年齢別年間診療費の推移について

前回の続きです!



株式会社インターベット
5月特別セミナー

病院経営の変革の年。
その準備とは?

氏政 雄揮 先生
株式会社ブイエムスリー代表取締役



セミナーの第2部は病院経営のお話でした。
これからの動物病院業界がどのようになっていくのか?そしてどのようなことをしていくべきか?というような内容のとても興味深いお話でした。

そのなかで皆様に知っておいてほしいと思ったお話が、犬猫の年齢別年間診療費の推移についてです。

そのお話では、7歳くらいまでは犬猫ともに診療費が年間6万円くらいまでなのが、7歳以降になると犬では18万円、猫では14万円と犬猫ともに3倍近く医療費がかかるようになるというデータが出ていました。

一般的に7歳以上になると犬猫は年齢で言うとシニアの分類になりますが、そこからやはり病気が増えてくるので結果、医療費がかかってきてしまうということがはっきりと数字に出ているのです。

そのため私達獣医師の立場で考えると、病気の早期発見早期治療をするために7歳以上のワンちゃんネコちゃんは特にしっかりと診ていかないといけないと思います。

そして飼い主様の立場ではやはり7歳以上は病気が出やすくなってきますので、見た目で元気と思っていても病気が少しずつ進行していくこともあるため、定期的な病院での診察をやはり意識して行っていってほしいと思います。

医療費がかかるというお話をしましたが、病気を早期に発見できたら結果的には治療も軽くて済むこともあるため、医療費も安くなると思います。
逆に発見が遅ければ病気も進行するため治療も大変になりますし、命に関わることにもなっていきます。

ぜひ健康な長生きのために7歳以上になったら特に定期的な動物病院での健康診断をおすすめいたします。
ちなみに当院では気軽に健診をしてもらうためのサービスとして健診パスという制度もあります。
ぜひご利用ください。

以上セミナー報告でした。
またセミナーに参加した際は皆様にご報告をしたいと思います。


過去のセミナー参加報告はこちらへ




<お知らせ>
当院の情報をより分かりやすくお伝えするためにホームページを新しくしました!  
ベイタウンペットクリニックのホームページ

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


  

関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター