fc2ブログ

カイトちゃんのホテル日記

こんにちは、樋口です
しっぽをよく振るカイトちゃんのホテル日記のご紹介です
b138.jpg

だっこーとおねだり上手なカイトちゃん
b139.jpg

院内探検も楽しげです
b140.jpg

散歩へは張り切っていきます
b137_20120817175426.jpg

散歩は猛ダッシュ
b141.jpg

頑張ってついていくよ、カイトちゃん~
b142.jpg


また遊びに来てくださいね、待ってます




ロイヤルカナンのフードセミナーについて

こんにちは、樋口です
先日フードセミナーが行われました

今からご説明するフードは以前に載せたこともあるものもありますので、本日はさらっとおさらいをという感じでお伝えしたいと思います。



まずはジュニアケアスキンケアケアプラスジュニアについて・・・

皆さんはお食事を1日に何回食べさせていますか?

目安として
生後3~4カ月→3~4回/日
  5~8カ月→2~3回/日
    9カ月→2回/日

8か月までなぜこんなにも回数を多くあげる方がいいかというと、回数が多いことで消化吸収を高めるからです。


成長期の子犬の為に作られたジュニアケアは特に皮膚に問題のない子にオススメのフードです。
このフードの詳しい説明はこちらをご覧ください

またスキンケアケアプラスジュニアは薬の処方まではいかなくともちょっとした湿疹が出ている子や、今は大丈夫でも後々皮膚疾患になりやすい犬種(シーズーや柴犬など)にオススメです。




次に皮膚疾患の子の為のお食事について・・・

ワンちゃんで皮膚疾患の子の場合はアレルギーを中に入れないよう防いでくれるアミノペプチドフォーミュラ、低分子プロテイン、セレクトプロテインを獣医師から処方してもらい、1~2カ月続けて症状が改善したらセレクトスキンケアに切り替えるという方法がベストだそうです。
セレクトスキンケアについてはこちらをご覧ください。

b272.jpg


もうアレルギーが中に入ってしまっていて炎症を抑えたいという場合でしたらスキンサポートを獣医師から処方してもらい、症状が改善したらスキンケアプラスに切り替える方法をとるのがいいということでした。




次に尿路疾患の子の為のお食事について・・・

pHシリーズはたくさんあって何が違うのかわからないという方も多いと思います。
ですのでメーカーさんの説明をそのまま載せたいと思います
基本的にはすべて特長は同じで、違うのは味くらいだそうです。

共通の特長とは、
ストルバイトを予防可能
ストルバイトを溶解可能
シュウ酸カルシウムを予防可能
長時間の給与が可能
特発性膀胱炎に適応(猫のみ)

といったものです。

pHコントロールスペシャルは美味しいといわれており、pHコントロールライトは肥満予防だそうです。pHコントロールは消化を高めるフードなのでどうしてもたくさんあげてしまい、太りやすなってしまいます。食欲旺盛な子にはpHコントロールライトがオススメです。

pHケアの詳しいご説明はこちら




肥満の子の為のフードについて・・・

犬種にもよりますがだいたい4~5カ月が肥満細胞の数が増加し、そのサイズが拡大してくる月齢になるので、この時期から太りすぎにならないように注意が必要です。

もし、すでに肥満になってしまっている場合は、満腹感サポートや減量サポートを獣医師から処方してもらい、減量した後にウェイトケアというフードに切り替えるのが理想的です。
ウェイトケアは去勢・避妊手術をしていないワンちゃんに、ニュータードケアは去勢・避妊手術をしているワンちゃんにいいと言われています。
体重を減らしたい子にはウェイトケアを、今の体重を維持したい子には、ニュータードケアをと当院ではオススメしています。
ウェイトケアについてはこちらニュータードケアについてはこちらをご覧ください。




中・高齢の子の為のフード・・・

pHケアの機能も付いているエイジングケアは健康な高齢犬に適したお食事になっています。
小型犬ですと7~8歳、大型犬ですと6~7歳がシニアといわれています。
この年齢で何も病気がないようでしたらエイジングケアへの切り替えがオススメです。
このフードの詳しいご説明はこちらをご覧ください。




最後に、動物に必要な栄養バランスはライフステージごとによって異なります。
動物の成長は人間の数倍の速さで進みますので、それぞれのライフステージに合わせた栄養管理をすることが長生きにつながります。
これを機にワンちゃんの栄養について考えていただければ幸いです。




ココちゃんのホテル日記

こんにちは、樋口です
ココちゃんのホテル日記のご紹介です
b101.jpg

一生懸命こちらにやってきてくれました
b103.jpg

ココちゃん可愛いね~
b102.jpg

くんくん中です
b104.jpg

散歩でもくんくんを欠かしません
b105.jpg

気になると瞬時に反応します
b106.jpg


また機会があれば是非遊びに来てくださいね




院長のつぶやき41 病院に来ると症状が無くなってしまうんです・・・。

前回の続きです!

Q3 愛犬がよく咳をする。でも病院に連れてくると全くしなくなる。こういうときはどのタイミングで診察してもらえばよいのでしょうか?

ワンちゃんはこのように病院に来るとその症状が無くなってしまうことがよくあります。

・家では足を痛がって挙げていたのに、病院内では普通にその足を使い歩いている。

・家では元気がなかったのに、病院に来ると走り回る。

などなど、心配で病院に来たのに病院に来たらその症状が無くなってしまった。
そのような経験をした飼い主様は多いのではないでしょうか?

なぜ症状が無くなってしまうのかは詳細な理由は分かりません。

おそらくは病院に来ると、ワンちゃんは多少なりとも緊張をするのでちょっとした痛みなどは隠してしまうのではないかと思います。

しかし家のリラックスした環境で出ている症状が実際のその子の症状です。
病気の早期発見のためのサインかもしれませんので先生にしっかり伝えてもらうのはとても大事なことです。

その家で見せる症状を確実に病院の先生に伝えるには一つの方法があります。


それは、携帯やカメラなどで動画を撮って頂く

ということです。
画質や大きさなどにもよりますが、その動画を先生に見せれば診断のヒントにはなるのは間違いありません。
診察中にもし咳をしなくてもその動画があれば、身体検査と総合して原因の特定に近づけると思います。
ぜひ余裕があればよろしくお願い致します。


そして今回の質問に関して言えば「咳」ということだったので、せっかくなので少し咳の原因に関してお話ししたいと思います。

咳が出る主な原因は
①気管などの上部呼吸器の炎症
②気管支炎や、肺炎など下部呼吸器の炎症
③気管虚脱
④心臓の問題(心肥大や肺水腫など)


が挙げられます。(細かい原因はもっとありますが病院でよく遭遇する原因はほとんどこの4つです。)

①の場合は喉の辺りを触ると咳こむかどうかで喉付近に炎症があるかが判断できます。
②は①に比べてとても苦しい状態なので、『はぁはぁ』と口で息していることがあります。
③の場合は典型的な気管虚脱であれば『ガーガー』とガチョウのような声が出ます。
④の場合はちょっと興奮したり、食事を食べたり水を飲んだりしてもそれが刺激になり咳こみます。

それぞれの判断は自宅では難しいと思います。
安静にして咳が落ち着くようであれば緊急性はないかも知れませんが、なるべく早めに病院に行くことをおすすめします。
どの原因で出ている咳がだとしても無治療のままにしていると命に関わる可能性があるからです。

今回挙げた咳の原因に関しては今後また機会を作ってお話ししていきたいと思います。


つづく



<お知らせ>

新しいフードサービス始めます!

当院でのペットの健康管理について

※いままでの『院長のつぶやき』をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
 → つぶやきのまとめ

リボンちゃんのホテル日記

こんにちは、樋口です
リボンちゃんのホテル日記のご紹介したいと思います
a2026.jpg

一生懸命お手をしてくれるリボンちゃん
a2025.jpg

椅子の音に瞬時に反応しています何か気になる様子、、、
a2027.jpg

ぐいぐいと引っ張ってどこまでもお散歩に行ける勢いです
a2029.jpg

くんくんも欠かしません
a2028.jpg

とても愛嬌のあるリボンちゃん、また遊びに来てくださいね
a2024.jpg



プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ