fc2ブログ

2012年合同学術講演会 参加


どうも!院長です。

先日私は

日本ヒルズ・コルゲート株式会社
DSファーマアニマルヘルス株式会社

の合同学術講演会に参加してきました。


今回の講演内容は

1) 猫の甲状腺機能亢進症の診断と治療 〜 新たなステップへ 〜
 ①日本における猫の甲状腺機能亢進症の診断および治療の現状と問題点
   西飯 直仁 先生 
   鳥取大学 農学部獣医学科 
   獣医薬物治療学分野 講師

 ②猫の甲状腺機能亢進症 
   〜 最新の知見と新たな管理法 〜
   Dr. Todd Towell 
   マーク・モーリス研究所


2) 消化管運動障害における診断と治療
 Dr.Robert J.Washabau  
 ミネソタ大学
 獣医学部内科学教授・獣医臨床学科長

と、国内外の著名な先生によるとても充実した講演会でした。

今回のセミナーで皆様に特に知っておいてほしい内容をひとつピックアップするとすれば、

やはり「猫の甲状腺機能亢進症」に関してでしょう。

以前のセミナーの報告でも少し説明した病気ですが、この病気は今まで日本では外科療法と内科療法が治療の中心でした。

それが本セミナーにおいて

「今までなかった栄養療法という新たな治療方法が確立された」

という画期的な内容の講演だったため、今回のブログではこの新しい治療法をふまえ、猫の甲状腺機能亢進症について順序立てて説明したいと思います。




そもそも甲状腺とは首のところに存在する臓器で、体のさまざまな大切な機能(代謝、体温、心拍数、消化器機能など)を調節する甲状腺ホルモンを産生します。

甲状腺機能亢進症は、この甲状腺が肥大し、過剰な甲状腺ホルモンが産生・放出されてしまう病気です。
治療しないでおくと心臓や腎臓などに大きなダメージを与え、死に至ることもあります。

甲状腺機能亢進症は、老齢猫における重要な病気であり、犬における発生はほとんどありません。(犬では甲状腺機能低下症になっていきます。

<症状>
体重減少、多食、食欲低下、多飲多尿、行動の変化(凶暴化するなど)、嘔吐、下痢、脱毛、頻脈、呼吸困難など多様なものが出てきます。

確定診断は、甲状腺ホルモンの測定になります。

上記のような臨床症状と甲状腺ホルモンの過剰が認められれば「甲状腺機能亢進症」として治療が必要になります。

<治療>
今まで大きく3つの治療方法がありました。

①外科療法
異常になった甲状腺を切除する。

②内科療法
甲状腺ホルモン合成を抑制するお薬を飲ませていく。

③放射性ヨード療法
海外では行えるが、日本では法律上行うことができない治療。

つまり日本において甲状腺機能亢進症の治療というと、放射線ヨード療法は行うことができないので、実質的に外科療法と内科療法の二つの方法しかありませんでした。

しかし、この二つの治療方法は、それぞれ問題がありました。

外科手術に関しては術後に甲状腺機能低下症や低カルシウム血症など別の病気になってしまう。

内科療法に関しては猫ちゃんが投薬自体難しく毎日の薬が続けられなくなってしまう。

そのような理由があり、なかなか思ったような治療ができないことが実際の現場の現状でした。

そんな猫の甲状腺機能亢進症の新しい治療として本セミナーで説明されたのが「栄養療法」、つまり

フードを食べさせるだけで治療ができる

ということなのです。

甲状腺は、食事で摂取する「ヨウ素」という成分を利用して甲状腺ホルモンを作ります。
この「栄養療法」では
日常の食事で摂取するヨウ素の量を制限することにより、甲状腺ホルモンの産生を減少させることができる。
つまり毎日の食事を低ヨウ素食にすることによって「甲状腺機能亢進症」を管理できるとのことなのです。

薬を毎日あげることが難しい猫ちゃん達にはもってこいのまさに革命的な治療方法だと私は思いました。

セミナーでは、いままで内科療法を行っていた猫ちゃんの栄養療法への切り替えだったり、多頭飼いのお宅での食餌の管理方法など具体的な例も分かりやすく説明していたので、今日からでもすぐできる治療方法だと思いました。

最後にそんな「猫の甲状腺機能亢進症」を疑わせる症状のチェックリストを示しますので、参考にしてみてください。

チェックリスト
 食欲旺盛なのに体重が減少
 下痢や嘔吐
 水を良く飲む
 皮膚や被毛の状態が悪い
 活発である(年齢にあわない活発な動き)

上記の症状が見られる高齢の猫ちゃんは要注意です。

気になる方はお近くの病院へ相談することをおすすめします。


この猫の甲状腺機能亢進症は

①年を重ねるほどに、発症しやすくなる。

②病気の期間が長いほど、症状は重症化する。


という特徴があるため、早期発見早期治療がまさに大事な病気と言えます。

早期の段階では上記のような症状も出ていないこともあるため、ある程度年を取ってきた猫ちゃんでは定期的に甲状腺ホルモンを調べてあげることが重要です。

ちなみに当院では7才以上の猫ちゃんにおいては年に一回、甲状腺ホルモンを測定することをおすすめしています。

毎年甲状腺ホルモンを測定し、

正常値だったら一安心。
異常値が出たら早めに治療し、悪化をさせない。


そんな治療ができればベストだと考えております。

甲状腺機能亢進症は現在、診療日誌でお話ししている慢性腎不全とも密接に関わる高齢猫の代表的な病気です。

高齢猫ちゃんのマイペースな生活をなるべく自然なかたちで維持していきたい。

それを目指して当院では日々診察を行っております。

以上、院長でした。
3月もセミナーがいくつかあるので、参加した際はまたこのブログを通じて報告したいと思います。






当院では病気の早期発見早期治療を目的とした健診をおすすめしています。↓
ライフステージごとの健診のすすめ




腎臓についてのレポート

こんにちは~看護士の中澤です
まだまだ寒い日が続いていますがみなさんカゼなど引かれてないですか?僕の方は相変わらず元気に過ごしてます

あ、そういえばずっと気になっていた「荒川アンダーザブリッジ」が公開したんで僕さっそく観てきちゃいました~

笑いありそして以外に泣ける・・・

本当にオススメですよ~

まだ観てない方はぜひぜひ観てほしいです

そしてそして我がクリニックの院長の描く長編ストーリーのほうも公開されはじめました~
なので今回はその補足として腎臓に関して簡単に説明してこうと思います。


腎臓の働き
・尿をつくる

・エリスロポエチンというホルモンを作る
※エリスロポエチンとは腎臓によって作られる造血ホルモンです。骨髄に作用して赤血球が作られるのを促します。

・水分を調節する(必要な水分を体にとどめ、いらない水分をおしっこで出す)



「急性腎不全」と「慢性腎不全」の違い
腎不全は急性のものと慢性のものに分けられます。
急性腎不全は数時間~数日の経過で起こり、腎臓が機能しなくなる状態のことです。
原因としては腎毒性の物質による中毒(鉛、砒素、殺鼠剤、医薬品、ぶどうなど)です。
早期に原因を特定して治療をおこなえば回復させられることが多いですが対応が遅れると命にかかわる状態になりかねません。
※ぶどう中毒・・・現在でもぶどうの何が中毒の原因かわかっていません。中毒を引き起こす摂取量にもバラつきがあり、たくさん食べても発症しないワンちゃんもいますし一口食べただけでも亡くなってしまうワンちゃんもいます。


慢性腎不全は数ヶ月~数年の長い時間の経過で起こり、腎機能が少しずつ低下していき最終的には全く機能しなくなり亡くなってしまいます。原因は慢性腎炎(糸球体腎炎、間質腎炎、腎盂腎炎)や遺伝によるものや急性腎不全から発展するものなどがあります。基本的には完治はできません。




犬と猫の腎臓病の違い
腎臓には血液を「ろ過」する働きと、必要なものを「再吸収」する働きがあり、犬の腎臓はろ過に重点をおいたもの、猫の腎臓は再吸収に重点を置いたつくりになってます。
<猫の腎臓病の場合>
腎臓の再吸収する働きがさがる
     ↓
体がもってる体液を失ってしまう
     ↓
点滴で補ってあげれば症状を改善することが出来る


<犬の腎臓病の場合>
腎臓のろ過する機能が低下する
     ↓
体中の毒素が多くなる
     ↓
尿毒症になり症状が重くなりやすい
     ↓
犬のほうが深刻な状態に陥りやすい


腎臓病の症状
腎機能が低下することにより、老廃物が体に溜まることを尿毒症といいます。尿毒症は食欲不振、消化器症状(嘔吐、下痢)けいれんなどがでます。
また、腎不全は水分を調節する機能を低下させるので、必要な水分まで尿として出してしまい脱水を引き起こします。脱水するのでのどが渇き水を飲む量が増えるという症状もでます。


治療
腎不全の治療の目的は病気の進行を遅らせることと、生活の質を向上させることにあります。
・食事療法
食事中のタンパク質とリンを制限することによって病気の進行をおくらせます。
各メーカーから様々な療法食がでてるのでよく食べてくれるものを選びましょう

・輸液療法
非経口的(口から飲むこと以外の方法)に水分を体内に送り脱水を改善させ病気の悪化を防ぎます。輸液療法は皮下点滴と静脈点滴に分けられます。
皮下点滴は通院で短時間におこなえます。しかし病気の末期では点滴の液を吸収できなくなるのでつかえません。
静脈点滴は24時間動物の状態に合わせて点滴をおこなえますが、入院する必要があるためストレスがかかってしまいます。


さいごに
腎臓の病気はうまく付き合っていくことのできる病気です。
病気の『早期発見』『早期治療』が重要になってきますので定期的な診察は有効です。
お散歩やお買い物のついでなんかに気軽に健診をしにきてくださいね







一般的な獣医さんの診療日誌 カルテNo. 3 多くの中高齢ネコちゃんの悩み ~慢性腎不全~ ④

前回までのエピソードはこちらです。↓

一般的な獣医さんの診療日誌 カルテNo. 3
 多くの中高齢ネコちゃんの悩み ~慢性腎不全~ ①

 多くの中高齢ネコちゃんの悩み ~慢性腎不全~ ②

 多くの中高齢ネコちゃんの悩み ~慢性腎不全~ ③


そんな穏やかな日々が続くなか、突然その日はやってきました。

慢性腎不全がわかってから約1年半が経過したくらいでした。

具合が悪いとのことで来院した甘夏ちゃん。

小山さんいわく数日前から少し動きが悪いかなぁとは思ったものの食欲はあったため気にしていなかったそうです。

しかしその日は朝から元気がなく、大好きなフードも数粒食べただけでやめてしまい、その食べたものも30分ほどしたら全部吐いてしまったとのことでした。

診察台に乗った甘夏ちゃんは前回見せてもらった時より目に力もなくうつろな状態に見えました。

体重は3.45kg。以前と特に大きな増減なし。

皮膚を触ると軽度の脱水所見が認められました。

体温は37.0℃(ネコの平熱はだいたい38~39℃)いつもより1℃近く低くなっていました。

血液検査をすると

HCT: 36.0 %  
BUN: 60.0 mg/dl  ↑(以前は34.1mg/ml)
CRE: 4.6 mg/dl ↑  (以前は2.0mg/ml)
P: 9.0 mg/dl ↑   (以前は4.0mg/ml)


  [解説]

・ヘマトクリット値(HCT)
[参考正常値:32~45]
 貧血・脱水の指標


・血液尿素窒素(BUN)
[参考正常値:17.4~32.8]
 血液中の窒素性老廃物。
 おおざっぱな表現をすると
  「タンパク質の使われた後の残りカス」。
 主に腎臓の機能が悪化すると上昇してきます。

・クレアチニン(Cre)
 [参考正常値:0.8~1.8]
 筋肉中の物質から出る老廃物。
 BUNよりもより正確に腎機能の状態を表す。
 腎機能悪化により上昇します。

・リン(P)
 [参考正常値:2.6~6.0]
 腎機能の指標。
 腎不全がかなり進行してくると上昇してきます。







明らかな腎機能悪化が認められたのでした。

この数値を見せるとある程度覚悟はしていたのか無言でうなずく小山さん。

いままで安定していただけにこの変化は私にとっても大変残念なことでした。

この状態のままでは命に関わる状態。

私は小山さんに次の提案をしたのでした。

「甘夏ちゃんはだいぶ腎臓の状態が悪くなっています。
いままで処方食とお薬によりなんとか進行を抑えていた腎不全がついに抑えきれずに悪化してしまったようです。
このままでは体の中にどんどん老廃物や毒素が貯まっていき最悪な場合は亡くなってしまう可能性もある危険な状態です。
改善させる方法としては脱水の改善のための点滴をさせてください。
その点滴をすることで結果として体の水分量が増えるので、尿がたくさん出るようにもなります。
尿がたくさん出ればその分、体の中にたまった悪い老廃物を出してあげることができ、それが甘夏ちゃんの今の気持ち悪い状態を改善させることができるからです」


はじめ動揺を隠しきれず落ち着かない様子の小山さんでしたが、私が話を進めるにつれ徐々に冷静さを取り戻してきました。

この数日の甘夏ちゃんの様子を見てただならぬ様子だと思っていたらしく甘夏ちゃんの様子を改善させるために何かできることはないかと、最後は自分の意見も伝えつつ、真剣に私の話を聞いていただけるようになりました。

つづく






当院では病気の早期発見早期治療を目的とした健診をおすすめしています。↓
ライフステージごとの健診のすすめ

過去の診療日誌をご覧になりたい方はこちら


ラッキーちゃんのホテル日記

今回泊まりに来てくれたのは病院大好きダックスのラッキーくんです
いらっしゃいませ~
2011.2.08 002
ホテルに着いてそうそう超リラックスモードのラッキーくんです




昼休み、ラッキーちゃんは探検にでかけました~
いってらっしゃーい
2011.2.08 010





秘密のフード置き場見つけられちゃいました~
2011.2.08 032





上におもしろいものあったのかな
2011.2.08 035
けど、そこにあるのみんなが苦手なお薬だけだぞ~






探検終わるとスタッフの所に行き・・・・
2011.2.08 001
なでなでして~とごろーん
かわいい(≧▽≦)




ラッキーちゃんホテル中トリミングもしました
2011.2.08 063
さらに可愛さが増したね~
しかもしっかりカメラ目線してくれました( ^o^)



短い期間でしたがホテル楽しんでくれました?
また、待ってるよ( ^o^)ノ








一般的な獣医さんの診療日誌 カルテNo. 3 多くの中高齢ネコちゃんの悩み ~慢性腎不全~ ③

前回までのエピソードはこちらです。↓

一般的な獣医さんの診療日誌 カルテNo. 3
 多くの中高齢ネコちゃんの悩み ~慢性腎不全~ ①

 多くの中高齢ネコちゃんの悩み ~慢性腎不全~ ②


見た目ではわからぬ腎臓の変化に驚きを隠しきれない様子の小山さん。

「慢性腎不全です」

私はその結果を説明しはじめました。

一般的に血液検査では腎機能が75%以上失ってようやく腎臓の数値が上がってくると言われています。

逆にいえばそこまで悪くならなければ血液の数値には異常が現れません。

他の検査に関して言えば尿検査によって早期の腎不全を発見できることもありますが、個体差があるためどうしても発見が遅れがちになってしまうのがこの慢性腎不全の特徴です。

甘夏ちゃんの場合も尿検査をしていましたが、そちらでは腎機能低下の兆候は見えていなかったため、発見が難しくお年のネコちゃんにはまさに要注意の病気といえます。

小山さんと相談の結果、1か月前の血液検査の時にお話ししていた腎臓に良い処方食と、循環を良くして腎臓の保護作用もある血管拡張薬を開始することになりました。

処方食は、病気の状態に合わせた組成で作られている病院専用フードです。

腎臓病の場合は腎臓病を悪化させる栄養素である「リン」や「タンパク質」を制限してあることが大きな特徴の一つになっています。

ある程度お年をとってきて腎不全の心配が出てきている子に関しては早い段階でフードを切り替えるだけでもお薬などに頼らずとも腎機能の悪化を防ぐ効果が期待できます。

血管拡張薬とは腎臓内の血管を拡張させて腎臓の負担を和らげることによって慢性腎不全の進行を遅らせる効果が期待できる薬になります。





それから1か月、甘夏ちゃんは処方食とお薬を頑張ってくれました。

幸いにも食欲が強い子なので、処方食は喜んで食べてくれました。

そしてお薬に関しても小山さんいわく、初めは口に入れることを嫌がっていた甘夏ちゃんでしたが、徐々にではありますが素直に飲んでくれるようになったそうです。

もちろん小山さん自身がお薬を飲ませることがうまくなったことも薬を継続できた大きな要因だと私は思いました。

経過の診察のたびにお薬を与えることの苦労を語りつつも一生懸命な小山さんに、私は小山さんの甘夏ちゃんに対する深い愛情を感じました。

そして治療開始から1か月が経った甘夏ちゃんの血液検査の結果は、肝臓、腎臓ともに改善していたのでした。

BUN:34.1 mg/dl  ↑  (前回は38.0mg/dl)
CRE:2.0 mg/dl  ↑
   (前回は2.8mg/dl)
P:4.0 mg/dl
(肝臓の数値は省略)


  [解説]

・血液尿素窒素(BUN)
[参考正常値:17.4~32.8]
 血液中の窒素性老廃物。
 おおざっぱな表現をすると
  「タンパク質の使われた後の残りカス」。
 主に腎臓の機能が悪化すると上昇してきます。

・クレアチニン(Cre)
 [参考正常値:0.8~1.8]
 筋肉中の物質から出る老廃物。
 BUNよりもより正確に腎機能の状態を表す。
 腎機能悪化により上昇します。

・リン(P)
 [参考正常値:2.6~6.0]
 腎機能の指標。
 腎不全がかなり進行してくると上昇してきます。





その結果をみて素直に喜ぶ小山さん。

腎機能は正常値まで回復するには至りませんでしたが、明らかに1か月前に比べ良くなっていたので、私も甘夏ちゃんと小山さんの頑張りが成果として現れたことを純粋に喜びました。

それ以降も処方食とお薬は継続していき、定期的に血液検査をしながら様子を見ていきました。

その後、甘夏ちゃんは大きく体調を崩すことなく穏やかな生活を過ごすことができました。

小山さんが明るく前向きな方だったこともあり、しっかり自宅での治療を行ってくれていたこともその穏やかな生活を保てていた大きな要因だったのでしょう。

甘夏ちゃんの腎臓の数値が落ち着いていることに素直に喜ぶ小山さんの姿を見て私は共感を覚えるとともに、私も頑張ろうと逆に励まされる思いがしたくらいでした。

甘夏ちゃん自体も来院を重ねるごとに病院に馴染んできてそのうち診察台の上でゴロゴロ喉を鳴らしながらおなかを見せる余裕を見せるようにまでなってくれました。

そのため、そんなゴロゴロいう甘夏ちゃんを触りながら小山さんと楽しく会話をしながら診察をするのが私の楽しみのようにもなっていきました。



そんな穏やかな日々が続くなか、突然その日はやってきました。

つづく






当院では病気の早期発見早期治療を目的とした健診をおすすめしています。↓
ライフステージごとの健診のすすめ




プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター
月別アーカイブ