fc2ブログ

おうちでできる肛門腺絞り

こんにちは!!看護師の千葉です

今回の、台風15号の影響で、被災された方へ心よりお見舞い申し上げます。
私自身も、3日間の断水と4日間の停電に見舞われました。
なかなか復旧しない現状に苛立ちながらも、なんとか暮らすのが精いっぱいでした。
いつも当たり前に使用している、電気、ガス、水道ですが、改めてそのありがたみを強く感じました。

今回は、飼い主様がお家で出来るケアの4回目で、
肛門腺絞り』についてお話ししたいと思います。


そもそも 肛門腺って何? 絞らないといけないの? と思っている方も多いと思います。
そんな疑問にお答えします



肛門腺とは、肛門の両側のやや下の所(4時と8時の場所)にある袋状の臭腺のことで、肛門嚢(のう)とも呼ばれます。
その袋の中に、臭いの強い分泌物が溜まります。マーキングでお尻の臭いをかいでいるのは、この分泌物の臭いを嗅ぐことで、相手の情報を得ている訳です。


ではなぜ、この肛門腺を絞らないといけないのでしょうか?

通常は、排便時や興奮した時などに、一緒に排出されます。
しかし、近年ではマーキングする機会が減ったことで、分泌物を押し出す『肛門括約筋』と呼ばれる筋肉が弱ってきているといわれていて、自力では排出出来ないわんちゃんねこちゃんが増えてきています。
また、小型犬や肥満犬、高齢犬など自力で排出ことが困難なわんちゃんも少なくありません。


そのまま肛門腺を絞らないでいると、炎症を起こしてしまったり、溜まりすぎてしまうと袋自体が破裂してしまうこともあります。
お尻を気にして舐めたり、お尻をこすって歩いたりする行動が見られたら、肛門腺が溜まってきているかもしれません。

痛い思いをしない為にも、定期的に門腺絞りを行ってあげましょう!!


肛門腺の絞り方

ポイント 1人だとどうしても動いてしまってうまく絞れないので、2人1組で行うとよいでしょう!
1、肛門が見えるように尻尾を上へ持ち上げます。
2、ティッシュなどで肛門を覆い、飛び散らないようにします。
3、もう片方の手で袋の下側から肛門へ押し上げるようにして絞り出します。

ポイント 力を入れ過ぎず、肛門の方向へ優しくゆっくり押し上げるようにしましょう!

肛門腺1


肛門腺2



肛門腺は服に付いてしまったりするとなかなか臭いが取れないので、飛び散らないように気をつけて下さい。
絞ったあとは、ウエットティッシュなどで拭くか、シャワーで洗い流してあげましょう。


どうしてもご自宅で絞れない場合は、トリミングの時に絞ってもらたり、当院でも行っていますので、お気軽にご相談下さい


以上、千葉でした

歯石除去を行った子のご紹介244

当院で歯石除去を行った子のご紹介をしたいと思います。


お名前:Cooちゃん
犬種:パピヨン
年齢:13歳


クーちゃん 犬の歯石除去


歯石が気になるとのことで来院したCooちゃん。
今回歯石除去を行いました。


処置内容:麻酔下での歯石除去

<処置前の様子>

クーちゃん 犬の歯石除去1

クーちゃん 犬の歯石除去2


<処置後の様子>

クーちゃん 犬の歯石除去3

クーちゃん 犬の歯石除去4

このようにきれいにすることができました!
今回綺麗になった状態を保ち、今後歯周病に悩まされないようにしていってほしいです。

当院でも無料歯科健診オーラルケアなどを通じて引き続きCooちゃんをサポートしていきたいと思います。

Cooちゃんお疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




他の歯石除去を行った子の様子

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。



当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ↓
歯石除去へ行こう① 〜術前検査編〜


 お知らせ 

9月は防災月間 マイクロチップを入れよう!


当院について

院長が病気について解説した過去のブログです。↓
院長つぶやきまとめ


スタッフのつぶやき78 『リアルライオンキング』

こんにちは!看護師の長沼です。

先月、ライオンキングの上映がはじまりましたね
CMが流れるたび、「みにいきたーーーーーい」と思っていたのですが
なかなか行けずにいたので、もうこの際リアルライオンキングに会いに行っちゃおう
っていう発想に至りまして・・・ドライブがてら会いに行ってきちゃいました

  
  ↓


\ じゃ~~~~~ん /
IMG_8942_2019090614433931d.jpg


生後3か月のあかちゃんライオンです
いや~~~~~可愛すぎです
凄くおとなしくてしっかりカメラ目線毛は柴犬くらいのかたさで重さは6~7㎏くらいでした
(あくまでも私の感覚ではのお話です笑)

6時間半かけて富士サファリパークまで行った甲斐がありました
(途中大渋滞にはまりかなり時間がかかりました笑)

けどもっと近くにあったらいいのに~~~


動物園に行くと閉館時間まであっという間すぎていつも最後まで回れません
一昨年は横浜ズーラシア動物園に行き、去年は上野動物園と那須サファリパークに行き
今年は富士サファリパーク、、来年はどこの動物園に行こうか今から楽しみです

おまけ・・・
IMG_8983_201908121507075c5.jpg
親子象のプールタイムです
これを見るために汗だくでウォーキングサファリ1時間しました(笑)
けど可愛かった~~~~~


次回はまた、我が家の食パン事情第3弾を更新しようと思います💛笑
以上!長沼でした

歯石除去を行った子のご紹介243

当院で歯石除去を行った子のご紹介をしたいと思います。


お名前:ダフィちゃん
犬種:トイプードル
年齢:12歳


ダフィちゃん 犬の歯石除去

歯石が気になるとのことで来院したダフィちゃん。
今回歯石除去を行いました。


処置内容:麻酔下での歯石除去

<処置前の様子>

ダフィちゃん 犬の歯石除去1

ダフィちゃん 犬の歯石ジョジョ2


<処置後の様子>

ダフィちゃん いう布歯石除去3

ダフィちゃん 犬の歯石除去4

このようにきれいにすることができました!
今回綺麗になった状態を保ち、今後歯周病に悩まされないようにしていってほしいです。

当院でも無料歯科健診オーラルケアなどを通じて引き続きダフィちゃんをサポートしていきたいと思います。

ダフィちゃんお疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




他の歯石除去を行った子の様子

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。



当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ↓
歯石除去へ行こう① 〜術前検査編〜


 お知らせ 

9月は防災月間 マイクロチップを入れよう!


当院について

院長が病気について解説した過去のブログです。↓
院長つぶやきまとめ


instaいいね投稿 第7回

こんにちは!看護師の千葉です

9月になりましたが、まだまだ残暑が厳しい日が続いています
体調を崩さないように気を付けましょう!!

さて、毎月恒例のインスタを紹介するコーナーです。
8月中に4FOOT4のInstagramに投稿された写真の中から、各スタッフの一押しをご紹介します


院長の一押しはこちら




長沼さんの一押しはこちら




今枝さんの一押しはこちら




山口さんの一押しはこちら




私千葉の一押しはこちら

ロンちゃん


今月も素敵なお写真をたくさん投稿していきますので、4FOOT4incのインスタをよろしくお願いします


※写真をクリックして頂くと、Instagramの投稿画面へ直接飛ぶことが出来ます。
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ