fc2ブログ

アンバーちゃんのホテル日記

こんにちは、樋口です
今日はアンバーちゃんのホテル日記のご紹介です

ホテル中の様子です
音をつけてご覧ください

今回は新しい技に挑戦してみたアンバーちゃん
お手をした手にごはんを乗せて待てるかどうかやってみたところ、見事成功しました



少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて

チョコちゃんのホテル日

こんにちは、樋口です
今日はチョコちゃんのホテル日記のご紹介です

ホテル中の様子です
音をつけてご覧ください

抱っこ~ときてくれたり、甘えにきてくれるチョコちゃん
歯磨きはとてもお利口にさせてくれました





少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて

猫の慢性腎臓病 〜レニン・アンジオテンシン系抑制薬を用いた新たな治療手段〜

前回の続きです。
先日参加したベーリンガーインゲルハイムベトメディカジャパン株式会社主催のセミナーについてお話ししています。

Brief review2
『猫の慢性腎臓病 〜レニン・アンジオテンシン系抑制薬を用いた新たな治療手段〜』


今回のセミナーは猫の慢性腎臓病の新しい治療薬であるセミントラの発売記念セミナーを兼ねたものでした。
セミントラは獣医療領域において初めて承認されたレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系抑制薬です。

レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAA系)とは体の中の血圧や血液量を調節するホルモン系の総称で、日々血圧や血液量を一定に保つように機能しています。
腎臓はそのRAA系の中で血圧の変化等を感知するとても大事な臓器になります。

しかし慢性腎臓病になると、正常な腎臓組織が壊れていきます。
そして腎臓組織が壊れることで腎臓の濾過する能力が衰えてきます。
するとそれにより血圧が変化し、RAA系が活性化します。
RAA系が活性化することで必要以上に血圧が上がってしまい過剰な血管収縮により正常な腎臓組織がさらに壊されてしまいます。
そのためさらに腎臓の濾過する能力が衰えていってしまうという悪循環が起きていきます。

その慢性腎臓病の悪循環の進行を和らげる作用があるのが、RAA系抑制薬になります。

今回のセミナーでは慢性腎臓病のさまざまな検査項目の解釈の仕方や、従来の治療薬と新しい治療薬の比較等をとても分かりやすくお話ししていただけたので、前回の犬の心臓病の治療同様に、猫の腎臓病に対する治療の幅が広がりました。

猫ちゃんはワンちゃんと異なり投薬が難しい子もとても多いため、治療の選択肢が増えることはとても素晴らしいことです。今回のセミナー内容を生かし、従来の治療薬などと組み合わせ、今まで以上にその猫ちゃんに合った治療を行っていけるようにしていきたいと思います。

以上セミナー報告でした。

またセミナーに参加した際は皆様に報告したいと思います。




過去のセミナー参加報告はこちらへ

<お知らせ>
ベイタウンペットクリニックへようこそ!

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ

momo姫ちゃんのホテル日記

こんにちは、樋口です
今日はmomo姫ちゃんのホテル日記のご紹介です

ホテル中の様子です
音をつけてご覧ください

お散歩を存分に楽しむmomo姫ちゃん
今回はトリミング室で遊んだりもしました




少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて

院内セミナー『ヒルズサイエンス・ダイエットプロ』 Part.2

皆さん、こんにちは
看護師の小川です

今日は前回の続きで「7歳からの愛犬・愛猫にオススメのフード」をご紹介したいと思います

犬や猫は一般的に7歳からシニア期に突入すると言われています。
シニア期で特に気をつけたい病気は、犬だと心臓病や腎臓病や関節炎猫だと腎臓病や関節炎になっています。
ペットの死亡原因は、犬も猫も「がん」になっています。

猫の死亡原因でがんの次に多い「腎臓病」ですが、猫が慢性腎臓病になる確率は年齢を重ねるごとに高くなり、15~20歳の猫だとおよそ80%の割合にまであがってしまいます。
「腎臓病」は不可逆で進行性の疾患です。つまり1度悪くなると再び良くなることはありません
慢性腎臓病の治療は「腎臓の状態を良くする」のではなく「腎臓の状態をこれ以上悪くしない」ためのものになります


健康ガード 腎臓・心臓 シニア高齢犬・猫用
製品の特徴
独自のたんぱく質とミネラルのブレンドが健康な腎臓や心臓を守るように調整されています。
加齢に伴う腎臓や心臓の機能の低下を考え、たんぱく質・リン・ナトリウムなどの量を制限しています。

このフードは療法食を使うレベルには至っていないけれど、いずれ療法食に移行することを考え、スムーズに切り替えられるような準備をしておきたい犬や猫に適しています。

腎臓や心臓にやさしい食事の内容として、過剰な供給を控える栄養素はたんぱく質・リン・ナトリウムです。逆に補給するべきものは水分・オメガ3脂肪酸・可溶性繊維です。
※可溶性繊維は、腸内の状態を整える効果があります。

いままで味の濃いフードを食べていた仔がいきなり療法食のk/dに切り替えることはなかなか難しいです(k/dは塩分が控えめになっているのであまり美味しくありません)。それよりは、はじめからサイエンスダイエットプロを食べている仔の方が療法食に移行しやすくなっています。


健康ガード 脳 シニア高齢犬・猫
製品の特徴
独自の高レベル抗酸化成分ブレンドが健康を維持し、本来の免疫力のサポートと健康な脳を守ることが証明されています。
ビタミンE、ビタミンC、B-カロチンなどの抗酸化成分と、オメガ脂肪酸を強化しています。

あるデータで、異常行動を起こしやすい犬種の51%は柴犬、13.3%は柴犬の雑種、8.7%が日本犬、6.7%が日本犬の雑種と、圧倒的に和犬に認知障害のリスクが高いと言われています。
注意が必要なペットの素因として、加齢(11歳以上の犬猫の50%)・避妊去勢(ホルモンの関係)・人や同居動物との精神的な関わり合いと活動の欠如があげられます。

認知症は犬に多いと思われがちですが、実は猫でも認知障害が見られます。
症状としては刺激に対する反応の低下や活動レベルの低下、室内の不適切な場所での排泄、睡眠覚醒周期の変化などがあげられますが、他の病気に隠れてしまうので飼い主様もなかなか認識しづらいです

健康な脳に良いお食事とは、抗酸化成分をたくさん含んだお食事です!
抗酸化成分とはビタミンE・ビタミンC・β-カロチンがあります。他にもオメガ3脂肪酸やカロチノイド、ポリフェノールも脳に良いと言われています


健康ガード 関節 シニア高齢犬・猫用
製品の特徴
EPA(猫はDHA)の最適な配合により、健康な関節を守り、活発な運動能力を助けることが証明されています。
関節の健康のために必要なオメガ3脂肪酸の中でも、犬はEPA猫にはDHAが最適であるため、それぞれの製品に配合しています。

高齢の猫のほとんどが発症すると言われる「関節炎」ですが、症状のサインとしては、いままで腕を折り曲げて寝そべっていたのが、腕を伸ばして横になるような姿勢が多く見られます。他にもトイレに行きたがるようになったり、台の端に寄るような行動が見られるそうです

犬の軟骨組織は、オメガ3脂肪酸の中でも特にEPAを選択的に取り込み、軟骨組織の分解酵素活性を抑えることが研究から明らかになっています。猫の軟骨関節では、DHAが軟骨溶解酵素を抑制することが明らかになっています。

次回は、「猫のためのラインナップ」をご紹介したいと思います


少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓


ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ