院長のつぶやき153 猫の問題行動とストレス管理について⑦

前回の続きです!


それではいよいよ

猫ちゃんのストレス管理方法

についてお話ししていきたいと思います。

猫のストレス管理において大事なことが二つあります。

1. 特定のストレス源を取り除く、あるいは減らすこと。
2. 猫に心地よい住まいづくりにすること。

この2点を基本としてこれから猫のストレスを軽減させる方法をお伝えしていきたいと思います。


1. 特定のストレス源を取り除く、あるいは減らすこと

1−1. ヒトと猫の関わり
「不適切な排泄」は飼い主様にとっての大きなストレスとなり、その不適切な場所での排尿のせいで、ヒトと猫との関係が壊れてしまうことがあります。
最もやってはいけないこととしては、不適切な排泄をした場所で猫を叱り、いけないということを認識させる方法です。

猫を叱る場合は悪い行動をした直後の1〜2秒でないと効果がありません。

そのためこの懲罰による方法は、一貫性がなかったり、タイミングが不適切な場合には効果がなく、逆に猫に高いレベルの不安、恐怖、ストレスを生じさせます。
そしてその叱ることによって猫に不信感を与えヒトを警戒するようになり更なる問題行動に発展してしまうこともあります。

そのため「不適切な排泄」を発見したときは、けっして叱らずに、逆に猫を安心させるため今まで以上にかわいがってあげてヒトと猫との関係をよりよいものにしていくことが大事になってきます。

また、ヒトと猫が毎日行っている習慣を継続することも大事です。フードの時間や遊ぶ時間などを一日のうちでなるべく一定にしてあげることが猫に安心感を与え、「不適切な排泄」を治すきっかけにもなります。

次回もこの続きをお話ししていきます。


つづく


ねこののび



<参考文献>
・猫ちゃんの飼い主様向けセミナー 資料
・2013 ビルバック 猫行動学セミナー 資料
・春のヒルズ学術講演会2014 資料

<関連ブログ>
キャリーケースに入って動物病院へ健診へ行こう!


猫ちゃんの通院ストレスを軽減させるためにできること 〜はじめてのキャリーケース・トレーニング〜


猫ちゃんアンケートの質問にお答えします!   




<お知らせ>
当院について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。↓
ベイタウンペットクリニックへようこそ!

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター