FC2ブログ

スタッフのつぶやき51「虫アップデート」

こんにちは! ダンゴムシ20匹と暮らす獣医師、古賀です。

先日家の前に居たカミキリムシを捕まえて保育園に持って行ったところ、保育園のお兄さんからヒーロー扱いされたことによって娘の昆虫採集に拍車がかかりまして、ダンゴムシを山のように虫かごに捕まえてきては、毎日のように霧吹きをしています。ダンゴムシって煮干しとか人参も食べるんですって、でも枯れ葉食べるだけで生きて行けるそうです。すごいですね

さて 先日のアップデートです

大切に飼っていたカブトムシの幼虫さん なんと私たちに見えるところでさなぎに!

写真 2018-06-04 6 41 35



わー!茶色くなってる!オスかな?メスかな? ライトでさなぎの部屋の中を照らしてもよく見えませんが、無事成長しているようでした
更に左下にも幼虫のお部屋が!期待が高まります

しかし左下の部屋はいつまでたっても茶色くならない というか 黒くなってる・・・
し、さらによく見ると… ギャー なんかダニみたいのがわいている!!

ネットでさっそく調べると元々よくカブトムシにはいる虫だそうです  


が それにしても明らかに多いし そもそも幼虫黒い 多分お亡くなりになってしまったのでしょう。.....うぅぅぅ

でも一匹さなぎがいるから大丈夫 

増えるコバエと戦いながら(苦笑)見守っていましたが いつまでたっても成虫になりません。

そしてつい先日  懐中電灯で照らしてみてみたところ…

黒くなってるー!!! あぁぁぁ ダメそうです。

諦めて土を掘り返しましたが 溶けたようなさなぎの残骸がいました。(写真閲覧注意?)




写真 2018-07-02 8 49 55


悲しすぎる

誰もいなくなった飼育ケースがさみしいので 

必殺

カブトムシ♂購入 500円也 チャリーン

ケースがさみしいと思ったのは娘と夫も同じだったようで 私がカブトムシを買っていった当日、近所の公園でカナブンを捕まえてきていました(笑、二人の方が健全でした)

いま飼育ケースの中は、カブトムシカナブン2匹、昆虫ゼリーをめぐって攻防を繰り広げています。


写真 2018-07-01 18 29 05


カナブンってコガネムシと似てるんですけど、食べ物とか違うんですってよく見ると動きがコミカルで愛着がわいてきます。

カナブンとカブトムシの共存生活についてはまた次回

続きを読む »

スタッフのつぶやき50 「ねこねえさん」」

どうも!院長です。

最近私が気になっていることがあります。
それは何かといいますと


ゲゲゲの鬼太郎

です!

最近毎週日曜日の朝にやっており、私が日曜にお休みだった日にテレビをつけるとたまたまやっていたため、自然と見るようになっていました。


私が小学校くらいの時はテレビでアニメがたくさんやっており、私もアニメをよく見ていました。
ドラゴンボール、ルパン三世、シティーハンターなどなど大好きなアニメはたくさんありましたが、
その中でもゲゲゲの鬼太郎は大好きで、私は食い入るように見ていました。

そんな昔の記憶のままに現在やっているゲゲゲの鬼太郎を見たのですが、その昔の記憶とのギャップに私にはかなり衝撃を受けました。

私が驚いた点をいくつか紹介をしますと、


まず、
「ゲ、ゲ、ゲゲゲノゲー」
で始まる作詞作曲が水木しげるさんのオープニングテーマを
「氷川きよし」さんが歌っているのが今っぽい感じでしたし、

本編のアニメでは、
・目玉のおやじがスマホをいじっている。
・かっぱがITの会社で働き方改革を訴えている。

など鬼太郎に現在の日本をうまく取り込んでいるところが見ていて新鮮でした。
そして何より私が一番驚いたのは

猫娘がかわいい!!

ということです。
幼心に見ていた私の記憶では猫娘は黒目が細い縦線で描かれて、すぐ怒り、ねずみ男をひっかき倒す、私にとってはとても怖い存在だったのですが、

今回の鬼太郎では

猫娘はとてもかわいく描かれており、鬼太郎よりもだいぶ背が高く、モデルさんのような体系をしています。
そして今までの設定どおり、猫娘は鬼太郎が好きそうなのですが、そこは現代のアニメに寄せてるのか、
鬼太郎が好きなのにそれを素直に伝えることができず、思いとは反対の言葉を発してしまったりする、今の言葉で言いますと「ツンデレ」のような行動をしており、私の中の猫娘像が大きく変わりました。

ちなみに今回の「ゲゲゲの鬼太郎」で鬼太郎と友達になる人間のまなちゃんという女の子がいるのですが、その女の子からは猫娘は「ねこねえさん」と呼ばれ慕われています。

「ねこねえさん」

今までの私の鬼太郎の世界観にはなかったワードだったため、私の頭の中のインパクトランキングに「ねこねえさん」が見事ランクインを果たしました。



もし日曜朝に鬼太郎を見る機会がありましたら、ぜひとも「ねこねえさん」に注目してみてください。

以上、院長でした。

続きを読む »

スタッフのつぶやき49 『ベイタウン内でネズミを見ました!!』

こんにちは
看護師の千葉です。

つい先日の朝のことです。
ホテルの子を散歩していたところ、病院前の公園でなんとネズミ
噂には聞いていたのですが、実際にまだ見たことがなかったので、とてもびっくりしました。
しかも、体長が20㎝くらいもあって、結構大きかったんです。

連れていたワンちゃんと急いで病院まで帰ったあと、携帯を持って再び様子を見に行きました。
1mくらいまで近づいても全く逃げず、何かをムシャムシャと食べていました
ようやく私の存在に気付いたらしく、逃げ出したのですが、少し走っては倒れてを繰り返していました。
弱っていたのかな?

大分暑くなってきて、ネズミも活発になってきたようです。
ネズミから感染する『レプトスピラ症』という怖い病気がありますので、ワンちゃんのお散歩に行かれる際は、くれぐれも気をつけてくださいね。

ねずみ




スタッフのつぶやき46「トイ・プードルの語源」

どうも!院長です。
先日私は
犬と猫の皮膚科主催の皮膚病セミナーに参加してきました。

セミナーのタイトルは

~みんなで学んで、みんなで治す~
トイ・プードルの皮膚病

講師はアジア獣医皮膚科専門医の村山信雄先生でした。

トイプードルの皮膚病



当院に来院するワンちゃんはほとんどが小型犬で、トイ・プードルも毎日診察している犬種だけあって今回のセミナーはとてもためになりました。
まず冒頭で村山先生が言っていた内容がとても興味深かったので今回は皆さんにお伝えしたいと思います。
それは

プードルの語源についてです。

プードルはフランス語で「プレル」と言って

「水をバシャバシャする」という

「パドル」の意味なんだそうです。

その意味の通りトイ・プードルは水に入ってもいい犬種のため、
・毛がカールしている → 皮膚に水が付きにくい。
・耳の中に毛が生えている。 → 水が入らないようになっている。
・アブラギッシュで水をはじく。→ あぶら症の子が多い。
という特徴があるそうです。

フランスでは日本より気温や湿度が低いため、フランスではあぶら症はあまり問題にはならないのですが、日本ではそのあぶら症が問題になることが多いそうです。

冒頭でその村山先生の話を聞きながら、当院でのトイ・プードルの子たちを思い出すとあぶら症で悩んでいる子が何件も思い浮かんだのでこのプードルの語源に思わず納得でした。

セミナーでは、そのあぶら症に対する治療方法の他にも耳や脱毛に関することをとても分かりやすく解説していただいたので、日々の診療に生かしていきたいと思います。
以上院長でした。





スタッフつぶやき45 「初投稿のご挨拶」

はじめまして

今年の1月より看護師として勤務しております千葉です
早いもので4ヵ月が過ぎ、だいぶ仕事にも慣れ飼い主様のお顔も覚えられるようになってきました。

初めての投稿なので、ここで私の自己紹介を少しさせて頂きたいと思います

新人が入ったと聞くと、若い子なのかと思われるかもしれませんが、残念ながらそのご期待にはお応え出来ません

実は他院で12年間勤務した経験がありまして、看護師としてはかなりのベテランなんです。
一応、これでも看護師長を務めていました。

以前勤めていた病院は比較的大きな病院だった為、来院数もかなり多く、毎日何件も手術があったりとかなり慌ただしい日々を送っていました。
それに比べるとベイタウンペットクリニックは、一人一人の患者様との距離が近く、とても大切にしている病院だと実感しております。


私のプライベートの話になりますが、自宅では猫5頭と犬1頭飼っています。
犬好きのスタッフが多い中、根っからの猫好きです
今後、愛猫についてもご紹介出来ればと思っています。

特に大きな猫ちゃんが大好きで、あの大きな手でモミモミしたり甘えてくる姿はたまりません
共感して頂ける方がいたら嬉しいです。

まだまだ至らない点があるかと思いますが、これからもどうぞよろしくお願い致します。


愛猫


プロフィール

ベイタウンペットクリニック

Author:ベイタウンペットクリニック
ベイタウンペットクリニックです。
当院では皆様の大切な家族をサポート、飼い主様との十分なコミュニケーションをとり楽しいペットライフを提供するとともに地域密着ホームドクターを目指しています。

☆初めての方はこちらへ
☆お知らせ
☆記事まとめ
いろいろな病気の解説をしています↓
院長つぶやきまとめ
☆地域猫募金について
最新記事
カテゴリ
おすすめサイト
ツイッターやってます!

ランキング


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

blogramで人気ブログを分析
アクセスカウンター