fc2ブログ

院長のつぶやき143 ご自宅でもできるワンちゃんネコちゃんの身体チェック⑫

前回の続きです!

それでは今回は新たな身体チェックについてお話ししていきたいと思います。

5)粘膜のチェック

粘膜は皮膚と似ている組織ですが、異常が出てくると皮膚よりも分かりやすい場所になります。

見やすい場所として代表的な場所は目と口の粘膜です。

目の粘膜 | ベイタウンペットクリニック
目の粘膜

口の粘膜 | 海浜幕張 | 動物病院
口の粘膜

この部位で確認すべきことは粘膜の色です。

健康な動物では粘膜はピンク色をしています。
異常が出てくると皮膚のところでお話ししたのと同様の変化を確かめることができます。

赤い  → 炎症が起きている。
青白い → 貧血している。
黄色い → 黄疸の可能性あり。

特にこの粘膜では簡単に血液の流れがしっかりしているかのチェックを行うこともできます。

それは

毛細血管再充満時間

です。
これは口の粘膜のところで主に実施するものですが、血液の循環がしっかりしているかの確認ができます。

方法としては

粘膜を軽く指で圧迫をして「無血状態」にした後、その指を離してその粘膜の色を見ます。
正常であれば1秒以内に圧迫する前のピンク色に戻ります。


うまく見れない方はこちらへ

場所によっては貧血をしていても再充満が正常なこともあるので何カ所かで同様の測定をしてもらうと良いと思います。


次回はいよいよこのシリーズの最後のチェックポイントになります。

つづく



参考文献:Medical History and Physical Examination in Companion Animals ー小動物の問診と身体検査ー
     
CIMG6579.jpg





<お知らせ>
ベイタウンペットクリニックの情報サイトがリニューアルしました!
当院について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。↓
ベイタウンペットクリニックへようこそ!

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ

タロちゃんのホテル日記

こんにちは、樋口です
今日はタロちゃんのホテル日記のご紹介です

ホテル中の様子です
音をつけてご覧ください

ぬいぐるみには興味がありそうでしたが、少し警戒していました
お散歩はいつもどおり元気いっぱいに歩いていました




少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて

ペットフードについて

こんにちは、スタッフ高尾です

今回は『ペットフード』についてご紹介していきたいと思います

日本国内のペットフードの表示は「ペットフード安全法」や「ペットフードの表示に関する公正競争規約」により定められています。対象になるのは犬と猫用のペットフードのみであり、医薬品やおもちゃなどは対象外となっています。


「ペットフード安全法」により下記の5項目をラベルに記載されることが義務付けられています。
1.販売用愛がん動物用飼料の名称
2.原材料名
3.賞味期限
4.製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称および住所

加えて「ペットフードの表示に関する公正競争規約」では下記の4項目を表示するよう指示されています。
5.原産国名
6.ペットフードの目的
7.内容量
8.給与方法
9.成分


そして今回ご紹介するのは「ペットフードの目的」です。

ペットフードは、大きく分けると『主食』と『間食』、そのいずれにも該当しない「その他の目的食」に分かれます。

「総合栄養食」とは。。。
毎日の主要な食事として」給与することを目的とし、そのペットフードと水を与えていれば必要とされる栄養素が摂取できるように作られています。栄養的にバランスのとれたペットフードです。

「間食」とは。。。
本来、栄養素補給としては必要ないのですが、ペットのしつけや運動、ご褒美として与えるなど限られた量を与えることが意図されているペットフードです。

「その他の目的食」とは。。。
嗜好増進、栄養の調整、カロリーの補給、あるいは食事療法に用いる等の目的を満たすフードです。
(一般食、栄養補完食、カロリー補給食、副食、特別療法食などと表示されています)
なお、特別療法食とは、特定の疾患や疾病などに栄養的に対応するために栄養バランスが考慮され、専門的なアドバイスや処方に従って与えることを意図したペットフードです。



一番勘違いしやすいのが一般食です。
なんとなく響きで総合栄養食と勘違いしやすいですが、一般食だけ与えていると栄養のバランスの悪くなってしまいます。
ただし一般食をあげてはいけないわけではなく、しつけのご褒美やおやつとして与えたり、特定の栄養を補うために与えるなど、正しい用途で与えれば「おかず」として機能します。

そして療法食も治療の為の食事になりますので獣医師にご相談の上、与えるようにして下さい。


sougou2.jpg

sougou.jpg

ippan.jpg

ryouhou.jpg

hokan.jpg


是非、普段与えているフードの表示を見てみてください
総合栄養食だと思っていたものが実は一般食だった…ということがもしかしたらあるかもしれませんのでご注意ください!


では、スタッフ高尾でした




少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて

ヨーロッパのワンコたち第11弾

こんにちは、樋口です
前回の「ヨーロッパのワンコたち第10弾」に続きまして(前回までの「ヨーロッパのワンコたち第1弾第2弾第3弾第4弾第5弾第6弾第7弾第8弾第9弾」はこちらから)、今回もパリをご紹介します



今日はモンマルトルへ
DSC03567.jpg

小腹が空いたのでクレープを食べることにしました
P1070317.jpg

折りたたまれているのでクレープには見えないですが、これがまた美味しいんです
チーズとソーセージの濃厚さが最高でした
P1070321.jpg

素敵な街並です
P1070320.jpg

モンマルトルは少し高い丘の上にあるので、坂や階段が多いのが特徴的です
DSC03572.jpg

ワンコ発見です
モジャ仔は水たまりも気にせず歩いていました
DSC03580.jpg
DSC03581.jpg

デパ地下にも行きました
ポップコーンが大好きなので持って帰りたい気持ちはやまやまでしたが、ほかのお土産が入らないと思い、断念
DSC03591.jpg

今回初めてのバス
車窓からの眺めもなかなか良かったです
次はエッフェル塔にのぼります
DSC03592.jpg

エレベーターでひょいひょいとエッフェル塔にのぼりました

奥がかなりガスっています
実はこの日、このガス(?)が原因で電車やバス代、トラム代が無料でした
車も奇数ナンバーが走れる日、偶数ナンバーが走れる日と決まっていました
DSC03603.jpg

こちら側の川の真ん中らへんに自由の女神がいます
NYよりもかなり小さく、日本のお台場にある自由の女神と同じ大きさぐらいです
さらに上に行きます
ここはまだ中間点です
DSC03604.jpg

ta-dah
と言いたいところですが、もやっててあまり見えない
P1070337.jpg
ちょっと残念
P1070338.jpg

でもいいことありました
シャンパンが売られていたんです
P1070349.jpg

いい景色に思えてきました
P1070352.jpg

エッフェル塔を後にし、夕食のレストランへとてくてく歩いていると、何やら発見・・・
この建物は図書館だそうです
建物は本の形をしているんだとか
DSC03615.jpg

初めてパリでトイプードルを見ました
後ろ姿で残念でしたが、貴重です
DSC3770-1.jpg

そして夕食です
大好きなクルトンがかなり美味しく、スープもかなり美味しかったです
DSC03635.jpg

日本人の友達はパテを、
DSC03636.jpg

パリジャンの友達はタルタルを頼んでいました
DSC03638.jpg

私はガッツリステーキを頼みました
DSC03637.jpg

夜も更け、友達宅に帰宅します
DSC03639.jpg

家に着いてすぐ、デパ地下で買ったケーキを食べました
友達(パリジャンの方)はパティシエをやっていて、この人のケーキが美味しいと興奮しながら言っていたので食べてみることに
DSC03594.jpg

青木 定治さんのケーキ、確かにちょうどいい甘さで美味しかったです
日本人には食べ慣れた甘さ
DSC03765.jpg

彼が働くダロワイヨのケーキ
すいません、私はこっち派です
このオペラはものすごーく美味しいんです
甘党であれば軽く2~3個はいけるはずです
実はこれ海浜幕張駅にもあるんです
DSC03766.jpg
この日は満腹の状態でベットに入りました


次回もパリをお届けしますお楽しみに~



ヨーロッパのワンコたち第1弾(バルセロナ)第2弾(バルセロナ)第3弾(バルセロナ)第4弾(バルセロナ)第5弾(パリ)第6弾(イタリア)第7弾(イタリア)第8弾(ロンドン)第9弾(ロンドン)第10弾(パリ)」」はこちらからどうぞ

アメリカ NYのワンコたちもオススメですぜひご覧ください




少しでも「いいね!」と共感して頂いた方はポチッとお願いします。励みになります。 ↓



ツイッター始めました! 
主にブログの更新情報、そしてたまに院長もつぶやいています。
応援よろしくお願いします。↓



ツイッターについて




歯石除去を行った子のご紹介29 麻酔下での歯石除去24 

当院で歯石除去を行った子をご紹介したいと思います。


お名前:ペルちゃん
犬種:イタリアングレーハウンド
年齢:2歳


ペル 歯石除去



処置内容:麻酔下での歯石除去


<処置前の様子>

ペル 歯石除去

ペル 歯石除去




<処置後の様子>

ペル 歯石除去

ペル 歯石除去


まだ若いのに歯石がある程度ついてきてしまったペルちゃん。
歯肉炎も起き始めていたので今回、歯石除去をすることになりました。
今後は歯磨きなどをしてこのキレイになった歯を保てるように私達もできる限りサポートしていきたいと思います。

ペルちゃんお疲れさまでした。


歯周病はさまざまな病気に発展するとても怖い病気です!
ぜひ健康な長生きのために歯のケアをしませんか?
毎日のケア方法から歯石除去まで歯科に関するお悩みがございましたら当院までお気軽にご相談ください。




オーラルケアについて
当院スタッフが歯磨きができるようにお手伝いしています。
キレイな歯を保っていけるように歯磨きをできるようになりませんか?
お気軽にご相談ください。




他の歯石除去を行った子の様子はこちらへ

歯周病に関する記事はこちらをご覧下さい。↓

ペットの歯周病について
 歯の構造と口腔内の環境についてお話ししています。
 歯周病についてのお話をしています。
 歯垢と歯石、バイオフィルムについてお話ししています。
 歯石除去のビフォーアフターについてお話ししています。
 超音波スケーラーによる歯石除去のお話をしています。
 ポリッシングについてのお話をしています。
 麻酔をかける上での術前検査についてお話ししています。

当院での歯石除去の様子をまとめた動画です。↓


うまく見れない方はこちらへ

無麻酔歯石除去についてはこちらへ




<お知らせ>
ベイタウンペットクリニックの情報サイトがリニューアルしました!
当院について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。↓
ベイタウンペットクリニックへようこそ!

セカンドオピニオンについて

当院でのペットの健康管理について  

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ