fc2ブログ

院長のつぶやき180 犬のリンパ腫について⑤

前回の続きです!

それでは徐々にリンパ腫の診断についてのお話に移っていきたいと思います。
リンパ腫は近年、細胞の種類により病気の進行の仕方や、治療に対する反応の違いなどがあることが分かっています。
今回はかなり専門的な内容なのでとても分かりづらいと思いますが、なんとなくリンパ腫はこのようになっているのかぐらいに思ってください。この分類によって後々の治療方法が変わってきますのでご理解ください。

まずリンパ腫細胞の大きな分類として
B-cell型とT-cell型というものに分けられます。

その発生頻度としてはB-cell型が76%、T-cell型22%、B-cell型とT-cell型両方とも当てはまらない型が2%と言われています。

一般的にはB-cell型よりもT-cell型の方がタイプとしては悪く、再発までの期間がB-cellより短く、生存期間も短くなります。

★犬のリンパ腫におけるImmunophenotypingの臨床的意義
再発までの期間
T-cell(52日) VS  B-cell(160日)
    
生存期間
T-cell(153日) VS  B-celll(330日)


またリンパ腫にはB-cell型、T-cell型の分類とは別に「悪性度」によって
高悪性(High-grade)と低悪性度(Low-grade)という分類があります。

High-gradeとLow-gradeの違いに関してはまた次回お話ししたいと思います。

つづく



<参考文献>
小動物の腫瘍診療指針 ファームプレス
犬と猫の治療ガイド2012 interzoo
Joncol特集リンパ腫最前線2008 ファームプレス 
小動物腫瘍科専門医 Oncology インターズ―




<お知らせ>
当院の情報をより分かりやすくお伝えするためにホームページを新しくしました!  
ベイタウンペットクリニックのホームページ

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ



  

歯石除去を行った子のご紹介86 麻酔下での歯石除去67

当院で歯石除去を行った子をご紹介したいと思います。


お名前:マロンちゃん
犬種:チワワ
年齢: 5歳


マロン ベイタウンペットクリニック
約2年前に歯石除去をしたマロンちゃん。今回また歯石が蓄積してきてしまったため、歯石除去を行うことになりました。


処置内容:麻酔下での歯石除去

<処置前の様子>

マロン 歯石除去

動物病院 歯石除去



<処置後の様子>

犬の歯石除去

犬の麻酔下での歯石除去

このようにキレイにすることができました。
マロンちゃんは口の中の環境が弱く、以前歯石除去したときも歯が多数抜けてしまったのですが、今回も3本抜けてしまいました。

抜歯した歯
抜歯した歯

今回抜けた犬歯の部分は、鼻腔とつながっていました。
このままにしていたらよりひどい状態に発展したかもしれませんので今回処置をしてあげて良かったと思います。

今後とも無料歯科検診ワンちゃんのオーラルケアを通じて今回キレイになったマロンちゃんの歯を保っていけるようにサポートしていきたいと思います。

マロンちゃんお疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




当院のおすすめデンタル製品が
全品送料無料でお届けできるようになりました!
動物病院おすすめサプリメントの店





他の歯石除去を行った子の様子

当院のおすすめデンタルグッズを院長が解説しています。↓
当院おすすめのデンタルグッズのご紹介

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。


当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ↓
歯石除去へ行こう④ 〜術後の様子編〜





オーラルケアについて

無麻酔歯石除去はこちら






<お知らせ>

当院の情報をより分かりやすくお伝えするためにホームページを新しくしました!  
ベイタウンペットクリニックのホームページ

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ

今月のバースデーセレブレーション

今月の9日に5歳の誕生日を迎えたリンダちゃん


お誕生日おめでとうございます

5GkEAsvwLOLdszN1435111861_14351120865.png

これからもリンダちゃんが健康で長生きできるように、スタッフ一同サポートさせていただきます





少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓


ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて

皮膚セミナー

皆さん、こんにちは
看護師の小川です

先日、院内でビルバックによる『皮膚セミナー』が行われました

犬や猫の皮膚の構造は、表皮・真皮・皮下組織から成り、CIMG7119.jpg
さらに内側から基底細胞層・有棘細胞層・顆粒細胞層・角質細胞層と4層になっています。
CIMG7118.jpg
基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後は垢となって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。
犬ではこのターンオーバーが約21日で行われます。


正常な皮膚であれば、外部からの刺激に対してブロックすることができますが、バリア機能の低下した皮膚だと細胞間脂質の欠損により、外部からの刺激に対してダメージを受けてしまいます。
CIMG7120.jpg
CIMG7121.jpg


人と犬の皮膚は以下のように大きく異なります。
表皮 犬:角質層 3~5細胞層、人:角質層 10~15細胞層
※表皮が薄いことにより、傷つきやすく、ブロック機能も弱く、皮膚病になりやすい。
皮膚pH 犬:pH7.5(ほぼ中性)、人:pH5.5(弱酸性)
※シャンプーなどのpHの注意
ターンオーバー 犬:約21日、人:約28日
※皮膚の改善(再生)には時間がかかる


皮膚病のアプローチには『シャンプー』が有効だと考えられます。
ビルバックスキン製品のポジショニングとして、
A(赤ライン):アレルギー性皮膚炎(Allergy)
K(緑ライン):脂漏性皮膚炎(keratoseborrheic disorders)
I(黄ライン):感染性皮膚炎(Infection)
O(紫ライン):外耳炎(Otic)

アレルギー性皮膚炎には、アトピー性皮膚炎・ノミアレルギー性皮膚炎があります。
アトピー性皮膚炎
○遺伝が関与・・・好発犬種がある(ウェスティ、シーズー、柴犬など)
○免疫に異常がある(過敏に反応しやすい)体質
○皮膚バリアに異常があり、抗原が皮膚に侵入しやすいことが多い

アトピー性皮膚炎はとにかく痒い!!
病変、代表例は紅斑(赤くなります) 顔面、四肢の趾間、わきの下、鼠径(股)で特に出ます。

そして若年齢で発症することがわかっており、特に3歳以下が多いです。増悪と寛解を繰り返すので皮膚が正常案状態に治らず、症状がぶり返します。併発疾患(いっしょに起こりやすい)として膿皮症・外耳炎・マラセチア感染を伴う脂漏性皮膚炎や角質の異常が起こります。


次回は製品のラインナップをご紹介をしたいと思います


当院のホームページが新しくなりました! 


ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


  

房総感想5

こんにちは、スタッフ高尾です

先日マザー牧場&鴨川シ―ワールドに行ってきましたのでそのご紹介です
今回は鴨川シーワールドのご紹介の続きです!


今までの房総感想まとめ↓
1234



iru.jpg
イルカが優雅にすいすい泳いでいました
親子なのかずっとピッタリと寄り添って泳いでいたのがとても可愛かったです


beru-ga.jpg
白イルカ、ベルーガは泳ぎが速くてカメラが追いつきませんでした…
ベルーガはかわいい声でよく鳴くことから“海のカナリア”という愛称がつけられているそうです

beru-ga2.jpg
もう一度と撮影にチャレンジするも失敗…ブレブレでした


penn.jpg
ペンギンもまんまるの体がとても可愛いですね

penn2.jpg
暑い中涼しげに泳いでいました
おなかもプックリ、つぶらな瞳も可愛い

penn3.jpg
上から氷が降ってきて山になっている部分があり、そこが涼しいのか氷の山の周りにたくさんペンギンがいて涼んでいました


penn4.jpg
一匹はずっと寝そべっていておしりがずっとこっちを向いていたのが可愛かったです
でも結局この子の顔を見ることはできませんでした



今回はここまでとさせていただきます
次回もまた房総の感想を書いていきますのでよしくお願いいたします!

では、スタッフ高尾でした

当院のホームページが新しくなりました! 


ベイタウンペットクリニックのホームページ
当院の行っていることがより分かりやすくお伝えできるようになりました。良かったら見てください。


  
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ