猫ちゃんアンケートの質問にお答えします! ④

前回の続きです!

それでは今回も『猫ちゃんアンケート』で頂いた質問についてお答えしたいと思います。

Q5 老猫について教えてほしい。
Q6 加齢とともに気になるのが脚力、筋力の低下、それによる内臓器官への負担をどう解消できるのか?
Q7 どうすれば長生きできるのか?


A.
すべてがの質問に共通する回答だと思いますので一緒にお答えしたいと思います。

 猫ちゃんが年を取っていくと起こりうるものとして代表的なものとしては
・慢性腎不全
・甲状腺機能亢進症
・関節炎
・がん(腫瘍)

があります。
その中で最も気をつけなければいけないものが「慢性腎不全」です。
慢性腎不全に関してはこのブログでもたびたび取り上げてきていますが、ほぼすべての猫ちゃんが年を取ってくると起こりうる老齢性の変化です!この慢性腎不全とうまく付き合っていけることが猫ちゃんのどれだけ長生きすることができるかの最大のポイントだと思います。
腎不全になっていくとどのような経過をしていくか?そして早期発見するにはどうしたら良いか?に関しての詳細は過去のブログを参照にしていただければ幸いです。

多くの中高齢ネコちゃんの悩み〜慢性腎不全〜 
ネコの慢性腎不全の早期発見早期治療を目指す

慢性腎不全に関してはある程度進行すると、「多飲多尿」の症状が出てくることが多いです。いつもよりたくさん水を飲み、おしっこもたくさんするなぁと飼い主様が気づいたとき、それは病気のサインです。「多飲多尿」だけでは他の病気のこともありますが、慢性腎不全の重要な症状ですので注意してみていただくと良いと思います。
症状が出る前に慢性腎不全に気づく方法として最も確実なのは定期的な血液検査と尿検査になります。
定期的に計ることで腎臓に関する項目の変化が分かるのでたとえ正常値の中の変化でも腎不全の初期に気づけるかもしれません。上記の過去のブログをぜひ参考にしてください。

甲状腺機能亢進症に関しては質問コーナーの第1回でお話ししていますので参考にしてください。

関節炎に関しては以前セミナー報告でもお話しさせていただきました。↓

猫は無症状のことも多いけれど、年齢に関係なく多くの関節炎を持っている!

関節炎が出てきてしまうと、猫ちゃんは少しずつ動かなくなってきて行動範囲を自分で制限していくようになります。そうすると徐々に質問にもありました脚力や筋力の低下にもつながっていきます。
そのため関節炎を悪化させないためにできることとしては

・理想の体型を維持する。肥満傾向の子はダイエットをして関節への負担を減らす。
・それでも動きづらくなる子には関節のサプリメントを服用させる。

などが挙げられます。関節炎の症状・チェックリストは上記のセミナー報告を参考にしてください。


最後に「がん」(腫瘍)に関しては早期発見早期治療がまさに大事になってきます。
以前お話ししましたが、「がん」の治療は発見した時点ですでに体が相当負けているところからのスタートになります。
それでも早期に発見し、早期に治療することで「がん」は完治が望めます。
そのためには日々全身を触り、変なできものができていないかを触ってあげることが重要です。
ぜひかわいがってあげながら何気なく触る習慣をください。

いろいろお話ししましたが、このようなことをしていくとその結果、猫ちゃんの長生きにつながっていくと思います。
当院では健診しに来てもらいやすくするための制度として「健診パス」というものも行っております。
特に猫ちゃんは意識をしていかないと病気の発見が遅れがちな動物です。
ぜひともうまく動物病院を利用して自宅のネコちゃんを健康で長生きな生活を送れるようにしてあげてください。

以上、院長でした。

ちなみに本日お話しした慢性腎不全に関しては来週のセミナーにてその予防方法についてもお話しする予定です。
お時間が合えばぜひご参加ください。↓

猫の腎不全&問題行動セミナー猫 | セミナー | 腎不全 | 動物病院 | 海浜幕張
猫 | 腎不全 | 海浜幕張 | 動物病院


 





ツイッターについて


<お知らせ>

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ
関連記事
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
ホテルまとめ
ねこのぺーじ
セミナー参加報告
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター