脳の半分を睡眠させ、もう片方は起きている睡眠方法。
・右脳が寝ている時は左脳が起きていて、逆も然り。
・鳥類や爬虫類や陸上動物に多く、イルカ(魚類じゃないけど)などもこの睡眠方法。
・カモメなどは片目を閉じて飛んでいる時があるが、その時は閉じている方の脳を眠らせている

泳ぎ続けないと死んでしまうといわれているマグロは、半球睡眠をとって泳ぎながら眠っているんですね!
とても器用ですがそんなことが人も出来たらいろんなことが24時間のうちにできるだろうなと思う反面、ゆっくり眠れないんじゃないかとかわいそうな気もしますね

睡眠は人も大事ですが動物たちの睡眠事情も奥が深いと思った高尾でした



<お知らせ>
当院の情報をより分かりやすくお伝えするためにホームページを新しくしました!  
ベイタウンペットクリニックのホームページ

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ







関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター