院長のつぶやき157 猫の問題行動とストレス管理について⑪

前回の続きです!

2-5. フードの給与
猫は本来単独で狩りをして捕食する動物のため、多頭飼育の場合、自分の食事中に他の猫が視界に入ること自体ストレスになることが十分考えられます。
猫同士の相性はありますが、すべての猫が同じ部屋で食べていたり、同じお皿から食べていたりする場合、食事自体が猫の心地よい生活を妨げることにつながります。

このような食事中のストレスを緩和させる対策としては、

食事中の猫同士がお互いに視覚に入らないようにしてあげる

ことが大事になります。

理想は部屋自体を別々にしてあげれば理想的ですが、それが難しければ同じ部屋の中でもフード皿の置く位置をそれぞれが見えない死角に置いたり、フードの皿の置く高さを変えるだけでも食事中に与えるストレスは軽減できます。

フードをすぐ食べる猫とダラダラと時間をおいて食べる猫と食べ方の違う猫が同居している場合は、厳密にフードの管理を行うのは難しいかもしれませんが、できる限りフードの食べる場所を変えてあげることがストレス軽減につながりますので、いろいろご自宅の環境に合った食事の与え方を工夫してもらうと良いと思います。


2-6. 排泄
猫は何かしらの理由でトイレが気に入らなくなるとトイレ以外の他の排泄場所を探すようになってしまいます。
そのため特に多頭飼育のご家庭では猫のトイレをしっかり整えてもらうことが猫のストレスを最小限にすることができます。

理想的には猫の数+1のトイレを用意してあげる

ことが良いと言われています。

そしてその複数のトイレを一カ所にまとめておくのではなく、家全体の様々な場所におくと効果的と言われています。

猫 排尿 問題行動


◎研究によって得られた理想的なトイレの条件
①大型のトイレ
②粘土質で凝固性の砂
③厚さ5〜7cmの砂を敷く
④清潔なトイレを保つ(少なくとも1日1回は汚物を取り除き、月1回は全体を取り換えてトイレを洗浄する)
⑤近づきやすい場所に置く(ただし、人通りの多い所やうるさい所は避ける。)

これは多くの猫が好むトイレの条件ですが、猫によってあくまでも好みがあります。

自宅の猫に最適なトイレを探す方法としてはいろいろなタイプのトイレを複数同時に置いてみて試してもらうことが一番確実です。
そのときのポイントとしてはいままで使用していたトイレもしっかりと残しておくことです。
新しく置いたトイレの中でお気に入りのものが見つかれば他のトイレは片付けても大丈夫です。

これはあくまでも参考なので自宅の猫に合ったトイレをぜひ工夫してみてください。


生活環境などを変えることでのストレス管理方法は以上になります。
次回からはストレスを軽減させる他の補助療法をお伝えしていきたいと思います。

つづく



<参考文献>
・猫ちゃんの飼い主様向けセミナー 資料
・2013 ビルバック 猫行動学セミナー 資料
・春のヒルズ学術講演会2014 資料

<関連ブログ>
キャリーケースに入って動物病院へ健診へ行こう!


猫ちゃんの通院ストレスを軽減させるためにできること 〜はじめてのキャリーケース・トレーニング〜


猫ちゃんアンケートの質問にお答えします!   




<お知らせ>
当院について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。↓
ベイタウンペットクリニックへようこそ!

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター