fc2ブログ

歯石除去を行った子のご紹介240

当院で歯石除去を行った子のご紹介をしたいと思います。


お名前:ラッキーちゃん
犬種:ミニチュアダックスフンド
年齢:13歳


ラッキーちゃん 犬の歯石除去

歯石が気になるとのことで来院したラッキーちゃん。
今回歯石除去を行いました。


処置内容:麻酔下での歯石除去

<処置前の様子>

ラッキーちゃん 犬の歯石除去1

ラッキーちゃん 犬の歯石除去2

<処置後の様子>

ラッキーちゃん 犬の歯石除去3

ラッキーちゃん 犬の歯石除去4

このようにきれいにすることができました!
今回綺麗になった状態を保ち、今後歯周病に悩まされないようにしていってほしいです。

当院でも無料歯科健診オーラルケアなどを通じて引き続きラッキーちゃんをサポートしていきたいと思います。

ラッキーちゃん疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




他の歯石除去を行った子の様子

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。



当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ↓
歯石除去へ行こう① 〜術前検査編〜


 お知らせ 

夏のアレルギーキャンペーン

猫の腎臓検診キャンペーン


当院について

院長が病気について解説した過去のブログです。↓
院長つぶやきまとめ

ベイタウンクリーンアップデイズ 7月の報告

こんにちは!看護師の長沼です。
今月のベイタウンクリーンアップデイズの報告です

先月は雨の為行えませんでしたが、
今月は雨の日が続く中当日は晴れたので実施することができました
今月は当院の目の前にある、スポーツ広場と打瀬第5公園周辺のゴミ拾いを行いました

IMG_8323.jpg

IMG_8324.jpg

今月はわんちゃんの便はとても少なく、2,3個だけでした。
ですが全くないというわけではないため今後0になるといいなと思います

IMG_8325.jpg

今回拾ったものの中で最も多く感じたのは以前からも落ちていたタバコの吸い殻で
拾ったものの総重量は2.5kgでした

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ベイタウンクリーンアップデイズでは参加者を募集しています


■ 次回開催日時 ■
2019年8月17日(土) 7:30~8:00
※雨天の際は中止になります

■ 集合場所 ■
ベイタウンペットクリニック前

愛犬との参加も大歓迎です
是非、私たちと一緒に街を綺麗にしませんか?

以上、長沼でした

スタッフのつぶやき74 「我が家の長老」

こんにちは!看護師の長沼です

先日、我が家の1番上の子ベティが16歳のお誕生日を迎えました
人生半分以上ベティと一緒に過ごしてるんだな~と思うと変な感じです(笑)

IMG_6038.jpeg
(※これは1歳になる前の写真です)

私が小学生のころ、お母さんのお友達のお家に子犬を見に行ったことがきっかけで
我が家の仲間入りしたベティですが、最近は長沼家のブームにベティも参戦
16歳にして食パン大好きわんこになってしまいました・・・

家族が食パンを切ろうと袋から出すとひとりで大騒ぎ・・・
ごはんの時間よりも食パンの時間のほうが幸せなようです。笑

もらえるまでずーーーとないています
あげると嬉しそうに食べるのでまたあげてしまう・・・
あげすぎるとお腹を壊しているのでほんと少しにしてますが

ちなみに・・・まだ食べたことのなかった、
銀座 俺のベーカリー」の食パンもようやく食べることが出来ました
(もちろんベティも食べました笑)
乃が美の食パンに少し似ていましたがここの食パンのほうが甘かったです^^


そんなこんなで、16歳長沼ベティもまだまだ元気に過ごしたいと思います
(娘ふたりが眠そうなのに眠気ゼロなベティ笑)

IMG_7328.jpeg

以上、長沼でした

おうちでできるわんちゃんの爪切り

こんにちは!看護師の長沼です

今回は飼い主様がお家で出来るケア第3段
「わんちゃんの爪切り」についての書こうと思います

自宅で爪切りをしない理由として
どこまで切ればいいかわかならない
出血しちゃう
暴れちゃって出来ない
が多いのではないでしょうか

③が理由の場合は、無理せず病院にいらしてください
➀②の対処法はこれから説明したいと思います

まずはじめに、わんちゃんの爪切りは2種類
・ギロチンタイプ
4984937615024.jpg
・ニッパータイプ
41i4B4p_K7L__SL500_AC_SS350_.jpg

があります。病院で使っているのはギロチンタイプの爪切りです
小型犬はギロチンがおすすめです

そして切る時は猫ちゃんの時と同じように膝の上にわんちゃんをのせます。
嫌がる子は2人がかりで1人が抑えて下さい

ではまず、➀どこまで切ればいいかわからない!について・・・
【爪が白い子の場合】
IMG_8284.jpeg

このピンク色が血管ですなのでその数ミリ手前まで切りましょう
1回でバツン!と切るのではなく、少しずつ攻めていってくださいね

そしてわかりずらい【黒い爪の場合
私たちも見た目では全くどこまで切ればいいのかわかりません
先程と同じく徐々に攻めていき、爪の断面が艶のある黒になったらそこでSTOP
この先が血管になりますのでこれ以上切ると出血する恐れがあります

IMG_8287.jpeg


そして②の出血してしまった場合
コットンで圧迫して出血を止める
止血剤で出血を止める  の2つがあります。
止血剤はペットショップにも売っていますので出血が怖いという方は
爪切りと一緒に止血剤も購入するのが良いと思います^^


今回は抱っこをして膝の上で爪切りをしましたが、もし嫌がる場合2人がかりで1人が抱っこしてもう1人が切りましょう!
それでも暴れる場合は無理せず病院やトリミングサロンで行いましょう

歯みがきのときと同じように、まずは1本切ることから徐々に本数を増やしていき、毎回褒めてあげてくださいね

今回はエンジェル・アンドリー姉妹に協力してもらいました

IMG_0058.jpeg

以上!ナガヌマでした!

歯石除去を行った子のご紹介239

当院で歯石除去を行った子のご紹介をしたいと思います。


お名前:バブちゃん
犬種:ミニチュアダックスフンド
年齢:12歳


バブちゃん 犬の歯石除去


歯石が気になるとのことで来院したバブちゃん。
今回歯石除去を行いました。


処置内容:麻酔下での歯石除去

<処置前の様子>

バブちゃん 犬の歯石除去1

バブちゃん 犬所歯石除去2頭

<処置後の様子>

バブちゃん 犬の歯石除去3

バブちゃん 犬の歯石除去4


このようにきれいにすることができました!
今回綺麗になった状態を保ち、今後歯周病に悩まされないようにしていってほしいです。

当院でも無料歯科健診オーラルケアなどを通じて引き続きバブちゃんをサポートしていきたいと思います。

バブちゃんお疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




他の歯石除去を行った子の様子

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。



当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ↓
歯石除去へ行こう① 〜術前検査編〜


 お知らせ 

夏のアレルギーキャンペーン

猫の腎臓検診キャンペーン


当院について

院長が病気について解説した過去のブログです。↓
院長つぶやきまとめ


プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ