院長のつぶやき186 犬のリンパ腫について⑪

前回の続きです!

それでは今回のトピックの最後として抗がん剤の副作用についてお話ししたいと思います。

そもそも抗がん剤とは「がん」の治療に用いられる薬剤のことで、がん細胞の増殖を抑えたり、がん細胞そのものを破壊する作用を持ちます。
しかし抗がん剤は、がん細胞だけではなく正常な細胞に対しても同様に効果を発揮するためにその抗がん剤の種類や効き方によりさまざまな副作用が出る可能性があります。

代表的な抗がん剤の副作用は以下のようなものがあります。

骨髄抑制(貧血、抵抗力の低下)、消化器症状(嘔吐、下痢)、脱毛、膀胱炎、腎障害、肝障害、神経障害など


飼い主様の立場からするととても怖いものと思われるかもしれません。

しかし使用する抗がん剤の特徴をしっかり把握しておくことで

どんな副作用が出る可能性があるか?
出るとすればいつぐらいのタイミングで出てくるのか?

などが予測できます。
そのためあらかじめ副作用の予防的処置を行っておくことで副作用を出さないようにしたり、出たとしてもその副作用を最小限に食い止めることは可能です。

当院では治療に関して飼い主様にも理解していただけるように丁寧に説明をしていきたいと心がけています。
もしも抗がん剤に関して心配されている飼い主様がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

以上でリンパ腫のお話を終わりにしたいと思います。
次回からはまた新たなトピックについてお話ししたいと思います。



<参考文献>
小動物の腫瘍診療指針 ファームプレス
犬と猫の治療ガイド2012 interzoo
Joncol特集リンパ腫最前線2008 ファームプレス 
小動物腫瘍科専門医 Oncology インターズ―

犬のリンパ腫


<お知らせ>


先日ドクターズ・ファイルに取材を受けました!
恥ずかしながら熱く語っております。
よかったら見せてください。
下記の画像をクリックすると取材ページに移動します。↓

ドクターズファイル


今年こそ!皮膚病にさせない夏キャンペーン
定期的な薬浴をして皮膚病のない快適な夏を過ごしませんか?

ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ



  



当院の関連施設であるvillaMARINAがInstagramを始めたので、これから自分のお気に入りの写真を随時ご紹介したいと思います
私の選んだ一枚はこちら!


素敵な写真です。犬と海をみながらのんびりできたらそれは最高の休日ですね!
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター