ペットフードについて

こんにちは、スタッフ高尾です

今回は『ペットフード』についてご紹介していきたいと思います

日本国内のペットフードの表示は「ペットフード安全法」や「ペットフードの表示に関する公正競争規約」により定められています。対象になるのは犬と猫用のペットフードのみであり、医薬品やおもちゃなどは対象外となっています。


「ペットフード安全法」により下記の5項目をラベルに記載されることが義務付けられています。
1.販売用愛がん動物用飼料の名称
2.原材料名
3.賞味期限
4.製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称および住所

加えて「ペットフードの表示に関する公正競争規約」では下記の4項目を表示するよう指示されています。
5.原産国名
6.ペットフードの目的
7.内容量
8.給与方法
9.成分


そして今回ご紹介するのは「ペットフードの目的」です。

ペットフードは、大きく分けると『主食』と『間食』、そのいずれにも該当しない「その他の目的食」に分かれます。

「総合栄養食」とは。。。
毎日の主要な食事として」給与することを目的とし、そのペットフードと水を与えていれば必要とされる栄養素が摂取できるように作られています。栄養的にバランスのとれたペットフードです。

「間食」とは。。。
本来、栄養素補給としては必要ないのですが、ペットのしつけや運動、ご褒美として与えるなど限られた量を与えることが意図されているペットフードです。

「その他の目的食」とは。。。
嗜好増進、栄養の調整、カロリーの補給、あるいは食事療法に用いる等の目的を満たすフードです。
(一般食、栄養補完食、カロリー補給食、副食、特別療法食などと表示されています)
なお、特別療法食とは、特定の疾患や疾病などに栄養的に対応するために栄養バランスが考慮され、専門的なアドバイスや処方に従って与えることを意図したペットフードです。



一番勘違いしやすいのが一般食です。
なんとなく響きで総合栄養食と勘違いしやすいですが、一般食だけ与えていると栄養のバランスの悪くなってしまいます。
ただし一般食をあげてはいけないわけではなく、しつけのご褒美やおやつとして与えたり、特定の栄養を補うために与えるなど、正しい用途で与えれば「おかず」として機能します。

そして療法食も治療の為の食事になりますので獣医師にご相談の上、与えるようにして下さい。


sougou2.jpg

sougou.jpg

ippan.jpg

ryouhou.jpg

hokan.jpg


是非、普段与えているフードの表示を見てみてください
総合栄養食だと思っていたものが実は一般食だった…ということがもしかしたらあるかもしれませんのでご注意ください!


では、スタッフ高尾でした




少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター