fc2ブログ

冬のフィラリア予防キャンペーンのお知らせ

どうも!院長です!

だいぶ寒くなってきましたが、皆さん体調は崩されていないでしょうか?
私は職業柄、喉を痛めやすいのでこまめにのど飴を舐めながら喉をいたわっています。

さて今回は夏も好評でしたフィラリア予防の注射の新規接種キャンペーンのお知らせをしたいと思います。


冬のフィラリア予防キャンペーン

実施期間:2018年12月~2019年1月末まで

<実施内容>

期間中にフィラリア予防の注射を接種するワンちゃんにはこの期間のみフィラリア検査を無料で行っています。
(フィラリア予防の注射料はかかります。)

さらにこの期間にフィラリア予防の注射を行った方にはフォトフレームとフォトプリントがセットでもらえるチケットもプレゼントしています!

このチケットは数量限定でなくなり次第終了になります。
ぜひ予防が記念日になるアニバーサリーフォトしてみませんか?




ちなみに何度かこのブログでも紹介していますが、
このフィラリア予防の注射薬のメリットとしては

①一回注射を打つだけで一年間フィラリアの予防ができる!
②費用はフィラリア予防内服薬の約9ヶ月分で接種することができる!
③毎月の飲ませ忘れの心配がなく楽ちん!
④年に一回なのでどの季節からでも予防が開始できる!

などが挙げられます。
特に体重のある大型犬に関してはそのメリットはより大きなものになります!

また飼い主様が心配されていることとして、

「一年効果が持続するのはいいと思うけど副作用は大丈夫なの・・・?」

と思われている方も多いかもしれません。

実際このフィラリア予防注射薬の副作用はとても低いものになります。

イメージしやすいように具体的な例を挙げると
このフィラリア予防注射薬のアレルギー発症率は、毎年接種している8種や6種ワクチンでのアレルギーの発生率よりもさらに低い発生率になります。

「100%安全です」とはどんなお薬でも言うことはできません。

しかし、

混合ワクチンよりも安全

と考えていただくと副作用のリスクを考えてもらうにはいいと思います。


「フィラリア予防は毎月、おやつタイプで与えているのでワンちゃんたちが毎月お薬を飲むのを楽しみにしています。」

そんな子たちには楽しみを奪ってしまうことになるのでもちろんこの注射薬は必要ありません。

・ 薬を飲ませるのがいつも大変。
・ ついうっかり1、2ヶ月くらいフィラリア予防の薬を飲ませるのを忘れてしまう。
・ 大型犬なので外に出る機会が多くより確実にフィラリアの予防をしていきたい。
・ 冬の間もフィラリアの予防はしっかりしたいけど費用が気になってしまう。
・ フィラリア予防薬を飲ませるのは苦ではないけど、春先に病院に行くのがいつも混んでいるので大変。

このような飼い主様にはこのフィラリア予防の注射はおすすめだと思います!


特に春先からフィラリア予防を始める方が多いと思いますが、その時期は病院も狂犬病の予防などが始まるためとても混み合います。なるべく待ち時間なく予防を済ませたい飼い主様には、このフィラリアの注射は一年持続しますので、冬に始めてもらうのは待ち時間の軽減にもつながりおすすめです。
ぜひこの機会にフィラリア予防の注射をご利用ください。

プロハートキャンペーン

冬のデンタルキャンペーン

こんにちは!!看護師の千葉です。

冬も本番だいぶ寒い季節となりました。
当院のアイドル家康くんも、毎朝毛布にくるまってなかなか起きられないようです

家康毛布


この度は、毎年ご好評を頂いているデンタルキャンペーンのお知らせです

冬のデンタルキャンペーン 2018 

期間:2018年12月1日~2019年1月31日

この期間に歯石除去手術を行ったわんちゃんねこちゃんには、もれなくお得な特典があります

特典1
歯みがきセットプレゼント!!
(歯みがき4回券、シュワワ歯ブラシ、オーラルケアの手引書)

歯石除去後のきれいになった歯を維持して頂くために、院内での無料歯みがき券4回分と歯ブラシをセットでプレゼントさせて頂きます。
歯みがきのやり方を解説する手引き書も一緒にお渡ししますので、この機会にぜひご自宅で歯みがきを始めてみてください。


特典2
当店で大好評の対象デンタルケアグッズの中から、お好きなデンタルケア製品をお1つプレゼント!!新しく導入したデンタルジェルも対象です!
(デンタルジェル3種、デンタルシート、オーラルスプレー、アクアデント、t/d、オーラベットがもらえるガチャガチャガム2回)

ご自宅で歯みがきができない子でも安心です。
当院オススメのデンタルケア製品をお一つプレゼントさせていただきますので歯石除去後から使い始めるとより効果的です。
この機会にぜひお試しください。

日本では、3歳以上の犬猫の約8割が歯周病および歯周病予備軍と言われています。
歯周病を放置し進行すると、時に非常に怖い病気を引き起こしてしまう可能性があります。
健康で長生きでいる為に、歯周病の治療と対策がとても大切です。


歯科処置は事前のご予約が必要になります。
また一日で行える件数は限りがありますので、キャンペーンご希望の方はお早めにご連絡ください。

以上お知らせでした。



スタッフのつぶやき58 『bリーグ観戦』

こんにちは!もう冬ですね 

師走と言わず11月から忙しく、どんどん月日が過ぎていきます

やらなければならないこと(家事)はたくさんあるのに動きたくない、それはきっと寒いせいです、はい。もちろん運動もしばらくしておりません。
というわけで、最近は『口ばかりのバスケ指導者』でもある獣医師の古賀です、あらためてこんにちは

さて、今回はバスケ観戦の話を。

先日、船橋アリーナに千葉ジェッツ渋谷サンロッカーズ戦を観に行きました。
また行きたいなーとは思っていましたがなかなかいいチケットが取れなかったり、他の用事とぶつかってしまったりと昨シーズンは思うように観に行けませんでしたが 今回観戦することができました。

やっぱり楽しいですね~スポーツ観戦

最近のバスケ、特にbリーグというプロバスケの試合は音響(試合中ずっと音楽がかかっている)とMCがホームチームを盛り上げ、チアガールや太鼓奏者がタイムアウト毎に違うパフォーマンスを披露(何個覚えているんだろう)試合中もコートサイドでブースター(観客)をあおります。試合前や選手入場の際にはコートに映像が映し出され、が噴き出します。エンターテイメント感山盛りです。飽きさせませんね。

でも実はバスケってコート内で結構コミュニケーションとるんです。
『あっちカバー行って』とか『ディフェンス交換して』みたいなこととか瞬時に声で伝えて守ったりしてるんですが、あの爆音の中どうやって声出してるんだろうと思うと、それだけでもきっと大変。しかもコート内では2メートル超える外国の選手と何度もぶつかって相当疲れるだろうなぁと。なのにプレーは小学生に教えるくらいきちんと基本に忠実。素晴らしい。

試合が接戦だったことや、前日怪我をしたと言われていたエース選手が出てきたこともあり終盤は大盛り上がり
一緒に観ていた人と「うーわ、うまい。あれ決められたら相手は一気にやる気失くすね」とか「あー、あれミニバスレベルのミスだわ~やっちゃったねー」とか「ナイスリバウンド!えらい!」とか散々上から目線で話したあと「生まれ変わってもそこのコートに立てることはないねぇ私たち」なんて、ほんと観客ってお気楽なもんです。

いい試合をみていい気分で帰りました。

地域猫活動報告 2018年10月

2018年10月の当院での地域猫活動の報告をします。




地域猫募金総額 12,968円

     避妊手術 1件



地域猫活動2018年10月





たくさんの支援ありがとうございました。
集まった募金は今後の活動に利用させて頂きます。


私たちは今後とも地域猫活動を積極的に協力していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。



地域猫募金についてはこちらへ

地域猫 | ベイタウンペットクリニック


<お知らせ>

LINEスタンプ発売してます!


※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ


  

スタッフのつぶやき57 『犬の慢性腸症の新たな治療の選択肢に』

どうも!
院長です。

先日私は犬の慢性腸症についてのセミナーに参加してきました。

セミナータイトルは

「動物再生医療・細胞治療セミナー
それってIBDですか?イヌの慢性腸症の新たな血液マーカーと治療法」

でした。
犬の慢性腸症は、慢性的な下痢などお腹の症状が続く腸炎で、注射や投薬による治療でも完全に良くすることはできないとてもやっかいな病気です。

場合によっては衰弱死にもつながる可能性もあるため、私達獣医師としては現状の慢性腸症の治療以外の新しい治療の選択肢が増えれば、この病気になったワンちゃんを救う手立てが増えることにもなるため、今回のセミナーはとても興味深く聞かせていただきました。

セミナーの内容としては慢性腸症に関する診断や治療、病理診断の現状などさまざまな最新の知識を学ぶことができました。

その中で今回の新しい治療とは

イヌの脂肪由来間葉系幹細胞を慢性腸症のワンちゃんに注射する細胞治療

でした。

間葉系幹細胞は、体内で
① 免疫バランスの調整
② 抗炎症作用
③ 細胞分裂の促進、組織修復
などの働きをするため、現在さまざまな難治性の病気に対してこの細胞治療が試されています。

そして今回のメインテーマである慢性腸症においても、すべてのワンちゃんに効果があるわけではないようなのですが、今までの治療で良くすることができなかったワンちゃんが実際に改善するデータも出ており、この細胞治療の今後の可能性が期待できる内容でした。


ワンちゃんの下痢についての診察は、当院でもほぼ毎日のようにあります。

その下痢の診察の中で通常の治療をしても治りが悪いのが今回学んだ、慢性腸症のことが多く、そのワンちゃんが治らないまま徐々に衰弱していく様子はとてもつらいものがあります。

そのような時に治療の選択肢として今回の細胞治療ができると新たな希望にもなります。

今回のセミナーは日々の治療に役立つとても内容の濃いセミナーでした。


当院はマンション群のなかにある小さな動物病院です。
そのため大きな病院のような高度医療は行うことはできません。
しかし獣医師が診察をする上で、最新の治療や検査などの知識があれば適切な治療を行うことができますし、場合によっては迅速に2次診療施設を紹介することも出来ます。
動物達の病気は、飼い主様が連れてくる頃にはある程度進行していることも多いため、病気の早期発見早期治療など初期対応がとても大事になってきます。
今後も最新の知識を学ぶ意識は持ち続け、「最初にこの動物病院に診てもらえれば安心」と頼っていただけるホームドクターになれるように日々努力していきたいと思います。

以上、院長でした。


プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ