院長のつぶやき2 ~ 血液検査のすすめ  肝臓編① ~ 

前回の続きです。

血液検査のすすめ  肝臓編 ①

今回は血液検査でもとくに重要な肝臓の項目についてお話ししたいと思います。

① ALT(GPT)
アラニンアミノトランスフェラーゼ
肝臓に含まれる酵素。
肝臓の細胞が壊れると上昇します。

② AST(GOT)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ
肝臓と筋肉に含まれる酵素。
肝臓や筋肉の細胞が壊れると上昇します。

③ ALP
アルカリフォスファターゼ
主に肝臓と骨に含まれる酵素。
胆嚢(たんのう)や骨などに問題が起こると上昇します。
ホルモンの異常にも反応し、上昇することもある。

④ GGT(γ‐GTP)
ガンマグルタミルトランスフェラーゼ
胆嚢、胆管に問題が起こると上昇します。
骨には含まれていないので胆嚢付近で問題が起きているサインになります。

他にもいろいろな項目がありますが、この4つの数値は特に大事です。

ALT、ASTは主に肝臓の細胞が壊れると上昇するため、肝臓が悪くなってきているサインになります。
また中毒性のものなど肝臓に負担がかかるものを食べても上昇してきます。

ALP、GGTは主に胆嚢や胆管に問題があると上昇する酵素です。
またALPは以前ブログでもお話ししたステロイドによって上昇しやすい酵素でもあるためステロイドの使用をする子では定期的に検査する項目の一つになります。

過去のブログより↓
ステロイドの副作用について

次回は健診の血液検査で実際病気が見つかった子のお話をしたいと思います。

つづく




<お知らせ>
新たなフードサービス実施します!

春健診のお知らせ

猫の甲状腺検診のお知らせ

ライフステージごとの健診のすすめ


関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター