皮膚セミナー

皆さん、こんにちは
看護師の小川です

先日、院内でビルバックによる『皮膚セミナー』が行われました

犬や猫の皮膚の構造は、表皮・真皮・皮下組織から成り、CIMG7119.jpg
さらに内側から基底細胞層・有棘細胞層・顆粒細胞層・角質細胞層と4層になっています。
CIMG7118.jpg
基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後は垢となって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。
犬ではこのターンオーバーが約21日で行われます。


正常な皮膚であれば、外部からの刺激に対してブロックすることができますが、バリア機能の低下した皮膚だと細胞間脂質の欠損により、外部からの刺激に対してダメージを受けてしまいます。
CIMG7120.jpg
CIMG7121.jpg


人と犬の皮膚は以下のように大きく異なります。
表皮 犬:角質層 3~5細胞層、人:角質層 10~15細胞層
※表皮が薄いことにより、傷つきやすく、ブロック機能も弱く、皮膚病になりやすい。
皮膚pH 犬:pH7.5(ほぼ中性)、人:pH5.5(弱酸性)
※シャンプーなどのpHの注意
ターンオーバー 犬:約21日、人:約28日
※皮膚の改善(再生)には時間がかかる


皮膚病のアプローチには『シャンプー』が有効だと考えられます。
ビルバックスキン製品のポジショニングとして、
A(赤ライン):アレルギー性皮膚炎(Allergy)
K(緑ライン):脂漏性皮膚炎(keratoseborrheic disorders)
I(黄ライン):感染性皮膚炎(Infection)
O(紫ライン):外耳炎(Otic)

アレルギー性皮膚炎には、アトピー性皮膚炎・ノミアレルギー性皮膚炎があります。
アトピー性皮膚炎
○遺伝が関与・・・好発犬種がある(ウェスティ、シーズー、柴犬など)
○免疫に異常がある(過敏に反応しやすい)体質
○皮膚バリアに異常があり、抗原が皮膚に侵入しやすいことが多い

アトピー性皮膚炎はとにかく痒い!!
病変、代表例は紅斑(赤くなります) 顔面、四肢の趾間、わきの下、鼠径(股)で特に出ます。

そして若年齢で発症することがわかっており、特に3歳以下が多いです。増悪と寛解を繰り返すので皮膚が正常案状態に治らず、症状がぶり返します。併発疾患(いっしょに起こりやすい)として膿皮症・外耳炎・マラセチア感染を伴う脂漏性皮膚炎や角質の異常が起こります。


次回は製品のラインナップをご紹介をしたいと思います


当院のホームページが新しくなりました! 


ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


  
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター