fc2ブログ

スタッフのつぶやき122 『最近のうれしい出来事』

こんにちは。看護師の長沼です。

先日、千葉そごうに行った時のお話です。

最近は愛犬アンドリーが高齢ということもあり
どこへ行くにも一緒なのですが、デパートや百貨店は
ペット入店不可なところが多くなかなか行けず
行く時は車に置いて短時間で済ませることが多かったのですが

久しぶりにそごうに行ってみると、なんと

IMG_4320.jpg


キャリーバッグに入っていれば入店できるとの文言が!!
助かる~~~

アンドリーは基本寝ていることが多く
車の中でも、外出先でも一緒にいれば寝てくれるのですが
お留守番となると一転、寝ずに人が帰ってくるまでぐるぐる旋回運動をしています

これからの時期、車内でのお留守番は熱中症が心配なので
一緒に入店できるのはとっても助かります


他にも、ペットと入れるお店が増えると嬉しいなと思います
以上、長沼でした。

歯石除去を行った子のご紹介297

当院で歯石除去を行った子のご紹介をしたいと思います。


お名前:フォリーちゃん
犬種:シーズー


フォリーちゃん 犬の歯石除去


歯石が気になるとのことで来院したフォリーちゃん。
ぐらつく歯も認められたので今回歯石除去および抜歯を実施しました。


処置内容:麻酔下での歯石除去および抜歯

<処置前の様子>

フォリーちゃん 犬の歯石除去1

フォリーちゃん 犬の歯石除去2


<処置後の様子>

フォリーちゃん 犬の歯石除去3

フォリーちゃん 犬の歯石除去4

このようにきれいにすることができました!
今回綺麗になった状態を保ち、今後歯周病に悩まされないようにしていってほしいです。

当院でも無料歯科健診オーラルケアなどを通じて引き続きフォリーちゃんをサポートしていきたいと思います。


フォリーちゃんお疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




他の歯石除去を行った子の様子

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。



当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ↓
歯石除去へ行こう① 〜術前検査編〜


 お知らせ 

春の健康診断キャンペーン 

当院について

院長が病気について解説した過去のブログです。↓
院長つぶやきまとめ

スタッフのつぶやき121 「あつまれ!春の柴犬まつり」

どうも!
院長です。

先日私は

「あつまれ!春の柴犬まつり 
~かゆみ止めの使い方を考える~」
講師:森啓太先生


というVETS TECH主催のウェブセミナーで勉強をさせていただきました。

あつまれ!春の柴犬まつり


森先生は現在「犬と猫の皮膚科」という犬と猫の皮膚病の二次診療施設の先生で、今回はアトピー性皮膚炎の代表犬種である柴犬に限定したセミナーでした。

今回のセミナーでは前半で、皮膚の痒み止めとしてよく使用する4種類のお薬の使い方について解説していただきました。

その4種類のかゆみ止めの薬とは、

① ステロイド(プレドニゾロン)
② シクロスポリン(アトピカ)
③ オクラシチニブ(アポキル)
④ ロキベトマブ(サイトポイント)

になり、当院でも使用頻度が高いお薬になります。

それぞれの薬の使用するにあたっての考え方や注意点を分かりやすく解説していただいたのでとても勉強になりました。

セミナー後半では実際の柴犬の症例を例に治療の仕方、考え方について解説をしていただき、実際に皮膚科の専門医の皮膚病に対する考え方を学ぶことが出来たのでとても良かったです。


これから暑くなってくると柴犬をはじめとするアトピー性皮膚炎のペットは痒みがひどくなる時期になります。
ワンちゃん猫ちゃんは痒みに関しては我慢ができないので、一度痒がりだすと数日でもひどく悪化させてしまうことがあります。
愛犬愛猫の痒みがひどくなってくることがあれば、お早めにご相談いただければ幸いです。


新型コロナウイルス感染症の影響で、獣医学関係の勉強会も最近はほとんどウェブ上で行われるようになりました。今までは東京に行かないと学ぶことができなかった内容のセミナーが、ウェブ上で勉強できるようになったので、私としてはとてもありがたいです。
これからも最新の獣医療も取り入れつつ地域の獣医療を支えていきたいと思います。

以上、院長でした。

当院のホームページは現在リニューアル中です。

お知らせです。

現在当院のホームページはリニューアル中に伴い、見ることが出来ない状態になっています。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

以下に現在の当院の営業時間や新型コロナウイルス対策について記載しておきます。
新しいホームページができしだいこちらのブログでもお伝えいたします。
もうしばらくお待ちください。



ベイタウンペットクリニック

診療時間:9時~12時
      16時~18時半
休診日:木曜日

現在新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策として
完全予約制での診療を行っております。
診察ご希望の方はまずはお電話にてご連絡ください。

電話番号:043-310-0711

待合室での混雑軽減を目的としております。何卒ご協力よろしくお願いいたします。

※診察だけではなくお薬やフード購入希望の飼い主様も来院前にご連絡ください。ご協力よろしくお願いいたします。



『当院での新型コロナウイルス感染症の感染予防と感染拡大防止対策について』

当院に通院されている飼い主様へ
飼い主様やペットに安心してご利用いただくために、当院では新型コロナウイルス感染症対策を以下のように行っております。

① スタッフのマスクの着用
スタッフのマスク着用を徹底しています。
顔が見えない分、丁寧な対応をより一層心掛けてまいります。

② 手指の消毒
スタッフは診察の度に手洗いを行っております。

また飼い主様用に自動アルコールディスペンサーも設置しています。
手の消毒にご利用ください。

③ 1日3回の院内定期消毒

当院では毎日、朝の診療業務前、昼の休診時間中、夜の診察終了後の計3回、消毒をしています。

・院内のすべての床
・椅子やドアノブ、受付カウンターなどの手の良く触れる場所

を複合次亜塩素酸系消毒剤による消毒を行っています。

※診察台に関しては1件の診察が終わるごとに毎回消毒をしております。


<来院される飼い主様へのお願い>

・マスクの着用
・病院の入り口にて手指の消毒と検温
・同伴されるご家族の来院は最少人数

をお願いしております。

皆様に快適に診察を受けていただくための措置になります。
何卒、ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

スタッフのつぶやき120 『どじょうのふくちゃんピンチになる』

こんにちは!獣医師の古賀です
やっと春らしい季節になり、犬の散歩でもゆっくりと過ごせるようになりましたね(寒い日は、せかして歩くw)

本日は我が家の隠れペット『フクドジョウのふくちゃん』のピンチについてのお話です。
ふくちゃんは3ヶ月ほど前に、我が家の金魚水槽のお掃除係としてロイヤルホームセンターからやってきました。

ふくちゃんはお掃除係としてうちに来たのに、まったくと言っていいほど水槽のコケを食べず (実は食べているのかもしれませんが) なんなら、フクちゃん用に買った ‛沈むタイプのエサ’ を熱心に食べる様子もなく とにかく金魚のエサを入れたとたんに金魚と争って、いや金魚からエサを横取りする勢いで水面にバシャバシャと顔を出して金魚に(多分)ストレスを与え好き放題我が家で過ごしている…ように思われました。

そんなふくちゃんの変化に気づいたのは2週間くらい前でしょうか、よく見ると腹びれの付け根が赤くなっています
「ほら、バシャバシャ泳ぐからひれが傷ついちゃってるよ~」

なんて言っていたのですが、その数日後 なんとなく見ていると 元気がない……きがする
なんか底の方に沈んでパクパクしているんです(どじょうとしては普通な気もしますがw)


そして次の日、やっぱり気になって覗くと、ひれの赤いところが広がっている……きがする
どうも病気のようです。エロモナス症という。(魚の病気のことは、国家試験でやって以来十数年ぶりですw)


病気となると急に焦って、とりあえず塩水に隔離して(浸透圧の関係で楽になるそうです)ロイヤルホームセンターへGO
お薬を買って24時間の薬浴です(薬をとかした水に入れて治療)

今は24時間経って塩水に戻したところ。よく見ると口の周りも赤いかもぉぉ
でもなんとか治してあげたいものです。がんばれーと声をかけて見守っています。


こちらはふくちゃんの様子です(ピントが合ってないw)

image0 (1)


どうやら水質の悪化が主な原因のようです。まぁ子供が喜んでエサをあげるものですから、水質が悪くなってしまったのでしょう。どうやら魚は1週間くらいエサをあげなくても生きているようなので、エサの頻度を減らして、代わりに頻繁に水替えしよーっと

あと、皮膚が傷つきやすいから細かい砂の方が良いとの事。無事帰還したらと、白くてサラサラの砂を買いました


ところで金魚の方は、我関せず元気だなぁ とみて見たら

ぎゃー!!!金魚の尾びれにも!!!なんか白いフワフワある~!!

image1_202104120855412aa.jpeg

え?なになに別の病気??

そして金魚のちゅんちゅん(名前です)も薬のお風呂に浸かる事となりました…

皆さん(魚たち)無事に治りますように

プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ