感染症とその予防

皆さん、こんにちは

看護師の小川です



私たちの生活環境中には、肉眼では確認することのできない原虫や細菌、ウイルスなどといった種類の微生物が多数存在しています。
微生物には環境中から栄養分を得て増殖しているものもいれば、人や動物、植物の体内に入り込みそこから増殖して、侵入した生体に何らかの障害を引き起こすものもいます。
これらの微生物を病原微生物といい、病原微生物によって引き起こされる疾患を感染症といいます。
また病原微生物の中には、人と脊椎動物の両方を宿主とするものも存在しますが、これらの病原微生物が引き起こす疾患をズーノーシス(人獣共通感染症)といいます。



《感染の形態》

顕性感染・不顕性感染
顕正感染
顕性感染
病原微生物が宿主の生体に侵入し、増殖した際に、明らかに何らかの症状(元気がなくなる、食欲が低下するなど)が発症した場合のことを顕性感染といいます。
また病原微生物が侵入してから、実際に症状が出るまでの期間を潜伏期間といいます。

不顕性感染
顕性感染に対して、病原微生物が宿主の生体に侵入、増殖したのにも関わらず、何の症状も引き起こされないような場合を不顕性感染といいます。
不顕性動物の中には、便や尿、唾液や鼻水の中に病原微生物を排出するものがいます。これをキャリアー(保菌動物)といいます。何らかの症状が見られないため、動物病院やペットショップでは他の動物に感染を広げる原因となるので特に注意が必要です


日和見感染
日和見感染
日和見感染
宿主の免疫機構が低下していると、通常では感染症を引き起こさないような弱い病原微生物が侵入した場合でも感染症を引き起こすことを日和見感染といいます。このような日和見感染を引き起こしやすい動物としては、年齢が若いまたは高齢な動物、あるいは猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルスに感染して免疫機構が低下している動物などが挙げられます。


経気道感染、経皮・経粘膜感染、経胎盤・経乳汁感染
感染の経路
経口感染
病原微生物によって汚染された食事や飲み水を経口的に摂取することによって感染することを経口感染といいます。経口感染は、病原微生物が付着している被毛、食器、器具、土壌、植物などを舐めることによっても感染します。

経気道感染
病原微生物に感染している動物の呼気あるいはほこりを吸入することによって、軽気道的に感染する経路のことを経気道感染といいます。空気感染(エアゾール感染)と呼ぶこともあります。

経皮・経粘膜感染
感染症の動物に直接的あるいは間接的に接触することによって、皮膚や粘膜から病原体が侵入することを経皮・経粘膜感染いいます。

経胎盤・経乳汁感染
病原微生物が母体に感染し、胎盤や乳汁から胎子や乳を飲んだ子に感染することを経胎盤・経乳汁感染といいます。
代表的な感染症として、イヌ回虫症(ネコ回虫では胎盤感染は確認されていません)や犬糸状虫症があります。



環境中には様々な病原微生物が存在しています。そして、それらは常に人や動物の生体内に侵入しようとしています。日和見感染の可能性もあることから、感染症を予防するための最良の方法は、病原体の有無に関わらず、環境中に存在する微生物をすべて取り除いてしまうことです。しかし、このような感染症予防の方法はほぼ不可能です。
ですので、定期的な健康診断やワクチン接種、検査などを行うことで動物を心身ともに維持していくことが重要です




少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓


ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター