FC2ブログ

フィラリア予防

こんにちは!看護師の千葉です

そろそろ春も近づき、桜がきれいな季節になってきました
病院も繁忙期になりますので、余裕を持ってご来院ください!


さて、今回は春から予防の時期になります『 フィラリア症 』についてお話したいと思います。

フィラリアとは、内部寄生虫(体内に寄生する虫)の一種で、蚊によって媒介され、刺されることで犬などの心臓に寄生します。
心臓に寄生する事で、肺・肝臓・腎臓などに引き起こされる疾患を総称してフィラリア症(犬糸状虫症)といいます。


フィラリア症になると、どんな症状が出るのでしょうか?
〇疲れやすくなり散歩などの運動を嫌がる
〇乾いた咳をする

※初期の段階だと症状が現れないこともあります。

重度になると・・・
〇元気食欲がなくなる
〇呼吸困難
〇腹部が張ってくる
〇血尿が出る

などの症状が現れた場合は、放っておくと命に関わる事もあります。


フィラリア症を予防するには、定期的な投薬が必須です!!
1ヶ月に1回の飲み薬、又は1年に1回の注射があります。

フィラリアのお薬は、体内に入ったフィラリアを駆除するものなので駆虫薬になります。その為、蚊が出始めて1ヶ月後から蚊がいなくなって1ヶ月後まで投与する必要があります。関東の場合は5月~12月が予防期間です。

また、通年予防をしているわんちゃん以外は、毎年予防を始める前に、必ず血液検査を行って、感染していないかを確認する必要があります!
万が一感染していて予防薬を投与してしまうと、一度に大量のフィラリアが死滅し血管内で詰まってしまい、ショックを起こして最悪の場合死に至る可能性もあります。

投薬方法や期間を間違えなければ、しっかりと防ぐ事が出来ます
シーズン最後の予防がとても重要ですので、全ての投薬が無駄になってしまわないように、12月までしっかりと予防を行ってあげましょう!


≪予防薬の種類≫
・クッキータイプ
イベルメック

フィラリア以外に、お腹の寄生虫も予防出来ます


・錠剤タイプ
パナメクチン

フィラリアのみの予防


・お肉タイプ(オールインワン)
スペクトラ

フィラリア以外に、ノミダニとお腹の寄生虫も予防出来ます


・錠剤タイプ(オールインワン)
パノラミス


フィラリア以外に、ノミダニとお腹の寄生虫も予防できます


・注射タイプ

フィラリアのみの予防で、『お薬が飲ませるのが大変!』『毎月飲ませるのを忘れちゃう!』という方におススメです



※予防薬にはいろいろな種類があるので、愛犬にあったものを選んで投与をしてあげましょう!

以上、千葉でした。

肥満についてのお話

こんにちは!看護師の長沼です。

今回は、わんちゃんねこちゃんの肥満についてお話ししようと思います

「うちの子最近重くなってきたかも・・・
「うちの子くびれがないなぁ~
「クリスマスとお正月でおやつあげすぎちゃったかな?」
このようなことを心の中で思っている飼い主様はいませんか?
もしかしたら肥満になりはじめてるかもしれません

Q.どこからが肥満なの?
A,理想体重の目安は1歳のころの体重といわれています
また、体型をみてお腹周りがくびれてなんとなく肋骨が触れるくらいがベストです

当院受付に体を触った時の目安がわかる模型がおいてありますので
是非ご来院された際は触ってみて下さい

IMG_4785.jpeg


Q.肥満になるとどうなるの??
わんちゃんの場合
心臓病・関節炎・椎間板ヘルニア・膵炎・呼吸困難・がんなど・・・
ねこちゃんの場合
糖尿病・心臓病・関節炎・尿石症・がんなど・・・

動物も人と同じように、肥満になると様々な病気になるリスクが出てきます。


Q.どうやって痩せればいいの?
A.食事管理を見直すこと
動物が運動で痩せるのはなかなか難しいので、一番いい方法としては食事の管理です。
例えば・・・
ダイエットフードに変える
ごはんの量を少し減らす
1日のトータル量は変えずにご飯の回数を増やす
などがあげられます
ごはんの量を袋の裏に書いてある通りに与えてるのに太るという子はプラスでおやつをあげていませんか
記載されているだいたいのものが、1日で必要なカロリーを目安に計算された1日の摂取量です
そこにプラスでおやつをあげていればカロリーオーバーになります
おやつを与える時はその分ご飯の量を減らしましょう!

当院ではその子にあった1日のトータルカロリーを計算してお教えすることもできますので
ご希望の方はお気軽にスタッフまでお声掛けください

また、今月から当院で検査ができるようになった
『腸内フローラ検査』では、
腸内の痩せ菌や肥満菌などのバランスを調べることが出来ます
ご興味がある方は是非こちらもご検討ください♪
※わんちゃんも検査できます

以上!長沼でした^^

猫の腎臓病について

こんにちは!看護師の千葉です

今回は、猫の死亡原因でがんの次に多い『腎臓病』についてお話したいと思います。

腎臓病と言っても、猫の場合に多いのは、腎臓が徐々に炎症を起こして線維化し、腎臓が衰えて機能しなくなる慢性腎臓病です。
7歳以上のシニア猫ちゃんのうち、3~4割の子で腎臓病を患っていると言われています。


なぜ、そんな腎臓病が多いのでしょうか?

はっきりとした原因はわかっていないのが現状ですが、猫は元々砂漠に住む動物で、水分を有効に使うために尿を濃縮して排泄する為、それが原因で腎臓に負担がかかりやすいのではと言われています。
しっかりとした食事管理をしていても、高齢になると腎臓病になってしまう猫ちゃんが多くいるのです。


腎臓病になってしまったら

腎臓は一度壊れてしまうと治る臓器ではありません。
その為、腎臓自体を治療するのではなく、嘔吐や脱水などの症状を抑える対症療法が中心となります。
また、腎臓病の進行を遅らせる効果のある薬や、腎臓病に対応した療法食もありますので、その子にあった治療を行いましょう。


規則正しい生活を送っていても、高齢になると避けては通れない病気の一つです。
定期的な健康診断を受けることで、病気の早期発見・早期治療を行ってあげることが大切です。

高齢の猫ちゃんが増えてきていますので、出来るだけ快適にストレスの少ない生活が送れる事が、一番の幸せだと思います。


家くん191126


まだ2才の家康ですが、これからもずっと元気に過ごせますように


以上、千葉でした

膀胱炎について

こんにちは!看護師の千葉です

寒い寒い冬が近づいてきて、嫌な季節になってきました。
早めに防寒具を準備しなくてはと、そわそわしています

さて今回は、特に猫の発病率が高い『膀胱炎』についてお話したいと思います。
もともと砂漠に住んでいたねこちゃんは、水が少なくても生きていけるように、体内の水分を大切に使う生き物のため、その体質から泌尿器系の病気になりやすいと言われています。


こんな症状が出たら要注意!!
・何度もトイレへ行く(頻尿)
・トイレへ行くがほとんど尿がでない
・排尿姿勢をとってから尿が出るまで時間がかかる
・血尿が出る
・排尿時に鳴く
・陰部をよく舐める


膀胱炎になっているかもしれません
早めの受診をおすすめします


膀胱炎になる原因とはなんなのでしょうか?

①細菌感染
外部から入った細菌が、なんらかの原因で防ぎきれず、膀胱や尿道の粘膜を傷つけ炎症を起こすことで発症します。
肛門と陰部が近く尿道が短いメスの方が起こりやすいと言われています。

②結晶、結石
食事内容や体質によって、泌尿器にできた結晶や結石が膀胱粘膜を傷つけることで発症します。

③特発性膀胱炎
『特発性』とは、原因が特定できない、あるいは原因不明という意味です。特にねこちゃんでは、膀胱炎の約6割が特発性だと言われていて、原因がはっきり特定できないで膀胱炎の症状が見られる事があります。
発症要因の1つとして、ストレスがあると考えられています。
清潔なトイレを多く設置(頭数+1)したり、清潔な水がいつでも飲めるようにしたり、安心してくつろげる場所を作ったり、遊ぶのが好きな子は遊んであげるなど、普段からストレスの少ない生活を送れるようにしましょう。


膀胱炎になってしまったら!!

〇水分をたくさん取らせて排尿を促し、膀胱内を綺麗にする事が大切です。
〇細菌感染を起こしている場合は、抗生剤による投薬で治療します。
〇結石や結晶の膀胱炎の場合は、療法食などで治療します。
〇療法食で改善が見られない場合は、外科的に摘出しなければならない事もあります。


ひどくなると〝命の危険″

膀胱炎がひどくなり尿道が詰まってしまうと、尿道閉塞になり尿がほとんど出なくなってしまいます。
この状態が何時間も続くと、腎臓の機能が著しく低下し、通常は尿と一緒に体の外へ排泄される有害物質が体内にたまってしまい、放置すると死に至るとても危険な状態になります。この状態を『尿毒症』といいます。
尿が出にくくなり、ぐったりして、嘔吐を繰り返すなどの症状がある場合は、早急に動物病院へ。


私の愛猫も若いころに膀胱炎になり、全く尿が出なくなり、尿毒症になってしまった事があります。
当時働いていた病院で、緊急手術をしてもらって難を逃れました
療法食を与えていたのですが、その後も何度か膀胱炎の症状が出た事がありました。1度発症すると何度も繰り返してしまう事が多い為、適切な管理が必要だと身に染みて感じています。
今は17歳になり元気に過ごしています


毎日の事なので、見逃してしまう事もあるかと思いますが、愛犬愛猫の排尿の様子を観察してみて下さい。
何か異常があった時に、すぐに気づける事があるかもしれません。
おかしいなと思ったら、お気軽にご相談下さい。

以上、千葉でした。



<お知らせ>

秋の健康診断キャンペーン 


白内障についてのお話し

こんにちは!看護師の長沼です

梅雨も終わり、8月になり本格的な夏に突入しましたね
皆さん夏休みの予定は決まりましたか私は、、仕事です(笑)
ですが最近車を買ったのでお休みの日はドライブしようと考えています


さて今回は、高齢犬に多い白内障について書こうと思います

最近・・・
「眼が白い気がする・・・
「よく物にぶつかるようになった
「物音がすると震える(怖がる)ようになった
このような症状はありませんか??
もしかしたら白内障がでてきているかもしれません

(1)白内障ってどんな病気?
白内障とは、眼の水晶体(レンズ)が白く濁り視力が低下する病気です。
症状が進行すると失明することもある病気です
原因は、加齢によるものも考えられますが、その他には糖尿病による合併症、遺伝などがあります。

(2)白内障の症状は?
最初に書いたように、見た目では眼が白くなってきます。
うちの子ティアラも高齢になってから白内障になりました

1281-0.jpeg

左眼(向かって右側)に白い○があります。これが白内障の症状です
同じく目が白く濁って見える「核硬化症」という水晶体が老化してくる病気がありますが
これは視力に影響はないものです
また、白く濁るほかにも・・・視力低下により物音に敏感なる、物にぶつかるなどがあります。

発症してまったら点眼薬で白内障の進行を遅らす、
または専門医での外科的治療が基本になります。

もし白内障がでてきて愛犬に自宅でできることとすれば
室内で過ごしているのであれば、物の位置を変えない事です
いつもいる場所であれば眼が見えていなくても物の配置をだいたいは記憶していますので
物の位置を変えることによって逆にその子からしたら不便になる事もあります
また、愛犬に触れる時は声をかけてから触ってあげるのもいいと思います
大好きな飼い主さんに触られるのも目が見えてない子からするとびっくりしてしまいます
一声、「触るよ~」とか「抱っこするよ~」と言ってあげるだけでも安心するので気にかけてあげて下さい♪

ここ1ヶ月の間にも「最近眼が白い気がするのでみてください」と
ご来院された患者様の中でも数件白内障がみつかっています
少しでも気になる症状がある方は是非1度健診にいらしてくださいね

以上!長沼でした
プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター